【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

【初心者ロードマップ付き】海外FXとは?日本FXとの違いや始める流れを解説

海外FX初心者の人にとっては「そもそも海外FXとは何か?」と基本的なことから疑問でいっぱいでしょう。

本記事では海外FX初心者の人に向けて、海外FXとは何か日本FXとの違いを見ながら徹底解説していきます。また海外FXを始めるまでの流れについても細かくチェックしていきます。

後半には初心者ロードマップも記載しています。初心者が気になる疑問を集めているので、ぜひ最後までご覧ください。

海外FXとは?日本FXとの違いについても徹底解説!

FX取引を行う際には「日本FX業者」もしくは「海外FX業者」のどちらかを選んで口座開設を行います。

日本FX業者と海外FX業者には、仕組みや制度などさまざまな違いがあります。まず両者の違いについて表にしてまとめてみました。

海外FX 日本のFX
レバレッジ 各海外FX業者によって異なる(888倍や1,000倍等) 最大25倍
スプレッド 広い 狭い
取引開始までのスピード 当日から3日程度 1週間から2週間程度
追証 ゼロカットシステムを採用していればなし あり
入出金方法 クレジットカード・海外送金・国内送金・ウォレット・仮想通貨等 銀行送金
ボーナス 新規口座開設ボーナスや入金ボーナスキャッシュバック等 新規口座開設プレゼント等
安全性 業者によって異なる 高い
取引プラットフォーム 基本的にMT4やMT5 MT4やMT5もしくは独自プラットフォーム
税制・税金 総合課税 申告分離課税

では日本FXとの違いを比較しながら、海外FXの特徴について見ていきましょう。

目次

1.海外FXはかけられる最大レバレッジが高い

レバレッジには「てこの力」という意味があり、自己資金以上の取引を行う際に使うシステムのことです。

例えば10万円を入金しレバレッジ1倍で取引すると10万円分の取引しかできませんが、レバレッジ25倍で取引すると10万円で250万円分の取引ができるようになります。

日本FX業者は2010年以前には最大レバレッジ200倍に設定している日本FX会社が多く、中には400倍・500倍と高いレバレッジをかけれる会社も存在しました。

しかしレバレッジをかけることで大きな損失を抱えるトレーダーが増えたことで、2010年8月から最大レバレッジが50倍に規制されました。

さらに2011年8月になると最大レバレッジは25倍に規制され、2022年時点では全ての日本FX業者の最大レバレッジが25倍となっています。

日本FXに対して2011年8月にかけられたレバレッジ規制は個人のトレーダーに対して行われたものであり、法人口座であればレバレッジ規制なく取引できてきました。

そのためFXで稼いでいるトレーダーの中には株式会社を設立し、レバレッジ規制から逃れている人もいました。

しかし2015年に起きた、「スイスフランショック」をきっかけに法人口座にもレバレッジ規制がかけられることになりました。

現在、日本FXにおける法人口座の最大レバレッジは25~100倍と変動制になっています。

一方で海外FX業者の多くが日本の金融ライセンスを取得していないことから日本の法律に縛られないため、日本FX業者の最大レバレッジ25倍までという規制はありません。

海外FXの最大レバレッジは業者ごとに異なりますが、高いところでは1,000倍や2,000倍、さらには無制限など日本FXでは考えられないほど高いレバレッジをかけられます。

このように海外FXではかけられる最大レバレッジが非常に高いため、少額の資金でも大きな取引が可能となっています。

最大レバレッジまとめ
  • 日本FXは最大レバレッジ25倍に規制されている
  • 海外FXは日本のレバレッジ規制に縛られず高いレバレッジをかけられる

2.海外FXはスプレッドが広くコストがかかる

スプレッドとは売値と買値の差でありFX取引を行う際にかかるコストのことです。スプレッドが狭いほど有利にトレードを進めることができます。

日本FX業者はスプレッドが狭く設定されているので取引コストが安いですが、それと比べて海外FX業者はスプレッドが広めです。

そのため海外FX業者は日本FX業者よりも取引コストが高くなってしまいます。

スプレッドまとめ
  • 日本FXはスプレッドが狭く取引コストが安い
  • 海外FXはスプレッドが広めで日本FXより取引コストが高い

とはいえ海外FX業者にもスプレッドが狭い業者は存在します。以下の記事ではスプレッドが狭い海外FX業者を紹介しているので参考にしてください。

【2022年最新】スプレッドが狭くスキャルピングにおすすめな海外FX会社ランキング!

3.海外FXは取引開始までのスピードが速い

日本FX業者では口座開設の申し込みを行うと業者側で審査が行われ、口座開設が完了するまでに数日~2週間程度時間がかかることがあります。

また申し込み者の状況によっては審査に落ちてしまうケースも多いです。

それと比べて海外FX業者の口座開設は非常にスピーディーで、早ければ当日に口座開設が完了し取引を始めることができます。

取引開始までのスピードまとめ
  • 日本FXは口座開設に時間がかかるケースが多い
  • 海外FXは速くて当日に口座開設が完了し取引を始められる

4.海外FXはゼロカット方式を採用し追証が発生しない

FXには強制ロスカットと呼ばれるシステムがあります。

強制ロスカットとは、証拠金維持率の一定の水準(ロスカット水準)を下回ると現在保有しているポジションが強制決済されるというものです。

ロスカット水準については以下の記事で確認してください。

海外FXにおけるロスカット水準とは?証拠金維持率についても理解しよう

日本FXでは価格が大きく動いてポジションが強制ロスカットされた場合に、口座残高がマイナスになることがあります。

口座残高がマイナスになるとマイナス分の金額「追証」が発生し、追証を業者に支払わなければなりません。この追証の金額が大きくなりすぎることで、多額の借金を抱えてしまう危険性があります。

一方で海外FXでは多くの業者が「ゼロカット方式」を採用しています。

ゼロカット方式とは価格が大きく変動し口座残高がマイナスになってしまった場合に、マイナス分の金額を業者側が負担して口座残高をゼロにリセットしてくれるトレーダー救済制度のことです。

ゼロカット方式を採用した海外FX業者を利用すれば、強制ロスカットされたとしても入金額以上の損失がでないようになっていてリスクを軽減させたトレードが可能です。

ゼロカット方式と追証まとめ
  • 日本FXは追証が発生し借金を抱えるケースがある
  • 海外FXはゼロカット方式を採用し入金金以上の損失はでない

ゼロカット方式については以下の記事で詳しくまとめています。

海外FXのゼロカット方式とは?仕組みやデメリットなど徹底解説

5.海外FXは入出金方法が豊富

日本FXでは基本的に銀行送金で入出金を行います。

一方で海外FXでは以下のような入出金方法に対応しています。

  • 銀行送金
  • クレジットカード/デビットカード
  • 電子ウォレット
  • 仮想通貨

海外FX業者によって入出金方法は異なるので、自分が希望する入出金方法に対応しているかどうかを事前に確認しましょう。

入出金方法まとめ
  • 日本FXは基本的に銀行送金で入出金を行う
  • 海外FXは銀行送金以外の入出金方法に対応している

6.海外FXは簡単にボーナスを受け取れる

日本FX業者では一般的に「口座開設」と「一定量の取引」を行うことでキャッシュバックを受け取れる制度を導入しています。

利用する日本FX業者によってキャッシュバック額は数十万円と非常に高額ですが、キャッシュバックを満額受け取るためには以下のような条件を満たさなければなりません。

  • スマホアプリをダウンロードしてログインする
  • 10万円以上入金する
  • アンケートに回答する
  • 1億通貨以上取引する

資金が少ない初心者の人にとっては日本FX業者でキャッシュバックを満額受け取るのはかなりハードルが高いといえるでしょう。結局数千円のキャッシュバックしか受け取れない可能性は十分考えられます。

一方海外FX業者では、口座開設するだけで受け取れる「口座開設ボーナス」や、資金を入金するだけで受け取れる「入金ボーナス」など、初心者に嬉しいボーナス制度が充実しています。

口座開設ボーナスに関しては口座開設するだけで受け取れるので、自己資金は一切入金せず口座開設ボーナスだけで取引を行い利益を出すことも可能です。

このように海外FXであれば、ボーナスを利用し証拠金に余裕を持ったトレードを行うことができます。

ボーナスまとめ
  • 日本FXはキャッシュバックを全額受け取るためのハードルが高い
  • 海外FXは簡単に受け取れるボーナス制度が充実している

7.海外FXは安全性に心配が残る

日本FX業者は日本の金融庁の許可を得なければ運営ができません。そのため日本FX業者には一定の信用が担保されます。

一方で海外FX業者は日本の金融ライセンスを取得しなくても運営することが可能です。実際に多くの海外FX業者が日本の金融ライセンスを取得せずに外国の金融ライセンスを取得し、日本人向けのサービスを提供しています。

なぜ日本の金融ライセンスを取得しないかというと、日本の金融ライセンスを取得すると厳しい制限がかかってしまい、海外FXならではのハイレバレッジな取引やボーナス制度を提供できなくなるからです。

しかし日本の金融ライセンスを取得していない海外FX業者による詐欺被害が増えていることから、日本の金融庁は日本の金融ライセンスを取得していない海外FX業者に警告を出しています。

海外FXを利用するのであれば安全性・信頼性をしっかりと確認した上で利用しましょう。

安全性まとめ
  • 日本FXは一定の信用が担保されている
  • 海外FXには安全性の低い悪質な業者も多い

8.海外FXは基本的にMT4やMT5を使ってトレードを行う

日本FXでは、各FX会社や証券会社が独自のプラットフォームを開発していることが多く、使い方が各プラットフォームで異なります。

そのため、A社ではできた注文方法がB社ではできないといった問題や、スプレッドや取引手数料的にはA社が良いけれど、プラットフォームが使いにくいといった問題が発生することがあります。

海外FXでは基本的に「MT4」もしくは「MT5」というプラットフォームを使うため、どの海外FX業者を使っていても同一環境で取引が行えます。

MT4やMT5はロシアのMetaQuotes Softwareが開発したFXの取引ツールとなり、長年トレーダー達に愛されているプラットフォームです。

取引プラットフォームまとめ
  • 日本FXは独自のプラットフォームを使うケースが多い
  • 海外FXはMT4もしくはMT5を使うケースが多い

9.海外FXは総合課税が適用される

FXならどれも税金・税制は同じだと思われがちですが、実は海外FXでの利益に対する税金・税制と、日本FXでの利益に対する税金・税制は異なります。

以下の表は海外FXと日本FXの税金・税制の違いを分かりやすく表にまとめたものです。

課税方式 所得区分 所得税 住民税 損失の繰り越し
国内FX 申告分離課税 先物取引に係る雑所得等 一律15% 5% できる
海外FX 総合課税 雑所得 所得が高いほど税率も高くなる 10% できない

海外FXで得た利益に対しては「総合課税」が適用され、利益が大きくなるほど税額も高くなっていくのが特徴です。

税金・税制に関するまとめ
  • 日本FXは申告分離課税が適用され所得税は一律15%・住民税は5%
  • 海外FXは総合課税が適用され所得税は所得が上がるほど高くなり住民税は10%

海外FXと税金・税制に関しては以下の記事で詳しくまとめているのでご覧ください。

海外FXにおける税金・税制について徹底解説!よくある質問にも回答

海外FX6つのメリットについて

海外FXには「豊富なボーナス制度」や「口座開設スピードが速い」など、初心者にも嬉しいさまざまなメリットがあります。

ここでは海外FXのメリットについてそれぞれ詳しく見ていきましょう!

1.ボーナス制度が魅力的

海外FXには以下のようなボーナス制度があります。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • 取引ボーナス
  • 友達紹介ボーナス

実施しているボーナスは海外FX業者によって異なりますが、多くの業者が口座開設するだけで受け取れる口座開設ボーナスを提供しています。

2.素早い口座開設が可能

海外FXの口座開設は名前やメールアドレスを入力するだけなど非常に簡単な手続きで終わり、口座開設にかかる時間は当日~3日程度とスピーディーです。

そのため海外FXであれば素早く取引環境を整えることができるため、特に初心者の方はモチベーションが下がらないうちにトレードデビューを果たせます。

3.入金額以上の損失が出ない

ほとんどの海外FX業者で「ゼロカット方式」を採用しています。

ゼロカット方式を採用している海外FX業者を利用することで、入金額以上の損失がでず大きな価格変動による借金の心配がありません。

入金額以上の損失がでない海外FX業者を利用して、ハイリスク・ハイリターンな取引をする人も多いです。

しかしギャンブル要素のあるハイリスク・ハイリターンな取引はあまり推奨できるものではありません。

海外FX初心者の人はゼロカット方式があるからとハイリスク・ハイリターンな取引をするのではなく、自分の資金力に見合った取引を心がけてください。

4.ロスカット水準が低め

ロスカット水準とは、証拠金維持率が指定のパーセンテージを下回った場合に、強制的に保有ポジションが決済される仕組みのことです。

ロスカット水準は%で表現され、ロスカット水準の数値が大きいほど少しの変動でもロスカットされます。

反対にロスカット水準が低いほどロスカットされにくく、ポジションを長く保有できます。

日本FX業者のロスカット水準は、50~100%ほどと高めに設定されていることが多いです。

一方で海外FX業者ではロスカット水準を20%もしくは50%に設定している業者が多いです。中にはロスカット水準が0%という業者も存在しており、証拠金ギリギリまで取引することができます。

5.少ない資金で取引できる

FXにおけるレバレッジとは自己資金以上の取引をするためのシステムのことです。日本FX業者ではギャンブル性を抑えるために、最大レバレッジを25倍までに規制しています。

しかし海外FX業者では500倍・888倍・1,000倍・2,000倍・無制限など、高いレバレッジをかけた取引が可能となっています。

そのため例えば最大レバレッジが1,000倍の海外FX業者を利用すると、自己資金が1万円しかない人でも1,000万円分の取引ができ、資金が少ない人でもFX取引を行えます。

6.アフィリエイトプログラムやキャッシュバックなどのプログラムが豊富

アフィリエイトとは広告収入を得る行為のことです。

日本FX業者で自己アフィリエイトを行う場合、ASPに登録してから自分で口座開設といった手順を踏む必要があり、口座開設のボーナスを一回受け取ったらお終いです。

一方海外FX業者では、アフィリエイトプログラムに参加したりステータスが上がったりすることで、一回の取引毎にキャッシュバックを受けることができ、損失の軽減や利益をさらに増加させることが可能です。

海外FX2つのデメリット

海外FXには初心者に嬉しいメリットがありました。しかし海外FXにはメリットだけでなくデメリットもあります。

デメリットを軽視していると大きな損失をだしてしまうこともあるので、海外FXのデメリットについてもしっかりと理解しておくことが大切です。

ここでは海外FXのデメリットについて、それぞれみていきましょう。

1.利用する海外FX業者の信頼性を調べる必要がある

海外FX業者は日本の金融庁の許可を得ずに運営していつところが多いため、気になる海外FX業者があれば以下の項目を確認し、信頼できる海外FX業者かどうかを確認してください。

  • 何かしらの金融ライセンスを取得しているかどうか
  • 取得している金融ライセンスの信頼度はどれくらいか
  • 利用者数が多いか
  • 口コミが悪くないか
  • 運営実績がある程度あるか

信頼度の低い海外FX業者を選んでしまうと詐欺被害にあっ、利益が出ても出金できない可能性があるので注意が必要です。

2.取引コストがかかる

日本FX業者ではドル円のスプレッドが0.1~1.0pipsと狭く設定されていますが、海外FX業者では0.5~2.0pipsと高めに設定されています。

そのため海外FX業者を利用すると取引コストが高くかかってしまうデメリットがあります。

海外FX初心者がFXを始める流れと必要事項

海外FXは海外のFX業者を利用するので、初心者の人にとってはハードルが高く感じてしまうかもしれません。

しかし実際には日本語に対応した海外FX業者が多く、初心者の人でも問題なく口座開設を行い取引を開始できます。

ここでは海外FX初心者が取引を始めるまでの流れと必要事項について詳しく解説していきます。

1.利用する海外FX業者を選ぼう

まず取引を行うための海外FX業者を選ぶことから始めます。海外FX業者はたくさんあるので、初心者の人はどこの会社を選ぶべきか悩んでしまうでしょう。

海外FX業者の選ぶ際には以下のようなポイントをチェックしてください。

  • 金融ライセンスを取得しているかどうか
  • 顧客の資産をしっかり管理しているかどうか
  • 知名度は高いか
  • 入出金がスムーズに行えるか
  • 最大レバレッジはどれくらいか
  • ボーナスはあるかどうか

知名度が低すぎる海外FX業者を選んでしまうと「入出金ができない」「約定力が低すぎて狙った通りの取引ができない」「詐欺にあった」などのトラブルが起きる可能性が高いです。

初心者のうちは特に、ある程度知名度があり安全性にも定評がある海外FX業者を選びましょう。

以下の記事でおすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介しています。海外FX業者選びで悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

【2022年最新版】初心者向け海外FX業者ランキング!選び方のポイントも解説

2.選んだ海外FX業者の口座開設を行う

利用する海外FX業者を選んだら口座開設を行います。口座開設のやり方は海外FX業者によって異なりますが、名前やメールアドレス、投資家情報などを登録するだけで簡単に行えることがほとんどです。

以下の記事では最も人気の高い海外FX業者「XM」の口座開設方法について詳しく解説しています。

【XMの口座開設方法】日本語で登録方法・手続きについて徹底解説

3.身分証明証をアップロードする

ほとんどの海外FX業者で口座開設後に身分証明証を行わなければ全ての機能を使うことができません。身分証明証をアップロードして承認されて初めて口座開設が完了し、入出金や取引が行えるようになります。

身分証明証のアップロードをする際には「本人確認書類」と「住人確認書類書類」の2つを求められることが多いです。

本人確認書類は以下のようなものが該当します。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証等

一方、住人確認書類書類は以下のようなものが該当します。

  • 公共料金領収書
  • 住民票
  • クレジットカード請求書など

4.取引プラットフォームをダウンロードする

口座開設が完了すると、取引に利用するサーバー情報・ログインID・パスワードなどが書かれたメールが届きます。

メールに書かれた情報を元にMT4もしくはMT5をインストール・ダウンロードし、ログインして取引できるようにします。

5.デモ口座を使って取引を体験してみよう

ほとんどの海外FX業者で「デモ口座」を提供しています。デモ口座では実際のお金は使わず、架空のお金でFX取引体験ができます。

デモ口座ではありますが実際の取引と全く同じ操作が行えるため、取引のやり方を覚える際に非常に役立ちます。

以下の記事ではXMのデモ口座開設方法を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

【XMのデモ口座】初めての口座開設方法/MT4・MT5のログイン方法

6.取引資金を入金しリアル口座で取引してみよう

デモ口座である程度取引の流れを覚えたら、実際に取引資金を入金してリアル口座で取引をしてみましょう!

資金の入金に関しては、海外FX業者によって入出金方法や最低入金額が異なります。口座開設した海外FX業者の入金方法・入金手数料・入出金ルールなどをしっかり確認してから入金してください。

FX取引の注文方法には「成行注文」と「指値注文」の2種類があります。成行注文とは価格の設定を行わず、現在の価格で注文する方法です。

一方で指値注文とは、指定した価格にレートがきたら自動で注文が確定される方法です。指値注文には以下の4種類があります。

Buy Limit(指値買い) 指定価格まで価格が下がってきたら買う
Sell Limit(指値売り) 指定価格まで価格が上がってきたら売る
Buy Stop(逆指値買い) 指定価格まで価格が上がってきたら買う
Sell Stop(逆指値売り) 指定価格まで価格が下がってきたら売る

取引する際には成行注文と指値注文を上手に活用してください。

7.自分のトレードスタイルを確立しよう

ある程度取引に慣れてきたら、自分のトレードスタイルを確立していきましょう。FX取引には「スキャルピングトレード」「デイトレード」「スイングトレード」「スワップトレード」「システムトレード」の5つのトレードスタイルがあります。

スキャルピング デイトレ スイング スワップトレード システムトレード
ポジション保有期間 数秒~数分 数分~1日 2日~1週間以上 1ヶ月~1年以上 EAごとに異なる
時間足 1分足~15分 5分~日足 1時間~月足 1時間~月足 EAごとに異なる
特徴 短時間のトレードを何度も繰り返し利益を増やしていく ポジションを翌日に持ち越さずその日のうちに注文と決済を終わらせる 長い期間ポジションを保有し大きな利益を狙う 通貨間の金利差である「スワップポイント」による利益を狙う 自動売買システム「EA」を使って利益を増やしていく

どのトレードスタイルが正解というわけではありません。

例えば、昼は会社員として働く副業トレーダーの人はこまめにチャート画面を見ることができないので、チャート画面を見る回数が少なくて良いスイングトレードやスワップトレード、もしくは自動で売買を行ってくれるシステムトレードを選ぶといいでしょう。

取引を重ねていくうちに自分に最適なトレードスタイルが確立していきます。

海外FX初心者向けロードマップ

 

みんながメインで使ってる海外FX業者はここ!

海外FX業者にはさまざまな種類があるので、初心者の人は「結局どこをメインで使えばいいの?」と疑問に感じることでしょう。

以下の記事では海外FXトレーダー達がメインで使っている海外FX業者をランキング形式で紹介しています。

みんながメインで使っている海外FX会社は?それぞれのメリット・メリットを紹介

大人気の楽天カードは海外FXの入出金に使える?

数あるクレジットカードの中で人気が高いクレジットカードが「楽天カード」です。楽天カードを使うことで楽天ポイントがザクザク貯まるので、愛用者は非常に多いです。

そんな楽天カードですが海外FXの入出金に使えるのでしょうか?以下の記事で楽天カードが海外FXの入出金に使えるかどうか詳しく解説しています。

【初心者ロードマップ付き】海外FXとは?日本FXとの違いや始める流れを解説

海外FXでクレジットカード入金できない原因と対処法について

海外FXではクレジットカードを使った入金に対応している業者が多いです。クレジットカードを使った入金は非常に便利ですが、時に入金できないケースもあります。

以下の記事では海外FXでクレジットカード入金ができない原因と対処法について詳しく解説しています。

海外FXでクレジットカード入金できない原因は?対処法についても徹底解説

海外FXで出金するのにおすすめの銀行はここ!

海外FXの出金方法で人気の方法に「銀行送金」があります。銀行もどんどん種類が増えているので、どの銀行を使うのが最適か悩んでしまいますよね。

以下の記事では海外FXで出金するのにおすすめの銀行を紹介しています。

海外FX出金におすすめの銀行は?楽天銀行・ソニー銀行・新生銀行が人気

海外FXで必須のbitwallet(ビットウォレット)の開設方法と使い方

bitwallet(ビットウォレット)とは電子ウォレットのことで、海外FXの入出金方法として人気が高まっています。海外FXの入出金以外にも役立つbitwallet(ビットウォレット)は、持っておいて不便はありません!

以下の記事ではbitwallet(ビットウォレット)の開設方法と使い方について詳しく解説しています。

海外FXで必須のbitwallet(ビットウォレット)の開設方法を徹底解説

海外FXでデビットカード入出金する方法は?

デビットカードとは、利用金額が紐づけした銀行口座から引き落とされる仕組みのカードです。海外FXではデビットカードを使った入出金にも対応しています。

以下の記事ではそもそもデビットカードとは何かその仕組みと、デビットカードで入出金する方法について詳しく解説しています。

海外FXでデビットカード入出金する方法を4STEPで解説!メリットも紹介

海外FXで使えるスマホアプリを11選紹介!

海外FXの勉強・検証・情報収集をするのに、スマホアプリを使えば通勤時間や待ち時間などのすき間時間に、海外FXに関する知識を得ることができます。

以下の記事では海外FXで使えるスマホアプリを11選紹介しています。

海外FXで使えるスマホアプリ11選!勉強や検証・情報収集に役立つ

海外FX初心者の勉強に役立つ本を10選紹介!

海外FXに関する本は数多く出版されています。凄腕トレーダー達が自分の考えや取引手法について記載している本は、海外FXの勉強をするのにとても有効です。

以下の記事では海外FX初心者の勉強に役立つ本を10選紹介していきます。

海外FXの勉強に役立つ本10選!初心者におすすめの書籍を厳選して紹介

海外FX初心者の人は基本的な知識を確実に身につけていこう!

海外FX初心者の人は、最初は分からないことだらけで悩むことも多いでしょう。いきなり全てを覚えるのは不可能ですし、中途半端に覚えては次の知識を頭に入れようとするとどんどん頭が混乱してしまいます。

そのため海外FX初心者の人はひとつの知識を確実に覚えていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。