画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXにおける窓とは?窓開け・窓埋めを狙ったトレードについて解説

海外FX知識

海外FXのチャートを見ていると、ローソク足とローソク足に空間ができることがあるのに気づくでしょう。

これは「窓」といい、ファンダメンタルズや土日の相場の変動などが原因で、価格が大きく動く現象です。

今回は海外FXにおける「窓」とは何か、窓開けや窓埋めについて詳しく解説していきます。

海外FXの「窓」とは?窓開けについて解説

海外FXの「窓」とは以下の画像のように、ローソク足とローソク足の間に空いた隙間のことです。

窓には「窓開け」と「窓埋め」があります。さらに「窓開け」には「上窓」と「下窓」の2種類があります。

まず窓開けの上窓と下窓について詳しく解説していきます。

上窓

まず「上窓」について解説します。

上窓とは、上の画像のように相場が上昇しローソク足とローソク足の隙間が上方向に開いている状態のことをいいます。

下窓

次に「下窓」について解説します。は上窓の逆の状態を表すものです。

下窓とは上画像のように、相場が下落しローソク足とローソク足の隙間が下方向に開いている状態のことをいいます。

なぜ窓開けが起こるのか?

窓開けは常に発生するわけではありません。窓開けが発生する理由としては、バーレーン市場の大きな動きやファンダメンタルズなどが原因とされています。

窓開けが発生する2つの原因について詳しく見ていきましょう!

バーレーン市場で大きな動きがあった

土日は主要な取引所は閉まっていますが、中東のバーレン市場は開いています。

そのため土日に開いているバーレン市場で相場が大きく動くと、週明けのレートは窓開けすることがあります。

ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズとは「経済の基礎的条件」という意味があります。

海外FXにおけるファンダメンタルズとは、各国が発表する経済指標や要人発言などのことをいいます。

重要は経済指標や要人発言が発表されると価格が大きく動き、窓開けすることがあります。

海外FXにおける「窓埋め」について

次に「窓埋め」について解説していきます。

窓開けした後は窓開けした方向に相場が動きますが、窓開けしたら窓が開いたレートに戻っていくケースが多く見られます。

これを「窓埋め」と呼びます。ただし、必ず窓埋めが起こるとは限らないので注意しましょう。

なぜ窓埋めが起きるのか?

窓埋めする確率は80%ほどあるとされていますが、なぜ高確率で窓埋めするのでしょうか?

ここでは窓埋めが高確率で起きる理由について解説していきます。

窓埋めを狙うトレーダーが多い

トレーダーの中では「窓開けが発生したら窓埋めする」という考えを持つ人が非常に多いです。

そのため窓開けが発生したら窓埋めすることを狙って、逆張りでポジションを持つトレーダーが増えます。

上図のように上窓が開いて相場が上昇しますが、窓埋めを狙うトレーダーは前回高値辺りで売りをしかけます。

売りの注文が増えることで相場が下落し、最終的に窓埋めが発生します。

窓開けしたら決済するトレーダーが多い

例えば上窓が開いてポジションに利益が出ている場合、そのトレーダーの頭の中にも「窓埋め」があるため、ある程度利益が出たらポジションを決済します。

買いのポジションを決済(利確)するには売りポジションを入れることになります。

そのため窓開けで利益を得たトレーダーたちが利確することで、結果的に相場が下落し窓埋めが発生するのです。

窓埋めを狙ったトレードは必ず損切注文を入れよう

窓開け・窓埋めを狙ったトレードは勝率が高く分かりやすいので、挑戦しようと考える初心者の人も多いでしょう。

しかし100%窓埋めするとは限りません。

つまり、上窓が開いたので窓埋めを狙って売り注文を入れた場合でも、窓が埋まらず価格が上昇し続ける可能性はあるということです。

そのため窓開け・窓埋めを狙ったトレードを行う際には、必ず損切注文も同時に入れるようにしてください。

海外FX会社によっては窓を利用したトレードが禁止されている

窓開けすると窓埋めする確率はかなり高いので、窓埋めを狙ったトレードを行うトレーダーは多いです。

しかし全ての海外FX会社で窓埋めトレードができるわけではありません。

海外FX会社によっては窓埋めを禁止しているところもあります。

例えば業界最大手の海外FX会社「XMTrading」では「週開けの価格ギャップを狙った集中的な取引」が禁止されています。

数回程度でしたら問題ないかもしれませんが、窓開け・窓埋めを狙った取引を集中して行うと、なんらかのペナルティを受けることになるので注意が必要です。

次に急成長中の海外FX会社「IS6FX」の窓開け・窓埋めトレードについて見ていきましょう。

IS6FXの規約を読むと、窓開け・窓埋めトレードについては明記されていません。

しかし「当社判断で不適切とみなすトレード」と記載されているため、窓埋めトレードをIS6FXが不適切だと判断すればペナルティを受ける可能性はあります。

高額なボーナスで人気の海外FX会社「Gemforex」では窓開け・窓埋めトレードの禁止を明記していません。

このように海外FX会社によって窓開け・窓埋めトレードに関するルールは異なります。

ルールを知らずに窓開け・窓埋めトレードをしてしまうとペナルティを受ける危険性があるので、利用している海外FX会社に問い合わせすることをおすすめします。

窓開け・窓埋めを狙ったトレードをするならGemforexがおすすめ!

先ほども紹介した通り、日本人からの人気も高い「Gemforex」では、窓を活用したトレードに関する禁止事項が明記されていません。

そのため、窓を活用したトレードを希望する人にはGemforexをおすすめします!

Gemforexは口座開設数45万を突破し、多くの人が利用している海外FX会社となっています。

高額な口座開設ボーナスが魅力的

Gemforex最大の魅力は、高額な口座開設ボーナスです。Gemforexでは常時10,000円の口座開設ボーナスを実施しています。

さらに定期的に口座開設ボーナスの金額が20,000円に増額することもあります。

口座開設ボーナスは入金しなくても受け取ることができ、取引に使えるのが特徴的です。

スキャルピングに最適なノースプレッド口座が人気

Gemforexには「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」「レバレッジ5,000倍口座」の3つの口座タイプがあります。

ノースプレッド口座は最低入金額が30万円と初心者にとっては高めな金額設定ですが、スプレッド幅が非常に狭いのが特徴です。

ドル円の平均スプレッドはなんと0.0pips!さらに取引手数料はかかりません。

Gemforexのノースプレッド口座はスキャルピングトレードをする人から人気が高まっています。

EAやミラートレードサービスが使い放題

Gemforexのオールインワン口座では、条件を満たすことで自動売買ソフト(EA)やミラートレードサーボスが使い放題となります。

EAもミラートレードサービスも、円口座資金残高が5万円以上であれば使い放題を利用できます。

円口座資金残高の金額が多いほど使えるEA・ミラートレードサービスの数が増えるので、今後EAやミラートレードを活用したトレードを検討している人におすすめです。

Gemforexで口座開設する
Gemforexの詳細はコチラ

窓を活用したトレードをしたいなら海外FX会社に要問合せ!

これから窓開け・窓埋めを狙ったトレードを考えている人は、必ず利用している海外FX会社に「窓を活用したトレードをしてよいか」を問い合わせて確認してください。

もし窓を活用したトレードを禁止している海外FX会社であれば、窓を活用したトレードは行わないようにしましょう!

ペナルティを受けると、最悪の場合口座凍結されるケースも考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました