【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

海外FXにおける分散投資とは?デメリットもしっかりと理解しよう!

海外FXでは「分散投資」という取引手法が存在します。

分散手法はリスクを分散できる魅力的な手法ではありますが、初心者が行う際にはメリットだけでなくデメリットをしっかりと理解しましょう!

本記事では、海外FXにおける分散投資について、メリット・デメリットなど徹底解説していきます!

海外FXにおける分散投資とは?

海外FXにおける「分散投資」とは、複数の通貨ペアに分けて取引する・複数の口座に資金を分けて取引するなどして、リスクを分散する投資方法です。

分散投資することで、仮に1つの投資先で損失が出ても、もう1つの投資先で利益が出ていれば、大きな損失を減らせます。

分散投資には4つの分散方法がある

分散投資には、以下の4つの分散方法があります。

  1. 通貨ペアを分散する方法
  2. 時間分散する方法
  3. 口座を分散する方法
  4. 投資する地域を分散する方法

それぞれの分散方法について詳しく見ていきます。

1.通貨ペアを分散する方法

1つ目は「通貨ペア」を分散する方法です。

FXでは、例えば「ドル円」や「ユーロドル」など、2ヶ国の通貨をペアにして取引を行います。

1つの通貨ペアだけに絞ってしまうと、大きな価格変動が起きた際に予想外の損失が出る可能性があります。

そのため、複数の通貨ペアに分けて取引することでリスクを分散できます。

2.時間を分散する方法

同じ時間帯にばかりポジションを持ってしまうと、その時間帯に大きな価格変動があった際に損失が大きくなります。

取引する時間帯を分けてあげることで、リスクの分散が可能となります。

3.口座を分散する方法

ひとつの口座に全てのお金を入れて取引してしまうと、強制ロスカットにあった際に全ての資金を失ってしまうことになります。

複数の口座に資金を分けて入金し取引することで、一度に全ての資金を失うリスクを無くせます。

4.投資先の地域を分散する方法

投資先の地域を一つに絞ってしまうと、政治的・経済的な要因の影響を受けやすくなり、暴落や暴騰時の損失が大きくなってしまいます。

そのため投資先の地域を分けてあげることで、リスクを減らせます。

分散投資する4つのメリット

海外FXで分散投資を行うメリットには以下の4つがあります。

  1. 大きな損失を防げる
  2. コツコツ運用して大きな利益を得られる可能性がある
  3. 精神的な負担が減る
  4. FXの勉強になる

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

大きな損失を防げる

海外FXにおいて、1つの口座・通貨ペア・投資先・時間に全ての資金を入れて取引してしまうと、大暴落・暴騰があって強制ロスカットに合った際に、全ての資金を失うことがあります。

分散投資することで、損失・リスクを分けることができ、結果として大きな損失を防げるメリットがあります。

コツコツ運用して大きな利益を得られる可能性がある

分散投資はスキャルピングやデイトレードなどの短期トレードよりか、スイングトレードのようにコツコツを長期運用する際に使う取引手法です。

そのため少額で投資をしても、長期間運用することで大きな利益を得られる可能性があります。

精神的な負担が減る

1つの口座・通貨ペア・投資先・時間に絞って取引してしまうと、チャートの動きにいちいち左右され、精神的な負担が大きくなってしまいます。

これが分散投資することで、大きな損失がなくなることもあり、精神的な負担を減らして取引できるようになります。

FXの勉強になる

分散投資で通貨ペアや投資する地域を分けて取引することで、FXに関する勉強にもなります。

なぜなら通貨ペアや投資先を分けることで、1つの国だけでなく複数の国に関する経済・政治的な知識や、国同士の関係を知ら化ければならないからです。

例として、ニュージーランドやオーストラリアに投資する場合、中国の景気についても監視しなければなりません。

なぜならニュージーランドやオーストラリアは中国の貿易相手国であるからです。

分散投資する4つのデメリット

海外FXで分散投資を行うデメリットには以下の4つがあります。

  1. 管理が大変になる
  2. 短期トレード向けではない
  3. 急激な価格変動に対応できない

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

管理が大変になる

分散投資をして口座を複数持つと、その分口座を管理するのが大変になります。

普段から分散投資になれている人であれば問題ありませんが、海外FX初心者の人はどの口座でどんな取引をしているか分からなくなる恐れも。

口座管理がしっかりできないでいると、リスクが高まり損失が出る可能性があるので注意が必要です。

もし海外FX初心者が分散投資したいのであれば、自分がしっかりと管理できる範囲内で行いましょう。

短期トレード向けではない

先ほども軽く触れましたが、分散投資は短期トレード向けではなく、中期・長期でコツコツ運用するトレード向けの投資方法です。

そのため短期トレードで利益を出したい!と考える人には不向きです。

急激な価格変動に対応できない

分散投資はリスク・損失を分散できる素晴らしいメリットがあります。

しかし、例えば「ドル円」「ユーロドル」「ゴールド」に分散投資していて、ドル円が急激に動き大きな利益が出たとします。

もしドル円1本に投資していたら、もっと利益が大きくなっていましたよね。

このように分散投資することで、急激な価格変動で大きな利益が狙える場面があった際に、チャンスを逃してしまう可能性があります。

海外FXで分散投資を成功させる3つのコツ

海外FXで分散投資を成功させるためには、以下の3つのコツを意識しましょう。

  1. 根拠・戦略を持ってトレードすること
  2. 最大で投資する数を予め決める
  3. 投資する通貨をバランスよく選ぶ

それぞれのコツについて詳しく解説していきます。

根拠・戦略を持ってトレードすること

根拠・戦略もなく分散投資をしても意味がありません。

適当に分散投資してもリスクの分散にはなりませんし、むしろ損失ばかりが増える可能性もあるので注意が必要です。

分散投資する際にはしっかりと相場分析をして戦略を練り、根拠を持ってトレードすることが大切です。

最大で投資する数を予め決める

海外FX初心者の人が分散投資する際に気を付けたいのが、手当たり次第にポジションを保有してしまうことです。

デメリットの部分でも解説しましたが、初心者の人が分散投資すると管理が大変になるケースがあります。

そのため、例えば『自分は3つなら分散投資しても管理できる』など、予め最大の投資数を決めておくようにしましょう。

分散投資したポジションが全て含み損を抱えてしまうと、人の心理として『もっとポジションを増やしたい!』と思ってさらにポジションを追加してしまいがちです。

しかし、そんな気持ちで取引しても損失は増えていく一方でしょう。

投資する最大値を決めたら、強い気持ちでルールを守ってくださいね。

投資する通貨をバランスよく選ぶ

分散投資する際には、投資する通貨をバランスよく選ぶことが大切です。

例えば「トルコリラ」「メキシコペソ」などもマイナー通貨は値動きが激しいので大きな利益を狙えますが、値動きが不安定です。

そのため分散投資する際にはマイナー通貨ばかりに投資するのではなく「ドル」「円」「ユーロ」などのメジャー通貨もバランスを見ながら取り入れることが大切です。

分散投資が向いている人・向いていない人

分散投資が向いているのは以下のような人です。

  • 複数の国の世界情勢に興味がある人
  • 長期トレードを考えている人
  • 複数のポジションをしっかり管理できる人
  • リスクを分散したい人
  • さまざまな通貨や地域に投資したい人
  • 資金管理ができている人

一方で分散投資は、以下のような人にはおすすめできません。

  • 短期トレードがしたい人
  • 世界情勢にあまり興味がない人
  • 1つのポジション管理だけで精一杯な人
  • 根拠や戦略を持って取引できない人
  • 資金管理ができていない人

分散投資はデメリットもしっかり理解しよう!

分散投資は、リスクや損失を分散できるので、とても魅力的な投資方法に思えます。

しかし分散投資することで管理する口座やポジションが増えますし、投資先に関する知識量も必要になってきます。

海外FX初心者が分散投資する際には、分散投資のメリットばかりをみるのではなく、デメリットもしっかりと理解してから挑戦するようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。