画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXで使えるテクニカル分析とは?使えるインジケーターなどを紹介

海外FX知識

海外FXをするにあたり、自分なりにチャートを分析して根拠を探して取引を行う必要があります。チャート分析には「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の2つがあります。

ここでは政治や経済に詳しくない人でもチャート画面を見て相場予測ができる「テクニカル分析」について詳しく解説していきます。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とはチャート画面を見て過去の値動きを確認し、今後の相場の動きを予想する分析方法です。

テクニカル分析の起源は実は日本で、江戸時代の米商人・本間宗久がローソク足を考案したことから始まりました。

アメリカでは19世紀前後に「ダウ理論」が提唱され、現在のテクニカル分析の基礎となりました。

ダウ理論は多くの人が活用している理論で、トレンドの継続や転換をみるために非常に重要な内容となっています。

ダウ理論については以下の記事をご覧ください。

テクニカル分析のメリットは?

テクニカル分析のメリットは、相場の動きをチャート上で見て確認できることです。そのためチャート画面だけを見て分析が可能です。

テクニカル分析では経済指標や要人発言などは考えないため、経済や政治に詳しくない人でも行えます。

またテクニカル分析は、自分の経験や知識でどんどん未来の相場予測の精度を高めることができます。

テクニカル分析のデメリットは?

テクニカル分析のデメリットは、テクニカル分析は絶対ではないことです。また経済指標や要人発言などレートが大きく動く相場には対応できないことがあります。

さらに後ほど紹介するトレンド系やオシレーター系の売買シグナルは、実際の値動きとは少し動きが遅れます。

テクニカル分析:方向性を追うトレンド系

テクニカル分析には方向性を追う「トレンド系」と、買われ過ぎや売られ過ぎを見る「オシレーター系」があります。

ここではテクニカル分析に使えるトレンド系について紹介します。

トレンドライン

トレンドラインとは、2点以上の高値同士もしくは安値同士を結んだ斜めのラインです。

上昇トレンドラインはサポートラインに、下降トレンドラインはレジスタンスラインとして機能します。

上昇トレンドラインに価格が近づいたら買いが検討できます。

上昇トレンドラインを下にブレイクしたら売りを検討しましょう。一方下降トレンドラインに近づいたら売りを検討できます。

下降トレンドラインを上にブレイクしたら買いが検討できます。

サポートライン(支持線)・レジスタンスライン(抵抗線)

価格が上昇していてもなかなか上抜け部分や、価格が下落していてもなかなか下抜けできない部分があります。

価格が上抜け出来ない部分をレジスタンスライン(抵抗線)」・下抜け出来ない部分を「サポートライン(支持線)」といいます。

レジスタンスラインを上にブレイクすると上昇の勢いが強くなる傾向があり、サポートラインを下にブレイクすると下落の勢いが強くなる傾向があります。

チャートパターン

チャートは「チャートパターン」という動きを付けて、上昇または下落していきます。

チャートパターンには様々な種類がありますが、有名なものに「ダブルトップ」「ダブルボトム」「三尊」「逆三尊」などがあります。

例えばダブルトップとは高値を2回つけた後にネックラインを下にブレイクすることで、下落の勢いが強くなる傾向があります。

初心者の人は最初のうちはチャートを見ても、チャートパターンをはっきり見つけれないでしょう。しかし経験を積むことでチャートパターンを見つけれるようになります。

移動平均線

移動平均線とは過去の一定期間の終値の平均値を線で表示したインジケーターです。移動平均線はとてもシンプルですが、環境認識やエントリーの根拠として使えます。

海外FX初心者の人も、とりあえず移動平均線をチャートに1本表示して、移動平均線とローソク足の位置関係を見てみましょう。

移動平均線にはいくつか種類があるので迷ってしまうかもしれませんが、慣れないうちは最もシンプルな単純移動平均線(SMA)を使うことをおすすめします。

移動平均線について詳しくは以下の記事をご覧ください。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、アメリカ人の投資家ジョン・ボリンジャー氏が開発したインジケーターです。

ボリンジャーバンドを使うと価格がどれくらい変動するのか予測できます。実際にボリンジャーバンドを表示させたチャートがこちらです。

ローソク足の周りに5本線(バンド)がありますが、上から「+2σ」「+1σ」「ミドルライン」「-1σ」「-2σ」です。
ボリンジャーバンドの理論では
  • ローソク足が+1σと-1σの間に収まる確率は約68.2%
  • ローソク足が+2σと-2σの間に収まる確率は約95.4%

とされています。日本ではバンドを抵抗として逆張りする方法がよく使われています。

具体的にはボリンジャーバンドの理論「ローソク足が+2σと-2σの間に収まる確率は約95.4%」利用し、ローソク足が+2σもしくは-2σに近づいたら逆張りを行います。

買われ過ぎ・売られ過ぎを見る「オシレーター系」

オシレーター系とは、現在の価格が売られすぎか買われすぎかを判断する分析方法です。

オシレーター系の分析はトレンドが発生しているときよりも、ややレンジ相場の時の方が機能しやすいです。ここではよく使われるオシレーター系を紹介します。

RSI

RISでは70を上回ると買われすぎなので売りを検討・30を下回ると売られすぎなので買いを検討します。

RSIの設定日数は9~15日であることが多く、日数が少ないほど70%を上回る・30%を下回ることが増えます。

日数を少なくすると短期の動きによく追従しますが、ダマシも多くなるので注意が必要です。

MACD

MACDでは「MACD」と「シグナル」の2つが表示され、2つのデッドクロス・ゴールデンクロスを見てエントリーします。

MACDがシグナルを下から上に抜けるとゴールデンクロスとなり買いを検討します。

反対にMACDがシグナルを上から下に抜けるとデッドクロスとなり売りを検討します。

テクニカル分析を学んで利益を出そう!

テクニカル分析は絶対ではないものの、FXで利益を出すために大切な分析方法となっています。

テクニカル分析を徹底しようと複数のインジケーターを表示させてしまうと、初心者の人は逆に混乱してしまうでしょう。

そのため初心者の人はとりあえず移動平均線からなど、1つのインジケーターをの使い方をマスターしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました