【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

海外FXで使えるウォルフ波動とは?見つけ方や実際の取引手法を解説”

 

海外FXで使えるテクニカル分析の中に「ウォルフ波動」というものがあります。

ウォルフ波動は海外FX初心者というよりは、中級~上級者向けの手法となっています。

見つけるのが難しいと思えるウォルフ波動ですが、見つけ方をしっかり理解すれば初心者の人でも使うことができます。

本記事ではウォルフ波動について、特徴や見つけ方、実際の取引方法について詳しく解説していきます。

海外FXで使えるウォルフ波動とは?

ウォルフ波動は別名「ウォルフウェーブ(wolfe waves)」とも呼ばれる、海外FX取引の売買判断となるテクニカル分析のひとつです。

ウォルフ波動は、投資家「ビル・ウォルフ(Bill Wolfe)」と「ブライアン・ウォルフ(Brian Wolfe)」によって考案されました。

ウォルフ波動は逆張りの手法である

ウォルフ波動は、現在発生しているトレンドと逆方向に相場が進むと予測してチャンスを狙う「逆張り」の手法です。

ウォルフ波動は、物理学者ニュートンの理論「運動の法則」の中の「第3の法則(作用・反作用の法則)」がヒントとなって生まれました。

  • 作用と反作用は逆向きに動く
  • 作用と反作用の力の大きさは等しい
  • 作用と反作用は同じ線状にある

この法則はFXにも応用できる!と考えたウォルフ親子は、以下のように考えました。

  • 相場は上がれば下がり、下がれば上がる
  • 価格の変動幅は同じ程度である
  • ラインが機能する

とはいえ相場はランダムな動きを続けており、誰も未来の動きを完璧に知ることはできません。

そこでまずこれから紹介するウォルフ波動を使って、ある程度未来を予測できる相場かどうかをチェックします。

ある程度予測できる相場があれば、価格が上がっていれば売り、下がっていれば買いの逆張りエントリーを行うのです。

ウォルフ波動の見つけ方・引き方を知ろう

ウォルフ波動の見つけ方は以下の手順で行います。

  1. まずウォルフ波動が引ける好条件を知る
  2. 反転パターンの「ウェッジ」を見つけよう
  3. 5つの点を見つけて1つ目と4つ目にラインを引く

ここではウォルフ波動の見つけ方・引き方について詳しく解説します。

1.ウォルフ波動が引ける好条件を知ろう

ウォルフは波動は、どこでもそこでも引けるわけではありません。

ウォルフ波動が引ける好条件は以下の通りです。

  • トレンド相場である
  • 高値圏もしくは安値圏である(天井圏・底値圏ならなお良い)

2.反転パターンの「ウェッジ」を見つけよう

ウェッジとは「三角持ち合い」の一種で、テクニカル分析の一種です。

ウェッジには以下のような種類があります。

ウォルフ波動を見つける際に使うのは、上記4種類のうち、以下の2種類です。

3.5つの点を見つけて1つ目と4つ目にラインを引く

トレンド反転パターンのウェッジを見つけたら、5つの点を見つけて1つ目と4つ目をラインで引きます。

まずトレンド反転パターンの上昇ウェッジからみていきます。

ウォルフ波動のエントリーのタイミングは5つ目の部分です。

また1つ目から4つ目の点に向かって引いたライン上にいずれ価格が到達すると予測できます。

 

 

1つ目から4つ目の点に向かって引いたライン上に価格が到達したら利益確定を行いましょう。

次にトレンド反転パターンの下降ウェッジを見ていきます。

こちらも同じく、エントリーのタイミングは5つ目の部分です。

また1つ目から4つ目の点に向かって引いたライン上にいずれ価格が到達すると予測できます。

1つ目から4つ目の点に向かって引いたライン上に価格が到達したら利益確定を行いましょう。

ウォルフ波動のメリット3選

ウォルフ波動のメリットには以下の3つがあります。

  1. 相場の天井・底を予想できる
  2. どの時間足でも使える
  3. 大きな利益幅を狙える

ウォルフ波動それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

相場の天井や底を予測できる

海外FXでは、上昇トレンドがトレンド転換し下降トレンドに突入する「天井」や、上昇トレンドがトレンド転換し上昇トレンドに突入する「底」を予測できる分析方法です。

海外FXで大きな利益を得るためには、天井と底を見つけることが大切。

上昇トレンド中の高値圏、下降トレンド中の安値圏でウォルフ波動が出現し成立するとトレンド転換のサインです。

初心者の人でトレンド転換部分がいまいち理解できない人は、ウォルフ波動を探してみましょう。

どの時間足でも使える

ウォルフ波動はどの時間足でも使える取引手法です。

そのためスキャルピング・デイトレ・スイングと、全てのトレードスタイルで利用できます。

ただし長期足になるほど信頼度が高まることは理解しておきましょう。

大きな利益幅を狙える

先ほども解説した通り、ウォルフ波動は相場の天井・底を見つけられる手法です。

トレンドが転換する部分をウォルフ波動で見つけられたら、大きな利益幅を狙えます。

ウォルフ波動のデメリット2選

ウォルフ波動のデメリットには以下の2つがあります。

  1. 初心者は見つけるのが難しい
  2. 必ず成功するとは限らない

ウォルフ波動それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

初心者は見つけるのが難しい

初心者の人にとっては、ウォルフ波動をみつけるのが難しいと感じるかもしれません。

誤ったウォルフ波動の見つけ方をしてしまうと、損失に繋がるので、実際のチャートで何度もウォルフ波動を見つける練習をしてくださいね。

またウォルフ波動はトレンド相場で使える手法です。

相場の約8割はレンジ相場と言われていますから、ウォルフ波動の出現率は多くはありません。

レンジ相場については以下の記事で詳しく解説しています。

海外FXにおけるレンジ相場とは?特徴や取引する際の注意点など解説

トレンド相場については以下の記事を参考にしてくださいね。

海外FXにおけるトレンド相場とは?波に乗れば大きく稼げるチャンス! 海外FXにおけるトレンド相場とは?波に乗れば大きく稼げるチャンス!

必ず成功するとは限らない

ウォルフ波動が出現・成立したからと言って、必ずトレンド転換するとは限りません。

そのためウォルフ波動を信頼しすぎるのではなく、エントリーと同時にちゃんと損切注文も入れることが大切です。

ウォルフ波動を取り入れて取引の幅を広げよう!

海外FX初心者の人は、ウォルフ波動を難しいものだと感じてしまうかもしれません。

確かにウォルフ波動を使っているのは、トレード中級~上級者の人が多いです。

しかし見つけ方やルールをしっかりと理解できれば、初心者の人であっても問題なく使えるようになります。

ウォルフ波動を理解して、トレードの幅を広げてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。