画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXで人気のスキャルピングとは?特徴やメリットデメリットを紹介

海外FX知識

スキャルピングとは、短期間に何度も売買を繰り返し利益を重ねていくトレードスタイルです。利益を短時間で得れるため、海外FX初心者の人でスキャルピングに憧れる人も多いでしょう。

スキャルピングはトレードチャンスが多く、知識や経験が多いトレーダーであれば1日に大きな利益を出すことも可能です。

しかし知識や経験が少ない初心者がスキャルピングを行うと、損失ばかりが増えていくケースも。

今回はスキャルピングとは何か、特徴やメリットデメリットを紹介していきます。今後スキャルピングトレードに挑戦したいと考える海外FX初心者の人はぜひ参考にしてくださいね。

スキャルピングとは?特徴を紹介

証券取引所, トレーディング フロア, ビジネス, 金融, 金融の世界, 矢印

スキャルピングとは、短期間でコツコツ利益を重ねていくトレードスタイルです。ポジションの保有時間は数秒~数分ととても短く、1日に何度も売買を繰り返します。

1回で得れる利益は少ないものの、上手に取引できれば1日に大きな利益を得れます。海外FX上級者の中にも、スキャルピングトレードをメインとしている人はたくさんいます。

スキャルピングで1回に狙う値幅は2~10pips程度です。

デイトレやスイングトレードとの違いは?

FXのトレードスタイルには、スキャルピング以外にも「デイトレ」と「スイングトレード」があります。

3つのトレードスタイルの特徴は以下の通りです。

スキャルピングデイトレスイング
ポジション保有期間数秒~数分数分~1日2日~1週間以上
時間足1分足~15分5分~日足1時間~月足
狙う値幅2~10pips30~100pips50pips以上
特徴短時間のトレードを何度も繰り返し利益を増やしていくため経験や知識が必要ポジションを翌日に持ち越さずその日のうちに注文決済を終わらせる長い期間ポジションを保有し大きな利益を狙う

スキャルピングは短期間で何度も売買を繰り返すので、ポジションを翌日に持ち越すことはありません。デイトレも同じで、ポジションを翌日に持ち越さずその日のうちに注文から決済までを完了させます。

スイングトレードはポジションの保有期間が2日~1週間以上とかなり長く、スキャルピングとは正反対のトレードスタイルだと言えます。

スキャルピングはデイトレやスイングトレードに比べて、常にチャート画面を見ておく必要があります。

デイトレとスイングトレードについては以下の記事を参考にしてください。

スキャルピングのメリットは?

山, カナダ, 女の子, Outlook, 雪, 自然, 山の風景, ハイキング

多くのトレーダーがスキャルピングを行っていますが、なぜスキャルピングは人気が高いのでしょうか?

ここではスキャルピングのメリットや魅力について詳しく解説していきます。

ポジションを翌日に持ち越さないので心理的負担が少ない

海外FX初心者の人は特に、ポジションを翌日に持ち越してしまうとポジションが気になって眠れない・ストレスになることがあります。

しかしスキャルピングではポジションを翌日に持ち越さないので、夜もポジションの心配をする必要がなく心理的負担が少ないメリットがあります。

損切幅を狭く設定できるため損失を抑えれる

特にスイングトレードは狙う値幅が大きいため、損切幅も大きくする必要があります。そうすると相場が予想と逆に動いた場合、損失が大きくなってしまう可能性があります。

それと比べてスキャルピングは1回で狙う値幅が小さいので、損切幅も狭く設定できます。そのため、万が一相場が予想と逆に動いても損失を抑えれます。

トレードチャンスが多い

デイトレやスイングトレードでは、一旦相場がレンジに入ってしまったり値動きが小さくなると、トレードチャンスが減り利益も出しづらくなります。

しかしスキャルピングは、上位足がレンジの中でもトレンドが発生することが多く、トレードチャンスが多いです。

デイトレーダーやスイングトレーダーの人の中には、相場がレンジになったら合間にスキャルピングを行い利益を出す人もいます。

海外FXのレバレッジを利用すれば少額でも大きな利益を狙える

スキャルピングは1回で狙う値幅が小さいので、デイトレやスイングトレードのように大きな利益はねらえません。

しかし海外FXではハイレバレッジな取引ができます。

そのため資金が少ない人でもレバレッジを利用すれば、スキャルピングでも大きな利益を狙えます。

ポジションを長く保有しないので為替変動リスクが低い

デイトレやスイングトレードはポジションの保有時間が長いため、レートが急落・急騰した際に損失がでる可能性が高いです。

しかしスキャルピングはポジションの保有時間が数秒~数分と短いため、レート変動の影響を受けにくいというメリットがあります。

もしレートが大きく動いてもスキャルピングでは損切幅が狭いので、リスク管理をしっかりしていれば大きな損失はでないでしょう。

スキャルピングのデメリットや注意点は?

悲しい, 男, 落ち込ん, 悲しみ, 背景, 若, 人, ホワイト, うつ病

メリットの多いスキャルピングですが、もちろんデメリットもあります。デメリットを理解せずスキャルピングを行うと、損失が大きくなる可能性も。

ここではスキャルピングのデメリットについて詳しく解説していきます。

チャートを常に見ておく必要がある

スキャルピングはポジションの保有期間が短く1日に何度も売買を行うので、チャートを常に見ておく必要があります。

また常に集中してパソコンと向き合って売買を繰り返すので、集中力と体力が必要になります。

パソコンを長時間見ておくのが苦手な人や眼精疲労が溜まりやすい人は、スキャルピングは合わないかもしれませんね。

知識や経験がないと利益を出せない

スキャルピングは利確・損切幅ともに狭いため、エントリーポイントをしっかり絞らなければいけません。

ギャンブル間隔で「多分上がるだろう・下がるだろう」という気持ちでエントリーすると、すぐに逆行して損切されます。

そのためスキャルピングにはFX取引のテクニックと経験がなければ利益を出せません。

初心者がスキャルピングをするとポジションを持っていないと落ち着かなくなり、根拠にない不要な取引をたくさんする「ポジポジ病」に陥りやすいデメリットもあります。

スプレッドが広い海外FX会社を選ぶとコストが高くなる

スプレッドとは、通貨ペアの売値と買値の差でFX取引におけるコストのことです。スプレッドについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

スキャルピングは1日に何度も取引するので、スプレッドが広い海外FX会社を選んでしまうと取引コストが高くなってしまいます。

スキャルピングしたいと考えている人は、できるだけスプレッドが狭い海外FX会社を選ぶことで取引を有利に進められます。

スキャルピングに最適なスプレッドが狭い海外FX会社は以下の記事で紹介しています。

損切ルールを守り資金管理をしなければ損失が大きくなる

スキャルピングでは「損切」がとても大切になってきます。

スキャルピングでエントリーする際には、必ず同時に損切注文を入れましょう。また一度決めた損切位置はズラさないようにしてください。

自分の資金に見合った損切幅・損切ルールを決め、徹底して守りましょう。損切ルールが守れないと、損失がどんどん大きくなっていきます。

海外FX会社によってはスキャルピング禁止のところもある

海外FX会社によってはスキャルピングを禁止しているところもあります。禁止されているにも関わらずスキャルピングを行うと、出金拒否や口座が凍結されることがあります。

またスキャルピングを認めている海外FX会社でも、会社のサーバーに負担をかけるような高速取引を行った場合、利用規約に応じて何かしらの措置が取られるケースもあります。

スキャルピングをする際は、事前に各海外FX会社のスキャルピングに関する注意事項をしっかり確認してから行いましょう。

取引ルールが守れるようになったらスキャルピングに挑戦しよう

学生, 入力, キーボード, テキスト, 女性, スタートアップ, ビジネス

今回スキャルピングというトレードスタイルについて解説しました。

海外FX初心者の人が安易にスキャルピングを行うと、なかなか勝てずに損失が大きくなる可能性が高いです。

初心者の人でスキャルピングを行いたい人は、FXのテクニックを学び経験を積んで、自分が決めた取引ルールを守れるようになってから挑戦してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました