【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

海外FXの持ち越しトレードとは?メリットデメリットや注意点を解説

海外FXで持ち越しトレードに挑戦したいと考えている人はいませんか?

持ち越しトレードは大きな利益を狙える可能性がある一方で、大きな損失が出るケースもあるので注意が必要です。

本記事では海外FXにおける持ち越しトレードとはなにか、メリットやデメリット、注意点について詳しく解説していきます。

海外FXの持ち越しトレードとは?

FX取引は、中東のバーレーン市場を除いたほどんどの市場で土日の取引ができません。

そのためほとんどのトレーダーが金曜日には一旦トレードを終了し、また月曜日から再開します。

海外FXの持ち越しトレードとは金曜日に持ったポジションを決済せずに、月曜日まで持ち越すことをいいます。

持ち越しトレードするメリットには以下のようなことがあります。

  • 週明けに大きな利益がでる可能性がある
  • スワップポイントを狙える

ここでは持ち越しトレードするメリットについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

週明けに大きな利益がでる可能性がある

土日に大きなニュースがあると、週明けの月曜日に価格が大きく動くことがあります。

もし金曜日に買いポジションを持っていて月曜日に価格が大きく上昇すると、大きな利益が出る可能性があります。

スワップポイントを受け取れる

金利が高い国の通貨を買って金利が低い国の通貨を売って持ち越しトレードをすると、スワップポイントを受け取れるメリットもあります。

スワップポイントとは、異なる2か国間の通貨を交換する際に生じる金利の差のことで「金利差調整分」とも呼ばれます。

金利が高い国の通貨を買って金利が低い国の通貨を売ると、スワップポイントを利益として受け取れます。

スワップポイントについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

海外FXするならスワップポイントも意識しよう!仕組みや流れを解説

持ち越しトレードするデメリットには以下のようなことがあります。

  • 窓が開くと大きな損失が出る可能性がある
  • マイナススワップポイントが発生する可能性がある

ここでは持ち越しトレードするメリットについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

窓が開くと大きな損失が出る可能性がある

FX取引における「窓」とはファンダメンタルズや土日の相場の変動などが原因で、価格が大きく動く現象です。

窓が開くとローソク足とローソク足の間に空間があります。窓に関しては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

海外FXにおける窓とは?窓開け・窓埋めを狙ったトレードについて解説

メリットの部分では、週明けに予想通りに価格が動くと大きな利益が狙える可能性があると解説しました。

しかしこれはデメリットともなりうる部分であり、週明けに予想とは反対方向に窓が開くと大きな損失が出る可能性もあります。

週明けは価格が大きく動いて窓が開くケースがとても多いので注意が必要です。

マイナススワップポイントが発生する可能性がある

メリットの部分では金利が高い国の通貨を買って金利が低い国の通貨を売ると、スワップポイントを利益として受け取れると解説しました。

しかし金利が低い国の通貨を買って金利が高い国の通貨を売ると、金利差がマイナスとなりスワップポイントを支払わなければなりません。

マイナススワップになるポジションを持ち越せば持ち越すほど、支払うスワップポイントが増えていくデメリットがあります。

持ち越しトレードする際の注意点について

特に初心者の人が持ち越しトレードする場合は、以下の3つの注意点を意識してください。

  • 自信がないときは持ち越しトレードしない
  • レバレッジやロット数をしっかり考える
  • ペナルティに注意しよう

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

自信がないときは持ち越しトレードしない

FX取引上級者の人であれば、何かしらの根拠があって持ち越しトレードをすると思います。

しかし海外FX初心者の人は、自身があるとき以外は持ち越しトレードはしないことをおすすめします。

レバレッジやロット数をしっかり考える

週明けには大きな窓が開き、先週の終値から50pips以上価格が動くことがあります。

そのため高いレバレッジをかける・ロット数を増やして持ち越しトレードをしてしまうと、大きな損失が出る可能性があります。

海外FXの魅力は高いレバレッジをかけた取引ができることです。

しかし海外FX初心者が持ち越しトレードをするのであれば、高いレバレッジをかけすぎず、少ないロット数でエントリーすることをおすすめします。

ペナルティに注意しよう

海外FX業者によっては、高いレバレッジをかけて週明けの大きな窓開けだけを狙ったトレードを禁止していることがあります。

持ち越しトレードが禁止事項に触れていると判断されてしまうと、口座凍結など何かしらのペナルティを受ける可能性があります。

持ち越しトレードは慎重に行おう!

持ち越しトレードに今後挑戦しようと考えている人は、高いレバレッジをかけず小ロットで取引するなど、大きな損失を出さない工夫が必要です。

海外FX初心者の人は自信と根拠があるポイントでのみ持ち越しトレードするようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。