Tradeview Forexの口座開設方法・手順を5SETPで解説!

Tradeview Forexは取得している金融ライセンスの信頼度が高いことから、一般的な海外FX業者よりも入力するべき情報が多く、FX中上級者向けの海外FX業者です。

初めて海外FX業者の口座開設をする人はもちろんのこと、口座開設が簡単にできる海外FX業者しか使ったことない人にとって、Tradeview Forexはハードルが高いと感じるかもしれません。

Tradeview Forexが気になるけれど「ちゃんと口座開設できるか不安」という人のために、海外FX歴10年の海外FXマニア編集部が、Tradeview Forexの口座開設方法を図解付きで詳しく解説します。

今回の記事をしっかりと呼んで手順通りに進めれば、誰でもTradeview Forexの口座開設ができますよ。

Tradeview Forexとは?

Tradeview Forexは2004年に誕生した海外FX業者です。2016年に日本語のサービスを開始しました。

日本人の利用者・知名度は低いものの安全性が高く、取扱銘柄や利用できるプラットフォームが豊富なことから、FX取引中級者~上級者に注目されています。

ここではTradeview Forexがどのような海外FX業者なのか、メリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

早速登録したい方はコチラ!

Tradeview Forexを使うメリットについて

Tradeview Forexを使うメリットには以下のようなものがあります。

  • 取得している金融ライセンスの信頼度が高い
  • 仮想通貨取引ができる
  • 信託保全と補償制度がある
  • MT4・MT5以外のプラットフォームも使える
  • 日本語によるサポートに対応している

ここではTradeview Forexを使うメリットについて詳しく解説していきます。

金融ライセンスの信頼度が高い

Tradeview Forexはケイマン諸島の金融ライセンス(ライセンス番号:585163)を取得しています。

各国の金融ライセンスごとに取得難易度や信頼度は異なりますが、ケイマン諸島の金融ライセンスは審査が厳しく取得難易度が高いです。

ケイマン諸島の金融ライセンスは世界的に信頼度が高いことから、Tradeview Forexは信頼できる海外FX業者と考えていいでしょう。

海外FX業者の金融ライセンスについては以下の記事に詳しくまとめています。

信託保全と補償制度がある

Tradeview Forexでは顧客の資産を信託銀行にて分別管理しているので、顧客の資産がTradeview Forexの運営管理費に使われる心配がありません。

radeview Forexは信託保全制度も導入しているので、安心して取引することができます。

信託保全とは、顧客の資産を信託会社に依頼し管理してもらい、万が一会社が倒産した際には信託会社や弁護士が顧客に資産を返還する制度です。

さらに会社が破綻した場合は1顧客あたり35,000ドルまで補償してくれるので、初心者の人でも安心して取引を進めることができます。

入金方法が豊富

Tradeview Forexは入金方法が豊富で、以下の12種類の出金方法に対応しています。

  1. 銀行送金
  2. クレジットカード
  3. uphold
  4. bitpay
  5. payR
  6. STICPAY
  7. fasapay
  8. transfermate
  9. advcash
  10. paytyust
  11. bitwallet
  12. Tradeview

仮想通貨取引ができる

Tradeview Forexでは以下の4種類の仮想通貨取引に対応しています。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)

Tradeview Forexは仮想通貨取引もしたいと考えている人に最適です。

MT4・MT5以外のプラットフォームも使える

海外FX業者の多くが取引プラットフォームに「MT4」もしくは「MT5」を採用しています。

しかしTradeview Forexでは、MT4とMT5以外にもcTrader」や「Currenex」などの取引プラットフォームに対応しています。

日本語によるサポートに対応している

Tradeview Forexには日本人にスタッフが在籍しています。そのためTradeview Forexでは、日本語によるサポートにも対応しています。

Tradeview Forexへの問い合わせは「電話」「メール」「お問合せフォーム」の3種類から選んで行えます。

Tradeview Forexを使うデメリットについて

Tradeview Forexを使うデメリットには以下のようなものがあります。

  • ボーナスやキャンペーンがない
  • 出金方法が少ない
  • 最大レバレッジが500倍と低め

ここではTradeview Forexを使うデメリットについて詳しく解説していきます。

ボーナスやキャンペーンがない

Tradeview Forexには口座開設ボーナスや入金ボーナスなどの各種ボーナス、キャンペーンなどがありません。

ボーナスを受取りたい人は、口座開設ボーナスや入金ボーナスを提供している海外FX業者を利用しましょう。

口座開設ボーナスを提供している海外FX業者は以下で紹介しています。

入金ボーナスを提供している海外FX業者は以下で紹介しています。

出金方法が少ない

Tradeview Forexの出金方法は「銀行送金」と「bitwallet」の2種類のみです。

クレジットカードや仮想通貨などで出金したい人にはおすすめできません。

最大レバレッジが500倍と低め

Tradeview Forexの最大レバレッジは500倍で、海外FX業者にしては低めです。

Tradeview Forexは取得難易度の高い金融ライセンスを取得しているため、高すぎるレバレッジは提供できないのです。

Tradeview Forexの口座開設方法・手順を解説

ここではTradeview Forexの口座開設方法・手順ついて解説しています。

Tradeview Forexは取得している金融ライセンスの信頼度が高い分、他の海外FX業者よりも細かく個人情報を入力しなければなりません。

初めて海外FXの口座開設をする人でも分かりやすく図解付きで説明していくので、ひとつずつ進めていきましょう。

STEP1:Tradeview Forex公式サイトから新規口座開設をクリック

Tradeview Forexの口座開設をするためには、まずTradeview Forexの公式サイトにアクセスします。

Tradeview Forex公式サイトはコチラ

Tradeview Forex公式サイトにアクセスして画面の左上を見ると「Tradeview 為替」「Tradeview 株式」「Trade GA Tradeview TE Hub」「TV Prime」の4つのタブが確認できます。

ここが「Tradeview 為替」になっていることを確認したら、画面真ん中辺りにある「新規口座開設」をクリックしましょう。

STEP2:口座の種類を選ぶ

次に口座の種類を選ぶ画面へ移動します。

個人でFX取引する場合は左の「Tradeview個人口座」を、法人としてFX取引する場合は右側の「Tradeview法人口座」をクリックします。

今回は「Tradeview個人口座」を選び、口座開設の流れを解説していきます。

STEP3:個人情報を登録する

次に個人情報を入力するフォームに移動します。

入力する情報が多いので、項目ごとに画像と文章で解説していきます。

取引プラットフォームと通貨を選ぶ

まず取引プラットフォームと口座の通貨を選びます。どちらも好きなものを選んでください。

名前や生年月日などを入力する

次に名前や生年月日などを入力します。

  1. 苗字をローマ字で入力(例:山田→Yamada)
  2. 名前をローマ字で入力(例:太郎→Taro)
  3. あればミドルネームを入力
  4. 出生地を選択
  5. 生年月日を入力
  6. パスポート番号を入力
  7. パスポートの有効期限を入力
  8. 国籍を選択

居住地に関する情報を入力する

次に居住地に関する情報を入力します。

  1. 住んでいる国を選択
  2. 都道府県名をローマ字で入力(例:東京都→Tokyo-to)
  3. 市区町村をローマ字で入力(例:渋谷区代官山町→Shibuya-ku Daikanyamacho)
  4. 丁目・番地・号を入力(例:1丁目1番地1号→1-1-1)
  5. あればマンション名や部屋番号などを入力
  6. 郵便番号を半角英数で入力
  7. 電話番号を半角英数で入力
  8. メールアドレスを入力
  9. 性別を選択
  10. 既婚か未婚かを選択

米国市民権に関する情報を入力する

米国市民権・永住権に関して(a)(b)(c)の3つの項目があるので、自分に該当するものを選びましょう。

職業に関する情報を入力する

次に職業に関する情報を入力します。

「会社員」「自営業」「退職」「無職」から現在の自分の職業に合うものを選び、年間所得も選んでください。

選んだ職業ごとに、それぞれ指定された情報を入力します。「退職」だけは入力が不要です。

まず会社員を選んだ場合、職種や勤務形態、勤務先の情報を入力します。

自営業を選んだ場合は、業務形態や業界を選び、会社情報を入力します。

無職の場合、投資に使うお金をどこから調達するのか入力します

純資産に関する情報を入力する

次に純資産に関する情報を入力します。

自分の「年収」「おおよその純資産」「投資予定金額」に該当するものを選んでください。

収入源に関する情報を入力する

次に収入源に関する情報を入力します。

まず投資に使うお金をどこから調達するのか、その収入源として該当するものを選びます。

米国市民権・永住権に関しては追加書類を提出できる場合はチェックをいれます。

最後に破産した経験の有無を選んでください。

投資の経験を入力する

次に「株式」「為替・CFD・貴金属」「商品」「先物」「オプション」「投資信託」それぞれの投資経験を入力してください。

その他の情報を入力する

最後にその他の情報を入力します。

  1. 年間投資予定額を選択
  2. 口座を開設する目的を選択する
  3. 口座を管理する人を選択する
  4. 紹介者の名前をローマ字・半角英数で入力する
  5. Tradeview Forexの担当者や紹介ブローカーから連絡を受けた場合担当者名を入力する

STEP4:本人確認書類をアップロードする

STEP4では、本人確認書類と住所確認書類をアップロードします。

  1. 提出する本人確認書類を「パスポート」「運転免許証」「身分証明書」「マイナンバーカード」から選びアップロードする
  2. 提出する本人確認書類が発行された国を選ぶ
  3. 現住所確認書類(3か月以内発行の住民票・公共料金の請求書 ・銀行明細書など)をアップロードする

STEP5:署名をして口座開設完了

最後に大きな四角枠部分にマウスを使って、自分の名前をローマ字で書きます。

左下にあるチェックボックスにチェックを入れたら、右側の「送信する」をクリックしてください。

これでTradeview Forexの口座開設は完了です。

Tradeview Forex口座開設のまとめ

Tradeview Forexは個人情報や投資の経験、米国市民権・永住権に関してなど、口座開設するためにさまざまな情報を入力しなければなりません。

手順の多さに苦手意識を持ってしまうかもしれませんが、ひとつずつ進めていけばちゃんと口座開設できます。

Tradeview Forexは顧客の資金を安全に保護・管理し。万が一のときの賠償保険にも加入しています。

できるだけ安全な環境で取引したいと考える人にTradeview Forexはぜひおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です