【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

【海外FX初心者向け】円安・円高を図解付きで分かりやすく解説!

円安・円高ってよく聞くけれど、いまいち理解できないでいる人はいませんか?

本記事では円安・円高が分かりやすいように、画像を交えて詳しく解説していきます。

円安・円高は海外FX取引にも関わってくることなので、しっかりと理解を深めていきましょう!

海外FXするなら知っておきたい円安・円高とは?

海外FXをするのであれば円安・円高についてしっかりと理解しておく必要があります。

文字で説明しても理解しづらいので、図で解説します。

以下の画像は円安・円高について分かりやすく図にしたものです。

まず「円安」とは、円の価値が下がりドルの価値が上がることをいいます。

例えば1ドルを100円で買えていたのが、1ドル買うのに100円以上必要となるので、円の価値は下がったことになります。

FXでは「ドル円」のチャートが上昇すると、ドルが買われて円が売られ「円安」になったことを表します。

円安のまとめ
  • 円の価値が下がる
  • ドルの価値が上がる
  • FXでは円が売られてドルが買われた状態

次に「円高」とは、円の価値が上がりドルの価値が下がることをいいます。

例えば1ドル100円から1ドル90円の円高になると、これまで1ドル買うのに100円必要だったのが、90円出せば買えるようになり、円の価値が上がったことになります。

FXでは「ドル円」のチャートが下落すると、ドルが売られて円が買われ「円高」になったことを表します。

円高のまとめ
  • 円の価値が上がる
  • ドルの価値が下がる
  • FXでは円が買われてドルが売られた状態

円安と円高の意味を逆にとらえている人は多いです。

円の価値が高いのか低いのかを、じっくり考えてしっかりと理解してくださいね。

為替相場が動く理由と円高・円安になる仕組みを解説

為替レートは、トレーダーたちの思惑で変動します。

トレーダーはこれから円安になるのか円高になるのかを、自分なりに分析して予測しています。

トレーダーたちが今後の為替レートについて何を判断材料としているのかというと「経済指標」や「要人発言」などのファンダメンタルズです。

例えば、アメリカの最も重要な経済指標に「雇用統計」があります。

雇用統計の結果が予想よりも良かった場合は「アメリカは好景気だ」と判断するトレーダーが増え、米ドルが買われて日本円が売られ円安が進みます。

また日本では「ゼロ金利政策」を続けています。

MEMO
銀行間の資金の貸借り(超短期)の金利を実質ゼロに近づける政策のこと

日本がゼロ金利政策を続ける中で、アメリカの中央銀行にあたる「FRB(連邦準備制度理事会)」がアメリカの金利を引き上げた場合、日本とアメリカの金利差が大きくなりますよね。

そうなると日本よりも高い金利を求め、円安が進むと考えるトレーダーが増えます。

ファンダメンタルズ分析について興味がある人は、以下の記事をご覧ください!

ファンダメンタルズ分析とは?重要な経済指標や要人発言などを紹介

海外FXにおける円高・円安の影響について

では、海外FXにおいて円高・円安がどのように影響するか見ていきましょう。

例えばドル円の取引で、1ドル100円のときに買いポジションを持ったとします。

その後、1ドル120円と円安・ドル高になった際にポジションを決済すると、差益の20円が利益となります。

もし1ドル100円で買いポジションを持って、その後1ドル90円と円高・ドル安になると、10円の損失がでることになります。

つまり、買いポジションを持ったときよりも「円安」になったら利益を得られ「円高」になると損失が発生するということです。

反対に売りポジションを持つのであれば「円高」になると利益を得られ「円安」になると損失が発生します。

海外FXは円高でも円安でも稼げるチャンスがある

例えば海外FXが買いエントリーしかできない仕組みだと、円高が続くと利益が出せませんよね。

しかし実際には、海外FXは売りと買いの両方でエントリーができます。

そのため、円安になろうが円高になろうが、どちらでも利益を出すチャンスがあります。

円安・円高を理解してトレードに活かしてみよう!

海外FX初心者の人は、なかなか円安・円高を理解できないかもしれません。

円安・円高が難しい、分からないという人は、少し難しく考えすぎている可能性があります。

最初に紹介した円安・円高の説明図を見返しながら、円安・円高の意味を理解していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。