画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXで複数口座を保有している際の確定申告のやり方を徹底解説!

海外FX税金・確定申告

海外FX取引をしている人の中には、複数の海外FX会社の口座を持っている人や、1つの海外FX会社で複数口座を保有している人がいます。

複数口座でそれぞれ利益・損失が出ていると、確定申告のやり方で悩んでしまうかもしれません。

今回は複数口座を保有している場合の確定申告のやり方について詳しく解説していきます。

海外FXにおける税金の基本

まず最初に、海外FXで利益を出した際の税金の基本的な部分を確認していきましょう。

海外FXの利益における税制について
所得の分類雑所得
課税方式総合課税
所得税所得が高いほど税率も上がる(最大税率45%)
住民税10%
損失の繰り越しできない

海外FXの利益は「総合課税」という課税方式が適用されます。

総合課税では雑所得(海外FXでの利益)とその他の給与所得や事業所得などを合算した金額で所得税を算出します。

また総合課税では、年間の利益から経費や所得控除などを差し引いた「年間所得」が高くなるほど税理率も上がっていくのが特徴です。

税率は以下の通りです。

例として

  • 海外FXでの年間利益が100万円
  • 海外FX取引に関する経費20万円
  • 会社から受け取る給与所得300万円

の場合は年間所得が380万円となり、上記の表で見てみると所得税の税率は20%となります。

海外FXの損益は損失繰越できない

損失繰越とは、最大3年間は損失額と利益を相殺できる制度です。

損失繰越は海外FXの損益では適用されません。そのため利益が出た年は、これまでいくら赤字が出ていても税金を支払う必要があります。

複数口座で利益を出すなら損益通算と内部通算の知識も必要

海外FXで複数口座を保有していて、複数口座それぞれで利益を出している場合は「損益通算」や「内部通算」が必要になることがあります。

損益通算とは?海外FXでの利益には適用できない

損益通算とは、黒字の所得から赤字の所得を差し引くことをいいます。損益通算は全ての所得に適用されるわけではなく、以下の4つの所得にのみ適用されます。

  1. 不動産所得
  2. 事業所得
  3. 譲渡所得
  4. 山林所得

海外FXの所得は「雑所得」なので、損益通算できません。

内部通算とは?海外FXでの利益にも適用できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました