画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXがおすすめできない5つの理由!安全性が高い海外FX会社ランキング

海外FX会社ランキング&比較

海外FXに対して「怪しい」「詐欺に合いそう」というようなマイナスイメージを持っている人がいます。

しかし海外FXには国内FXには無い高レバレッジや豊富なボーナスなど、様々な魅力が盛りだくさん!

ではどうして「海外FXはおすすめできない」という意見があるのでしょうか?今回は海外FXがおすすめできないと言われる理由と、安全性が高い海外FX会社を紹介していきます。

海外FXがおすすめできない5つの理由

後期, 合成, ファンタジー, 効果, パーツ, 人々, 土, ディゾルブ

SNS上でも「海外FXはおすすめできない」「海外FXは危険」というような声を目にすることがあります。

どうして海外FXがおすすめできないのか、5つの理由について解説していきます。

海外FX会社をしっかり選ばないと詐欺に合う可能性がある

海外FXをするためには、海外FX会社を利用する必要があります。海外FX会社は多数存在していて、中には安全性が低い海外FX会社も存在します。

安全性が低い海外FX会社を利用してしまうと、詐欺に合う可能性があるのです。

具体的には顧客から資金を集め、計画倒産をするというパターンです。計画倒産が疑われたとしても海外の顧客から追及されたり裁判をかけられるリスクは低く、様々な支払い義務から逃れることができます。

海外の顧客を標的にした詐欺行為を行う海外FX会社は実際に存在するので、特に海外FX初心者の人は気を付ける必要があります。

信託保全が義務付けられていない

国内FX会社の場合、顧客の資産を「信託保全」することが義務付けられています。

信託保全とは、顧客の資産を信託会社に依頼し管理してもらい、万が一会社が倒産した際には信託会社や弁護士が顧客に資産を返還する制度です。

信託保全があるFX会社であれば、万が一会社が倒産しても顧客が投資した資金は返還されます。

しかし海外FXでは信託保全が義務付けられていません。そのため信託保全がない海外FX会社を選んでしまうと、もし会社が倒産した際に資産が返還されません。

確かに知名度が高く利用者が多い大手海外FX会社を選ぶことは大切なポイントですが、いくら大手の海外FX会社であっても倒産する可能性はゼロではありません。

例えば、イギリスの大手海外FX会社「アルパリ」は2015年に倒産しました。アルパリは信託保全のある会社だったため顧客の資産は保護されました。

もし信託保全が無かったら、多くの顧客が損害を受けていたと予想されます。そう考えると、信託保全がいかに大切な制度かが分かりますね。

出金拒否や出金遅延などの出金トラブルがあることも

海外FX会社によっては「出金拒否」や「出金遅延」などの出金トラブルが起きることがあります。

FXGTで出金遅延のトラブル発生?海外FXの出金遅延や出金拒否について
海外FX会社FXGTで出金遅延のトラブルが発生したというツイートに関連し、海外FXにおける出金遅延や出金拒否などの出金トラブルについて解説していきます。また海外FX会社8社の出金トラブルの噂についても調査していきます。

何かしらの原因があって出金トラブルが起きることはありますが、悪意があって出金拒否する海外FX会社も存在します。

悪意のある出金拒否は詐欺行為ですが、海外FX会社なので言葉が通じないことや裁判を起こすのは大変だ…というような理由で対処できない人が多いようです。

各海外FX会社で定められた取引ルールや入出金ルールを守らなかった場合など、顧客側が原因で出金拒否されることもあります。

金融ライセンスを取得していないことがある

本来であれば、日本在住の人を勧誘する海外FX会社は、日本の金融庁の許可を取得するべきです。

日本の金融庁の許可を取得していれば、海外FX会社を利用してトラブルが起きた際も金融庁が仲介に入ってくれます。

しかし日本の金融庁に登録してしまうと、日本の規制に準ずる必要があります。そうすると海外FX会社の魅力であるハイレバレッジな取引な豊富なボーナスに制限がかかってしまいます。

そのためほとんどの海外FX会社が日本の金融ライセンスを取得しておらず、独自で外国の金融ライセンスを取得しています。

外国の金融ライセンスの中でも「FCA(金融行為規制機構)」「キプロス証券取引委員会」「CIMA(ケイマン諸島金融庁)」は審査基準が厳しいため信頼度が高いと言えるでしょう。

しかし外国の金融ライセンスには審査基準が緩く簡単に取得できるものも。

そのため金融ライセンスを取得しているから絶対安全…ということでもないのが現実です。

海外FX会社の中には外国の金融ライセンスすら取得していないところもあります。金融ライセンスを取得していない海外FX会社は利用しないことをおすすめします。

日本語に対応しておらずサポートを受けれないこともある

海外FX会社ですから、日本語に対応していない会社もあります。

公式サイトを見て日本語で書かれていても、実際には日本語によるサポートに対応していないということもあります。

英語が分からない人が日本語に対応していない海外FX会社を利用してしまうと、何か困ったことが出てきたときにサポートを受けることができず大変な目に合ってしまう可能性があります。

安全性が高く信頼できる海外FX会社を見分けるポイント

コンピュータ, ラップトップ, 技術, キーボード, コンピューティング, 作業

ここでは安全性が高く信頼できる海外FX会社を見分けるポイントについて解説していきます!

金融ライセンスを取得しているかどうか

海外FX会社は国内FX会社とは違い金融ライセンスを取得していなくても運営できますが、必ず金融ライセンスを取得している海外FX会社を選びましょう!

なぜなら金融ライセンスを取得するためには、運営状況や取引環境・サポート体制や顧客の資産管理状況など、様々な項目を審査されるからです。

審査をクリアした会社にのみ金融ライセンスは与えられるため、金融ライセンスを取得しているかどうかは海外FX会社の安全性を示す一つの指標となります。

外国の金融ライセンスは様々なありますが

  • FCA(金融行為規制機構)
  • キプロス証券取引委員会
  • CIMA(ケイマン諸島金融庁)

があります。これらの金融ライセンスを取得している海外FX会社はかなり信頼度が高く、安心して取引できます。

上記以外の金融ライセンスは信頼度が平均的~低いことがほとんど。信頼度が平均的~低い金融ライセンスを取得している海外FX会社の場合、実績や知名度・口コミなどをしっかり確認する必要があります。

信託保全があるか

万が一利用している海外FX会社が破綻した場合のことを考えて、信託保全がある海外FX会社を選びましょう!

信託保全とは、顧客の資産を信託会社に依頼し管理してもらい、万が一会社が倒産した際には信託会社や弁護士が顧客に資産を返還する制度です。

信託保全がない海外FX会社の場合、海外FX会社が倒産した際に顧客の資産は保護されないので注意が必要です!

日本語に対応しているか

海外FX会社を選ぶ際は日本人スタッフが在籍している、もしくは日本語が話せるスタッフが在籍していて、日本語でのサポートが受けれるところを選びましょう。

日本語に対応していない海外FX会社を選んでしまうと、困ったことやトラブルが発生した際にサポートを受けることができません。

口コミで悪い噂がないか

気になる海外FX会社があれば、SNSなどで口コミを調べてみましょう!

口コミが全て…ではありませんが、あまりにも悪い噂が多すぎる海外FX会社は何かしらの危険性がある可能性も。

しっかり下調べをして、納得してから口座開設へと進みましょう。

安全性が高く信頼できる海外FX会社ランキング

受付係, 電話の呼び出し, ホテル, レセプション, 女性, 男, 仕事, 注意

これから海外FX会社を利用したいけれど、どの海外FX会社を選べば安全か分からないという人のために、安心して取引できるおすすめ海外FX会社を〇つ紹介していきます。

今回紹介するのはTradeview Forex・FXGT・Exness・bigbossです。

以下の表では、それぞれの海外FX会社で安全性の指標となる項目を比較しています。

Tradeview ForexFXGTExnessbigboss
顧客の資産分別管理分別管理分別管理分別管理
信託保全ありありありあり
金融ライセンス取得難易度の高いケイマン諸島のライセンスセーシェル共和国のライセンスセーシェル共和国のライセンスを取得。運営母体は信頼度の高いライセンスを取得セントビンセント・グレナディーン諸島のライセンス
破綻した際の補償1顧客あたり35,000ドルまで補償最大1,000,000ユーロを補償記載なし記載なし

それぞれの海外FX会社について詳しく紹介していきます。

Tradeview Forex

Tradeview Forex
TF

4.0
Tradeview Forexは最大レバレッジが500倍でスプレッド幅も平均的なので、スタンダードな取引したい人におすすめの海外FX会社です。信頼度の高い金融ライセンスを取得し、万が一会社が破綻しても1顧客あたり35,000ドルまで補償するなど、安心して取引できます。

Tradeview Forexは、取得難易度の高いケイマン諸島の金融ライセンス(ライセンス番号:585163)を取得しています。

またTradeview Forexでは顧客の資産を分別管理しています。信託保全もあり、万が一会社が破綻しても1顧客あたり35,000ドルまで補償。

SNS上でも出金トラブルの報告がなく、安心して利用できる海外FX会社だと言えるでしょう。

Tradeview Forexで口座開設する
Tradeview Forexの詳細はコチラ

FXGT

FXGT
GT

4.2
FXGTはFX取引と仮想通貨取引の両方に対応しています。口座タイプが1種類のみでスプレッド幅は平均的なため、スタンダードな取引をしたい人に最適。これまで最大レバレッジが500倍でしたが2021年6月28日より最大レバレッジが1,000倍に引き上げられました!顧客向けに賠償責任保険を契約していて、万が一会社が破綻しても最大1,000,000ユーロが補償がされます。

FXGTではセーシェル共和国の金融ライセンス(ライセンス番号:SD019)を取得しています。

セーシェル共和国の金融ライセンスは比較的簡単に取得できるため、信頼度はそこまで高くありません。

しかしFXGTでは顧客の資産を世界各国の大手銀行にて分別管理。

さらに信託保全もあり、最大1,000,000ユーロを補償する顧客向けの賠償責任保険も契約しています。

万が一会社が破綻しても、顧客の資産は保護されるので安心して利用できます。

FXGTで口座開設する
FXGTの詳細はコチラ

Exness

Exness
Exness

4.1
Exnessは口座タイプによってレバレッジが無制限にかけれるため、とにかくハイレバレッジな取引したい人におすすめな海外FX会社です。またスプレッドが平均より狭いため、スキャルピングしたい人にも最適。運営母体が信頼度の高い金融ライセンスを2つ取得し、安全性を重視する人からの人気も高いです。

Exnessではセーシェル共和国の金融ライセンス(ライセンス番号:SD019)を取得しています。

セーシェル共和国の金融ライセンスは比較的簡単に取得できるため、信頼度はそこまで高くありません。

しかしExnessの運営母体が「ギプロス証券取引委員会」と「金融行動監視機構」のライセンスを取得。

ギプロス証券取引委員会と金融行動監視機構のライセンスは審査が厳しく取得難易度が高いため、信頼度がかなり高いライセンスだと言えます。

また顧客の資産は分別管理し、信託保全もあります。

会社が破綻した際の補償については明記されていないものの、運営母体の信頼度が高いことから安心して利用できる海外FX会社だと考えていいでしょう。

Exnessで口座開設する

Exnessの詳細はコチラ

bigboss

bigboss(ビッグボス)
ビッグボス

4.0
最大レバレッジが2021年4月1日より、555倍から999倍に引き上げられました。分別管理と信託保全の両方を採用しており安全性の高い取引所。上限50蔓延の段階的な入金ボーナスや取引毎にもらえるボーナスがあります。

bigbossはセントビンセント・グレナディーン諸島の金融ライセンス(ライセンス番号:FSP298526)を取得しています。

セントビンセント・グレナディーン諸島の金融ライセンスは比較的簡単に取得できるため、信頼度はそこまで高くありません。

またbigbossでは顧客の資産を信託銀行にて分別管理し、信託保全もあります。

会社が破綻した際の補償については明記されていませんが、信託保全があるため万が一会社が破綻しても資産は守られるでしょう。

bigbossで口座開設する

bigbossの詳細はコチラ

海外FXを上手に利用して利益を得よう!

海外FXがおすすめできない理由を見てみると、確かに海外FXにはリスクがあることが分かります。

しかし今回紹介したおすすめ海外FX会社のように、顧客の資産をしっかりと保護し安全に取引できる会社も存在します。

海外FXには国内FXには無い魅力がたくさんあるので「おすすめできない」という意見だけを聞いて利用しないのはもったいないです。

利用する海外FX会社をしっかり選び、利益はこまめに出金するなど自分でリスク管理を行うことで、海外FXでも安全に取引を行えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました