画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

CFD取引とは?海外FXでCFD取引するメリット・デメリットを解説

海外FX知識

CFD取引というのは、海外FXで取引できる商品のひとつです。日経225やNYダウ、金や石油などに加え海外FX会社によっては株式や仮想通貨の取引も可能です。

今回はCFD取引とは何か、商品の種類など詳しく紹介します。また海外FXでCFD取引をするメリット・デメリットについても解説していきます。

CFD取引とは?FXもCFD取引のひとつ

占星術, クロック, シルエット, 男, 抱擁, 懐中時計, 運動, 預言

CFD(Contract For Difference)は「差金決済取引」と呼ばれています。CFDでは金や石油など様々な商品を取引しますが、実際に商品を所有することはありません。

CFDで利益を得る仕組みは以下の通りです。

金を200円で購入し価格が500円に上がった時に売る。この差額300円が利益となる

反対に金を200円で購入し価格が100円に下がった場合、差額の100円が損失となります。

FX(外国為替証拠金取引)も2ヶ国間の通貨の価格差を利益とする取引であり、CFD取引のひとつです。

海外FX会社で取引できるCFD商品

ビジネス, ビジネスの男性, 新聞, 男, 実業家, ニュース, 男性, 人

海外FXでは複数のCFD商品を取り扱っています。ここでは海外FXで一般的に取り扱いのあるCFD商品を紹介します。

暗号資産CFD

暗号資産CFDとは、近年話題となっている仮想通貨です。取引できる主流の暗号資産には以下のようなものがあります。

  • ビットコイン(XBT)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

仮想通貨取引に興味がある人は、暗号資産CFDを取り扱っている海外FX会社を選びましょう。

株式CFD

株式CFDでは有名な企業の個別株式を購入でき、個別株や外国株CFDとも呼ばれています。

一般的な株式購入では基本的に1,000株単位で購入します。しかし株式CFDの場合は、1株単位で取引可能。

そのため株式CFDは、投資資金が少ない人でも取引できます。

株価指数CFD

株価指数CFD取引とは、株式CFDのように企業の個別株式を購入するものではありません。

株価指数CFD取引では、取引所や銘柄グループの動きを指数化した「株価指数」を取引します。

例えば日本の株価指数CFDは、東証一部に上場している銘柄225種類の価格から出した平均株価である日経平均株価(日経225)です。

このように国の代表的な株価指数CFDは、それぞれの国の景気を計る上で大切なデータとなっています。

株価指数CFD取引には以下のようなものがあります。

  • 日経平均株価(日経225)
  • TOPIX(東京一部)
  • ダウ工業株30(US30Cash)
  • 上海A50(SSE50A)
  • 米国SPX500(S&P500)
  • ナスダック100(US100Cash)

これ以外にも複数の国の株価指数CFDが存在します。株価指数CFDは24時間ほとんど取引できるメリットがあります。

商品CFD(コモディティ)

商品CFDはコモディティとも呼ばれていて、貴金属・エネルギー・農産物が取引の対象です。

貴金属・エネルギー・農産物それぞれの詳しい商品内容は以下の通りです。

貴金属エネルギー農産物
詳しい商品
  • 金(GOLD)
  • 銀(SILVER)
  • 白銀(プラチナ)
  • パラジウム
  • 原油
  • 天然ガス
  • コーヒー
  • コットン
  • 小麦
  • 砂糖
  • コーン
  • 大豆など

商品CFDは値動きが大きいのでリスクが高いですが、上手く取引できれば大きな利益も狙えるため人気があります。

債権CFD

債権CFDとは国の国債のことです。

国の国債を購入することで各国の政府に資金を貸し付け、その利子を利益として受け取ります。

主要な債権には以下のようなものがあります。

  • 米国10年国債
  • ユーロ債
  • 英国債(ギルド債)

債権CFDを取り扱っている海外FX会社はあまり多くありません。

海外FXでCFD取引するメリットについて

起業家, アイデア, 能力, ビジョン, ターゲット, マーケティング, 計画

海外FXでCFD取引するメリットには「高いレバレッジをかけた取引ができる」「ゼロカットシステムで追証が発生しない」「ボーナスを使って取引できる」という3つのメリットがあります。

ここでは海外FXでCFD取引するメリットについて詳しく解説していきます。

FX取引と同じくレバレッジをかけて取引できる

海外FX会社でCFD取引をする場合、FX取引と同じように高いレバレッジをかけた取引ができます。

有名海外FX会社であるXMTradingにおいて、CFD取引にかけれるレバレッジは以下の通りです。

  • 商品CFD(コモディティ):50倍
  • 株価指数(現物):10~200倍
  • 株価指数(先物):100倍(日経225は200倍)
  • エネルギー:33.3倍~66.7倍
  • 貴金属(プラチナ・パラジウム):22.2倍
  • 貴金属(ゴールド・シルバー):888倍(ゼロ口座は500倍)

このようにXMTradingではCFDにかけれる最大レバレッジは888倍となっています。

国内FXではCFD商品にかけれるレバレッジが最大20倍なので、国内FXよりも高いレバレッジをかけたい人は海外FXでCFD取引を行いましょう!

ゼロカットシステムにより追証が発生しない

FX取引ではレートが急激に変動することがあります。レートが急激に変動すると強制ロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失が発生し口座残高がマイナスになることも。

国内FXではマイナスがは発生すると、マイナス分の金額(追証)を入金しなければなりません。

しかし海外FX会社の多くが「ゼロカットシステム」を採用。ゼロカットシステムを採用することで口座がマイナスになっても「ゼロ」にリセットされ、顧客がマイナス分を入金する必要がありません。

このゼロカットシステムはCFD取引にも適用されるため、安心して取引できます。

ボーナスを使って取引できる

海外FXでは、ボーナスを使ってCFD取引ができます。

海外FXでは「口座開設ボーナス」や「入金ボーナス」を受け取ることができます。

受け取ったボーナスは取引する際の証拠金として使うことができ、資金が少ない初心者にとってはありがたい制度です。

海外FXでCFD取引するデメリットについて

以下の, 開発, 障害が発生, キャリア, 履歴書, 生活の方法, 低迷

海外FXでCFD取引するメリットについて紹介しましたが、海外FXで取引するデメリットもあります。

ここでは海外FXでCFD取引するデメリットについて詳しく解説していきます。

デメリットをしっかり理解した上でCFD取引をしましょう!

優良海外FX会社を選ばなければ安全性に不安が残る

海外FX会社には安全性・信頼性に欠けるところもあります。あまりに安全性が低い海外FX会社を選んでしまうと、出金トラブルや詐欺にあう可能性も。

そのため海外FXで安心してCFD取引をしたいのであれば、優良な海外FX会社を選びましょう。

安全な海外FX会社を選ぶポイントは以下の通りです。

  1. 知名度が高く利用者が多いか
  2. 金融ライセンスを取得しているかどうか
  3. 信託保全があるか
  4. 日本語に対応しているか
  5. 口コミで悪い噂がないか

詳しくは以下の記事にまとめているのでご覧ください。

国内FXよりスプレッド幅が広い

海外FXは国内FXよりCFD取引のスプレッド幅が大きいというデメリットがあります。

海外FXと国内FXのCFD取引におけるスプレッド幅を、GMOクリック証券とXMTradingで比較してみました。

国内FX(GMOクリック証券)海外FX(XMTrading)
日経2253~7最低スプレッド24
NYダウ3~6最低スプレッド6

このように海外FXの方がCFD取引のスプレッド幅が大きいことが分かります。

おすすめ海外FX会社8社の取扱いCFD商品数とレバレッジ

地金, ゴールド, バー, 金の延べ棒, 通貨, 富, ファイナンス

当サイトでおすすめしている海外FX会社8社取扱いCFD商品数と最大レバレッジを表にしました。

CFD取扱商品数最大レバレッジ特徴口座開設
XMTrading47種類888倍取扱商品数が多い口座開設する
Gemforex12種類1,000倍高額ボーナスで取引できる口座開設する
IS6FX11種類1,000倍最大レバレッジが高い口座開設する
FXGT84種類1,000倍仮想通貨や株式も取り扱っている口座開設する
Exness100種類無制限仮想通貨や株式も取り扱っている口座開設する
Tradeview Forex16種類500倍仮想通貨を取り扱っている口座開設する
bigboss18種類999倍仮想通貨を取り扱っている口座開設する
LAND-FX22種類500倍取扱商品数もレバレッジも平均的口座開設する

高いレバレッジをかけてCFD取引したい人はIS6FXもしくはXMTradingがおすすめ。

仮想通貨を取引したいのであればFXGT・Exness・Tradeview Forex・bigbossを選びましょう。

株式も取引したいならFXGTもしくはExnessを選びましょう。

海外FXでCFD取引に挑戦してみよう!

男, フィギュア, おもちゃ, 楽しみを突く, ブレード, お金, ユーロ

海外FXでCFD取引をすれば、レートの急激な変動が起きても入金額以上の損失は発生しません。

また国内FXよりもCFD取引にかけれるレバレッジが高いため、少額で大きい取引も可能となっています。

初めてCFD取引をするという人は、ぜひ海外FXで行ってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました