画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

ファンダメンタルズ分析とは?重要な経済指標や要人発言などを紹介

海外FX知識

ファンダメンタルズ分析とは経済データをもとに相場を分析・予測する方法のことです。経済指標や要人発言などのファンダメンタルズは、相場を大きく動かすことがあります。

そのためトレーダーの中にはファンダメンタルズを意識して取引している人も多いのです。

今回は海外FX初心者にも分かりやすく、ファンダメンタルズ分析とは何か解説していきます。やり方や注意点についても紹介していくので参考にしてくださいね。

海外FXで使えるファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズは「経済の基礎的条件」という意味があります。

FX取引におけるファンダメンタルズ分析とは、国の経済成長率や財政支出などの経済データをもとに未来の相場を予測する分析方法です。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いは?

海外FXで使える分析方法には、ファンダメンタルズ分析のほかにテクニカル分析があります。

テクニカル分析とはチャート画面を見て過去の値動きを確認し、今後の相場の動きを予想する分析方法です。

テクニカル分析やチャート画面だけを見て値動きを予測するため、政治や経済に詳しくない人でも行うことができるのが特徴です。

トレーダーの中には「テクニカル派」と「ファンダメンタルズ派」がいますが、どちらの分析方法が正しい!ということはありません。

海外FXで意識するべき4つのファンダメンタルズ

ここではファンダメンタルズ分析を行う上で重要視されている「経済指標」「政策金利」「要人発言」「地政学的リスク」の4つについて詳しく解説していきます。

初心者の人でファンダメンタルズ分析をしたいと考えている人は、とりあえず紹介する4つの項目をしっかりと頭にいれましょう。

1.経済指標

経済指標とは各国の政府や中央銀行が発表する経済データのことで、非常に重要度の高いファンダメンタルズです。

経済指標が発表される時間の前後は値動きが大きくなることがあるので、初心者の人は経済指標がある時間帯の取引を避けることをおすすめします。

次に経済指標の中でも、以下の経済指標は重要度が高いので押さえておきましょう!

  • 米国雇用統計
  • GDP(国内総生産)
  • 小売売上高
  • 鉱工業生産
  • ZEW景況感指数
  • IFO景況感指数
  • 米国消費者信頼感指数
  • ミシガン大消費者信頼感指数
  • MBA住宅ローン申請指数
  • ミシガン大学消費者態度指数

経済指標については、ネットで「経済指標カレンダー」など検索するといいですよ。

2.政策金利

政策金利とは、日本の日本銀行やアメリカの連邦準備制度理事会(FRB)など、世界各国の中央銀行が金融政策のために設定する金利のことです。

政策金利は経済指標と同じくらい重要です。金融政策次第でスワップポイントが変動するため、スワップポイントを考えて取引しているトレーダーにとっては注目するべき政策だといえます。

3.要人発言

要人発言とは、各国の財政や金融政策に影響を与える人による発言の事です。要人発言もファンダメンタルズ分析を行う上で重要です。

以下に相場に影響を与える要人をまとめてみたので参考にしてくださいね。

  • アメリカのFRB(米連邦準備理事会)議長
  • アメリカの財務長官
  • アメリカの各地区連銀総裁
  • ECB理事会(ユーロ圏の金融政策決定機関)の総裁や理事
  • イギリスのBOE(ングランド銀行)総裁
  • イギリスのMPC(金融政策委員会)委員
  • 日本銀行総裁および副総裁
  • 日本の財務大臣
  • オーストラリアのRBA(オーストラリア準備銀行)総裁
  • ニュージーランドのRBNZ(ニュージーランド準備銀行)総裁

「G7」や「G20財務大臣・中央銀行総裁会議」などの国際会議の会議内容や決定事項によっても相場が動くことがあります。

また相場に影響を与えるのは政府や金融機関関係の要人の発言だけではありません。トレーダーに影響を与えるほど有名な投資家の発言もファンダメンタルズ分析の材料となります。

相場に影響を与える有名投資家には、投資会社バークシャー・ハサウェイの会長兼CEO「ウォーレン・バフェット氏」や、1997年の世界的な金融危機の仕掛人と言われている「ジョージ・ソロス氏」がいます。

4.地政学的リスク

地政学的リスクとは、紛争や国同士のトラブルのことです。地政学的リスクを抱えている国や地域の通貨を取引する際には、紛争の悪化などでレートが大きく動く可能性があります。

そのため取引する通貨ペアに地政学的リスクがないか事前に確認することが大切です。

ファンダメンタルズ分析のやり方や注意点について

ファンダメンタルズ分析のやり方としては、まず重要度の高い経済指標を確認します。しかし海外FX初心者の人はどのような経済指標があり、それがどれほど相場に影響を与えるか分からないと思います。

そんなときは「経済指標カレンダー」とインターネットで検索してみましょう。各FX会社や経済サイトが、指標の名前・重要度・前回の結果・今回の結果などを掲載しています。

たとえば有名企業のYahoo!Japanが提供している「Yahoo!Japanファイナンス」などが参考になりますよ。

テレビや新聞でもファンダメンタルズ分析の材料となる情報を入手できますが、おすすめはTwitterなどSNSを活用した情報収集です。

Twitterでは各FX会社や経済アプリの公式アカウント、プロのトレーダーたちが日々の経済指標に関する情報を発信しています。

SNSを活用した情報収集はとても便利ですが、中には誤った情報を発信している人もいるため、できるだけ信頼できるアカウントからの情報を参考にしてくださいね。

経済指標が発表されても相場に影響しないこともある

経済指標によっては相場にほとんど影響しないものもあります。

すべての経済指標を意識していてはなかなかトレードできなくなってしまうので、相場に影響を与える重要な指標を知ることが大切です。

ファンダメンタルズ分析は短期トレードには不向き

ファンダメンタルズ分析は中期・長期の相場を作るための材料となるので、短期的な取引を行う際の分析方法としては不向きです。

短期トレードは中期・長期的なトレードより損切幅を狭く設定します。そのためファンダメンタルズにより相場大きく動くと損切可能性が高いのです。

短期トレードでファンダメンタルズ分析を行う際には、テクニカル分析も組み合わせて行うようにしましょう。

初心者は経済指標発表後30分程度時間をおいて取引しよう

海外FX初心者の人はファンダメンタルズ分析したい!と思っても、慣れるまでは経済指標発表前後30分前後は取引しないことをおすすめします。

なぜなら経済指標発表前後は思っているより価格が激しく上下することがあり、取引しても損切される可能性が高いからです。

またファンダメンタルズ分析だけ、テクニカル分析だけでももちろんいいですが、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を組み合わせて行うことでより精度が高まります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました