【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

海外FXは違法?有名なXMが日本の金融庁から警告されてる理由を紹介

海外FXは違法だ!なんて話を聞いたことありませんか?

確かに海外FX業者は日本の金融庁の登録を受けていないところが多く、日本の法律では罰則の対象となります。

しかし海外FX業者によっては外国の金融ライセンスを取得していて、安全性を考慮しているところも。

今回は海外FX業者が日本の金融庁から警告を受けている理由や、海外FX業者を利用することが違法なのかについて解説しています。

海外FXは日本の金融庁から警告を受けている?

日本の金融庁ホームページを見ると、海外FX業者に対する以下のような警告文が記載されています。

金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。

また最近、海外所在の無登録業者とバイナリーオプション取引を行い、出金に応じてもらえないなどのトラブルになっている例も見られます。

日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。取引を行う前に取引の相手が登録を受けているかこちらで確認して、無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、注意してください。

引用元:金融庁HP

「日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です」と記載されているのが分かりますね。

海外に所在地がある海外FX業者が日本に住んでいる人を相手にしてFX取引を行う場合、日本の「金融商品取引法」に基づいて登録を行う必要があります。

日本の登録を受けずにFX取引を行うことは禁止されていて、違反すると罰則の対象となります。

無登録の海外FX業者との取引でトラブルが発生している

金融庁のホームページでは、日本の金融庁の登録を受けていな海外FX業者とトラブルが発生していると警笛を鳴らしています。

海外FXでのトラブルには以下のようなケースがあります。

ケース1

海外FXでの成功体験を投稿したブログやSNSを見て海外FXに興味を持って、海外FX取引とバイナリーオプション取引をはじめた。利益がでたので出金しようとすると出金に応じてもらえず、海外FX業者やバイナリーオプション業者と連絡が取れなくなった。

ケース2

友人から「海外FXは儲かる」と言われ海外FX業者の口座開設を進められた。実際に取引をすると大きな損失を出してしまった。

海外FXは日本のレバレッジ規制を上回るレバレッジがかけれる

FX取引における「レバレッジ」とは、自己資金以上の取引をできるようにするための仕組みです。

日本ではレバレッジ規制がかかっており、最大25倍のレバレッジまでしかかけることができません。

海外FXでは100倍~6,000倍と、非常に高いレバレッジをかけて取引ができます。

資金が少ない初心者や大きな稼ぎを狙いたい上級者にとって、海外FXのハイレバレッジ取引はありがたい制度でしょう。

ハイレバレッジを提供するために、海外FX業者の多くはあえて日本の金融庁の登録を受けていないのです。

レバレッジが高いほど少額の資金で大きな取引ができます。しかし、その分損失も大きくなってしまします。

実際大きな損失を出した人がいるため、日本の金融庁も警告を出しているのです。

海外FX業者はなぜ日本の金融庁の登録を受けないのか?

日本の金融庁が警告しているにも関わらず、なぜ海外FX業者の多くが日本の金融庁の登録を受けていないのでしょうか?

それは日本にはレバレッジ規制があるため、日本の金融庁の登録を受けると海外FXの魅力であるハイレバレッジ取引を提供できなくなるからです。

また日本の金融庁の登録を受けると、海外FXならではの豊富なボーナスにも制限がかかる可能性があるのです。

海外FX業者の利用は違法になる?

日本の金融庁が海外FX業者に対して警告を出しているので、海外FX業者を利用すると逮捕されるのでは?と不安に感じる人もいるでしょう。

しかし海外FX業者を利用しても違法にはならず、トレーダーが罰せられることはないので安心してくださいね。

なぜ日本の金融庁は海外FXに厳しい目を向けるのか?

海外FX業者を利用して詐欺被害などに合う人がいますが、もちろん問題なく海外FXで稼いでいる人はいます。

それなのになぜ日本の金融庁は海外FXに対して厳しい目を向けるのでしょうか?その理由はやはり、海外FXによる被害者がいるという事実があるためです。

また、日本の金融庁に登録していない海外FX業者からは税金を徴収できません。

海外FX業者の稼ぎはとても大きいですから、海外FX業者に日本の金融庁に登録させ税金を徴収したいという狙いもあるのかもしれません。

日本の金融庁に登録している海外FX業者としていない海外FX業者は以下のリンクで確認できます。

引用元:金融庁HP

有名なXMが日本の金融庁から警告を受ける理由は?

日本人からも人気が高く有名な海外FX業者「XM」も、日本の金融庁の登録を受けていない業者のひとつです。

XMは日本人の利用が最も多い会社であり、公式サイトを見ても日本語に対応しています。

また日本語を話せるスタッフが常駐しており、日本語によるサポートも受けれます。

目立つ存在だからこそ、XMは日本の金融庁から目を付けられやすい存在だと言えるでしょう。

海外FX業者は外国の金融ライセンスを取得しているかを見よう

日本の金融庁の登録を受けていない海外FX業者の多くは、外国の金融ライセンスを取得しています。

当サイトがおすすめする海外FX業者9社の金融ライセンスは以下の通りです。

会社名 取得金融ライセンス 口座開設
XM セーシェル共和国の金融ライセンス(運営母体はキプロス証券委員会や英国金融行為監督機構のライセンス) 口座開設する
Gemforex モーリシャス共和国 口座開設する
IS6FX セントビンセント・グレナディーン諸島の金融ライセンス 口座開設する
FXGT セーシェル共和国の金融ライセンス 口座開設する
Exness セーシェル共和国の金融ライセンス(運営母体はキプロス証券委員会や英国金融行為監督機構のライセンス) 口座開設する
Tradeview Forex ケイマン諸島の金融ライセンス 口座開設する
bigboss セントビンセント・グレナディーン諸島の金融ライセンス 口座開設する
LAND-FX セントビンセント金融サービス機構 口座開設する
FX Beyond パナマ共和国 口座開設する

外国の金融ライセンスを取得するためには、様々な審査を受けクリアする必要があります。

そのため外国の金融ライセンスを取得している海外FX業者は、国の金融ライセンスを取得していない海外FX業者よりは安全性が高いと言えます。

海外FX業者の安全性を見極める方法は?

海外FX業者を安全に利用するためには金融ライセンスだけではなく、さまざまな角度から安全性を見る必要があります。

海外FX業者の安全性を見極めるためには以下の項目をチェックしてみましょう!

  1. 利用者が多いか
  2. 口コミ評判がいいか
  3. 悪い噂がないか
  4. 知名度が高いか
  5. 顧客の資産をしっかり保護しているか
  6. 金融ライセンスを取得しているか
  7. 日本語によるサポートを受けれるか

以下の記事では海外FXの安全性についてや、安全な海外FX業者をランキング形式で紹介しているのでぜひ参考にしてください!

海外FXの利用は違法ではないがリスク管理を徹底しよう!

日本の金融庁に登録していない海外FX業者が多く、日本の金融庁が警告していることは事実だということが分かりました。

しかし海外FX業者を利用するトレーダーが罪に問われることはありません。

外国の金融ライセンスを取得し安全性を考慮した海外FX業者であれば、詐欺被害にあるリスクは低いでしょう。

しかし海外FX業者を信用しきるのはおすすめしません。利益はこまめに出金する・出金拒否などどの情報を得たら問い合わせて確認するなど、自分でしっかりリスク管理を行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。