画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXで使えるデイトレード手法とは?やり方や使う時間足を解説

海外FX知識

海外FXを始めるにあたり、自分のトレードスタイルを確立していかなければなりません。FXのトレードスタイルには「スキャルピング」「デイトレ」「スイング」があります。

今回はFXのトレードスタイルの中でも、その日のうちに注文から決済までを完了させる「デイトレ」について詳しく解説していきます。

デイトレの特徴からメリット・デメリットも紹介するので、自分が理想とするトレードスタイルに合うかを確認してみましょう。

デイトレとは?特徴をチェック!

デイトレとは「デイトレード」の略で、1日のうちに注文から決済を終わらせるトレードスタイルのことです。1日数回取引を行いますが、保有ポジションを翌日に持ち越すことはありません。

ポジションの保有時間は数分~数時間で、1回で狙える値幅は30~100pips程度となっています。

スキャルピングやスイングトレードとの違いは?

FXのトレードスタイルには、デイトレ以外にも「スキャルピング」と「スイングトレード」があります。

スキャルピングデイトレスイング
ポジション保有期間数秒~数分数分~1日2日~1週間以上
時間足1分足~15分5分~日足1時間~月足
特徴短時間のトレードを何度も繰り返し利益を増やしていくため経験や知識が必要ポジションを翌日に持ち越さずその日のうちに注文決済を終わらせる長い期間ポジションを保有し大きな利益を狙う

デイトレのポジション保有時間が数分~1日であるのに対し、スキャルピングは数秒~数分・スイングトレードでは2日~1週間以上となっています。

またデイトレで使用する時間足が5分~日足であるのに対し、スキャルピングでは1分~15分足・スイングトレードでは1時間~月足となっています。

スキャルピングとスイングの中間であるデイトレは、最も気軽に実践できるトレードスタイルだと言えるでしょう。

スキャルピングとスイングトレードについては以下の記事をご覧ください。

デイトレは21時からのニューヨーク時間がおすすめ

デイトレは値動きが無いと利益を出せないので、デイトレを行う時間としては取引が活発になる21時からのニューヨーク時間がおすすめです。

値幅が動く時間帯であればある程度のpipsを狙えるでしょう。反対に値動きが少ない時間帯にデイトレを行うと、利益を出せずに終わってしまします。

スプレッドが狭い通貨や値動きが大きい通貨がおすすめ

デイトレを行う際にどのような通貨ペアを選ぶべきなのでしょうか。

デイトレでは1日数回取引することもあるので、できるだけ取引コストであるスプレッドが狭い通貨ペアを選びましょう。

またデイトレするなら値動きの大きいポンド円がおすすめです。

デイトレのメリットは?

幸せ, 男, 大人, 市, 顔, アウトドア, 人, 肖像画, 笑顔

デイトレは取引回数が多いので資金効率が良く、短期間で利益を積み重ねていくことができます。

ここではデイトレの3つのメリットについて詳しく解説していきます。デイトレが自分の希望するトレードスタイルに合っているか確認してみましょう!

取引回数が多く短期間で利益を得れる

デイトレはその日のうちに注文から決済までを終わらせるトレードスタイルです。1回の取引で30~100pipsほどの利益を狙い、1日のうちに何度か取引を行います。

デイトレは取引回数が多いため、短期間で利益を得れるのが特徴です。そのためデイトレはその日のうちに利益が欲しい人や、目に見えた成果が欲しい人におすすめです。

また取引回数が多いので経験を積むこともできます。

経済指標の影響を受けにくい

経済指標が発表されるとレートが上下に大きく動くため、方向感が読みづらく初心者の人はトレードがしにくくなります。

しかし大きくレートが動くような重要な経済指標は、深夜から早朝にかけて発表されることが多いです。

そのためその日のうちにポジションを決済するデイトレは、経済指標の影響を受けにくいと言えます。

しかしデイトレの取引時間内でも、レートを大きく動かすような重要な経済指標が発表されることはもちろんあります。

資金効率が良く少額でもトレードできる

デイトレは1日に何度も取引を繰り返すため、資金をどんどん回転させることができます。

資金効率が良いため、レードが上手な人であれば1日に利益を積み重れねていくことができるでしょう。

またデイトレは30~100pips程度の値幅を狙うので、損切幅もあまり大きくありません。そのため少額からでもトレードできるのもメリットです。

デイトレのデメリットは?

デイトレにはメリットだけでなくもちろんデメリットもあります。ここではデイトレのデメリットについて詳しく解説していきます。

1度に大きな利益は狙えない

デイトレでは30~100pipsを狙うため、スイングトレードのように1度に大きな利益を狙うことはできません。

初心者の人は1万通貨ほどで取引する人が多いと思うので、その場合デイトレなら30~100pipsで3,000~10,000円の利益となります。

取引回数が多いので手数料がかかる

デイトレは1日の取引回数が多いため取引手数料が大きくなる可能性があります。

そのためできるだけ取引手数料が無料で、スプレッド幅が狭い海外FX会社を使いましょう!

チャートを定期的にチェックしなければならない

デイトレはチャートを定期的にチェックする必要があります。そのため昼間は会社員として働いているような兼業トレーダーには不向きなスタイルと言えます。

また見る時間軸があまり大きくないため、ローソク足の動きに一喜一憂してしまいます。トレードに慣れていない初心者の人は、感情的なトレードをしてしまう可能性もあります。

デイトレする際の注意点について

デイトレを行う際にはいくつか注意してほしい点があります。

ここではデイトレする際の注意点を解説していくので、今後のトレードに活かしてください。

大きな利益は狙わず損切りを徹底して行う

デイトレが1度に大きな利益を狙えないことは分かっていても、欲が出てくるともっと利益を伸ばしたいと考えてしまいます。

しかしデイトレでは利益を大きく伸ばすよりも、損切りをしっかりと行い損失をできるだけ小さくすることが大切です。

自分の証拠金に対する損失許容額をしっかりと理解し、注文すると同時に損切り注文を必ず入れるようにしましょう。

負けが続いたら一旦取引をやめる

デイトレを行っていて負けが続いたら一旦取引をやめましょう。

負けが続いているのにも関わらず取引を行うと、ムキになって感情任せの取引をしてしまいます。

一度落ち着いてから再度取引するようにしてください。

重要な経済指標が控えているときは取引しない

重要な経済指標が発表されるとレートが大きく動くことがあります。

デイトレは注文したレートと損切りするレートがあまり離れていないので、レートが大きく動くと簡単に損切りされる可能性があります。

特に海外FX初心者の人は経済指標の動きに反応できないので、重要な経済指標が発表される時間帯の取引はしないことをおすすめします。

昼間もチャートを見れる人はデイトレに挑戦してみよう!

ネットワーク, 手, 書きます, ハブ, ミラー化, チャート, 計算

スキャルピングほど頻繁にチャートを見る必要がなく、スイングトレードほどポジションを長く保有しないデイトレは人気の高いトレードスタイルとなっています。

その日のうちに注文から決済までを完了させるため昼間チャートが見れない兼業トレーダーにはあまりおすすめできません。

しかし主婦の方や学生の方など、昼間もチャートを確認できる人であればぜひデイトレに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました