【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

海外FXで必須のbitwallet(ビットウォレット)の開設方法を徹底解説

海外FXをしている人であれば、bitwallet(ビットウォレット)という言葉を一度は目にしたことがあるでしょう。

bitwalletは世界で使えるとても便利なオンラインウォレットです。bitwalletは海外FXの入出金方法としても人気が高く、多くの人が利用しています。

今回はbitwalletがどのようなサービスなのか、特徴や安全性・口座開設方法など詳しく解説していきます。

海外FXで必須のbitwalletの口座開設する方法を解説

ここではbitwalletの口座開設方法を解説していきます。まずはbitwalletの公式サイトへアクセスしましょう。

bitwallet公式サイトのトップページ右上もしくは真ん中あたりにある「新規ウォレット解説」を押します。次の画面では、居住国を選択しメールアドレスを入力して「次へ進む」を押します。

希望のアカウントタイプを選択し「次へ進む」を押します。

確認画面へ移動します。居住国とメールアドレスに間違いなければ「私はロボットではありません」にチェックを入れ「登録する」を押します。

これ以降の流れは以下の通りです。

  1. 登録したメールアドレスにメールが届くので1時間以内にメールに記載されたURLをクリックする
  2. 入力フォームへ移動するので名前や電話番号などの個人情報を入力する
  3. 登録メールアドレスにマイページへのログイン情報が届くので、それを元にマイページにログインする
  4. 本人確認書類を提出する

通常営業日であれば30分程度で本人確認が確認し、口座開設が完了します。

本人確認資料の提出について

bitwalletでは顔写真付き本人確認資料・IDセルフィ―・現住所確認書類の3つを提出します。

顔写真付き本人確認資料

顔写真付き本人確認資料に利用できるのは以下の書類となっています。

  • 運転免許証・運転経歴証明書の裏表
  • パスポートの顔写真および署名のあるページ
  • マイナンバーカードの裏表

IDセルフィ―

IDセルフィーとは、撮影時に画面に表示される認証用コード・日付を書いた紙・顔写真付き本人確認資料を持って自分自身を撮影し提出することをいいます。

撮影する際は以下の画像を参考にしてください。

現住所確認書類

現住所確認書類で利用できる書類は以下のようなものがあります。

  • 公共料金の請求書・領収証(電気・都市ガス・水道・NHKのいずれか一つ)
  • 各種銀行・クレジットカード会社の利用明細書・請求書
  • 6ヶ月以内に発行した住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの)
  • 印鑑登録証明書
  • 健康保険被保険者証(公付日が6ヶ月以内かつ現住所が印字されているもの)

そもそもbitwallet(ビットウォレット)とは?

bitwalletは、世界200ヶ国で使うことができるオンラインウォレットです。

ユーザー間で送金ができたり、海外FXの入出金に使えるなどとても便利なサーバーとなっています。ここではbitwalletの特徴について紹介します。

様々な入金方法に対応している

bitwalletでは以下のような入金方法に対応しています。

  • 6種類のクレジット/デビットカード
  • 日本とその他海外の銀行
  • 各種オンラインウォレット

クレジット/デビットカードやオンラインウォレットなど、システムにて本人性が担保されている方法であれば、リアルタイムでbitwallet口座に資金が入金されます。

銀行入金の場合、bitwallet運営会社の銀行口座に資金が到着してから15分以内に資金の到着が顧客に通知され入金されます。

24時間以内に指定の銀行口座へ出金される

bitwalletでは、顧客から米ドル・日本円・欧州ユーロ・豪ドルの出金リクエストに対し、24時間以内に出金手続きを行います。

できるだけ早く資金を受け取りたい人にbitwalletはおすすめです。

bitwallet同士の送金が簡単でリーズナブル

bitwalletでは、bitwallet口座を持っている人同士で米ドル・日本円・欧州ユーロ・豪ドルの送金・送付ができます。送金は24時間365日リアルタイムで行われます。
送金手数料は驚きのワンコインで、日本円だと100円で可能となっています。

各国の通貨に優遇レートで両替できる

bitwalletでは、米ドル・日本円・欧州ユーロ・豪ドルの4通貨を有利なレートで両替することができます。

bitwalletを使って両替することで、銀行手数料などの無駄な費用が発生しません。また24時間リアルタイムでの両替が可能となっています。

bitwallet(ビットウォレット)の安全性について

bitwalletは大切な資産を預ける場所ですから、安全性が高いかどうかはとても気になるポイントです。

ここではbitwalletが安全性を高めるために行っている対策方法について詳しく紹介していきます。

顧客の資産を安全に管理している

bitwalletでは顧客の資産を守るために、bitwalletの運用資産と顧客の資産を分けて管理する分別管理を行っています。

また顧客の資産が第三者に不正に送金されるのを防ぐために、秘密鍵をネットワークから切り離したコールドウォレットで保管しています。

しかしコールドウォレットで秘密鍵を保管していても、完璧に秘密鍵を守れるわけではありません。

そこでbitwalletはコールドウォレットで保管に加えて、秘密鍵を複数に分散して保管・運用するマルシングも採用。

マルシングを採用することで、万が一秘密鍵が1つ盗まれたとしても秘密鍵の漏洩を防ぐことができます。

このようにコールドウォレットとマルシングを兼ね備えることで、bitwalletは顧客の資産が流出するのを防いでいます。

暗号技術やファイアウオールを導入

bitwalletでは、WebブラウザとWebサーバー間でのデーター通信を暗号化して送受信する仕組み「SSL」を導入しています。

SSLを導入することでbitwallet公式サイトの信頼度は高まります。

また、ウイルスやハッキングなどの攻撃からネットワークやコンピューターを守るソフトウェア「ファイアウオール」も導入。

さらにサービスを妨害するDoS攻撃から守るための「IP Anycast」やネットワークへの不正な侵入を検知する「侵入検知システム」、ファイアーウォールだけではな防げない脅威から守るも導入。

様々なソフトウエアを導入することで、あらゆる脅威からネットワークやコンピューターを守っています。

個人情報をしっかり保護している

bitwalletでは顧客の個人情報をしっかり保護するために、以下のような対策を取っています。

  • パスワードの強度
  • アカウントロック
  • 2段階認証による承認セキュリティの強化
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト

このように複数の対策を取ることで、悪意のある第三者から個人情報を盗まれ悪用されないように努めています。

bitwallet(ビットウォレット)の手数料について

bitwalletで入金・出金・送金するには、それぞれ手数料がかかります。ここではbitwalletを利用する際にかかる手数料について詳しく解説していきます。

bitwallet(ビットウォレット)の入金手数料

bitwalletの入金手数料は以下の通りです。

入金方法 入金手数料
クレジット/デビットカード(VISA・Master) 入金額の8%
クレジット/デビットカード(その他のブランド) 入金額の8.5%
銀行振込 入金額の0.5%

この他、銀行振込手数料・中継銀行手数料などがかかります。

bitwallet(ビットウォレット)の出金手数料

bitwalletの出金手数料は以下の通りです。

出金方法 出金手数料
銀行振込(日本) 824円
銀行振込(その他海外) 4,800円+1%

銀行口座によってはリフティングチャージや中継銀行手数料などがかかることがあります。

bitwallet(ビットウォレット)ユーザー間の送金手数料

bitwalletユーザー同士の送金手数料は以下の通りです。

送金方法 送金手数料
bitwallet 100円

日本円以外の米ドル・欧州ユーロ・豪ドルも、全てワンコインで送金が可能となっています。

bitwallet(ビットウォレット)は海外FXの入出金方法で人気

bitwalletは海外FXの入出金方法としても人気があります。

ここでは海外FXの入出金方法にbitwalletを使うメリットや、おすすめの海外FX業者8社のbitwallet対応状況について紹介します。

bitwallet(ビットウォレット)を海外FXで使うメリットは?

海外FXの入出金方法としてbitwalletを使うメリットは、入出金手数料を安く抑えられるということです。

またbitwalletに対応した海外FX業者間で、資金移動をスムーズに行うことができるのもメリットです。

海外FX業者間の資金移動を銀行を利用してすると、時間も手数料もかかってしまいます。

bitwalletを使うと海外FX業者からbitwalletへの出金も、bitwalletから海外FX業者への入金もスピーディーに完了し、手数料も安く抑えることができます。

複数の海外FX業者を利用していて、資金の出し入れを頻繁に行う人にbitwalletはおすすめです。

またbitwalletは、VISAやMasterCardだけでなくJCB・アメックス・ダイナースなど複数ブランドのクレジットカードに対応。

そのためクレジットカードの対応ブランドが少ない海外FX業者でも、bitwalletを利用すれば希望ブランドのクレジットカードを使った入出金が可能となります。

おすすめ海外FX業者のbitwallet(ビットウォレット)対応状況

ここでは当サイトが日本人におすすめする海外FX業者それぞれが、bitwalletによる入出金に対応しているかを紹介します。

bitwalletを使って資金を入出金したいと考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

bitwalletによる入金 bitwalletによる出金
XM
GEMFOREX
FXGT
Exness
IS6FX × ×
Tradeview Forex
Bigboss × ×
LAND-FX × ×

XMは入出金ともにbitwalletに対応している

XMでは入金・出金ともにbitwalletに対応しています。bitwalletによる入出金は手数料無料。さらにスピーディーに入出金が完了します。

XMには入出金の方法が同一でなければならないというルールがあります。bitwalletで出金できるのはbitwalletで入金した合計金額までとなっています。
bitwallet以外の方法で入金した場合、bitwalletでの出金はできないので注意が必要です。

GEMFOREXは入出金ともにbitwalletに対応している

GEMFOREXは入金・出金ともにbitwalletに対応しています。bitwalletによる入金は手数料無料です。最低入金額10,000円で即時に入金処理が行われます。

bitwalletによる出金は手数料無料です。最低出金額1円で1営業日~3営業日で反映されます。GEMFOREXでは現在、メンテナンス中によりbitwalletでの入出金ができません。

FXGTは入出金ともにbitwalletに対応している

FXGTは入金・出金ともにbitwalletに対応しています。bitwalletによる入金は手数料無料です。最低入金額は10ドルで即時に反映されます。

bitwalletによる出金は手数料無料です。最低出金額は10ドルで48時間以内に出金処理が完了します。

Exnessは入出金ともにbitwalletに対応している

Exnessは入金・出金ともにbitwalletに対応しています。

bitwalletによる入金は手数料無料です。最低入金額は2ドルで即時に反映されます。bitwalletによる出金は手数料無料です。最低入金額は2ドルで即時に反映されます。

IS6FXはbitwalletに対応していない

IS6FXでは残念ながらbitwalletによる入出金には対応していません。

IS6FXの入金方法はクレジットカードと銀行送金、出金方法は銀行送金のみとなっています。

Tradeview Forexは入出金ともにbitwalletに対応している

Tradeview Forexは入金・出金ともにbitwalletに対応しています。bitwalletによる入金・出金は手数料無料です。

Bigbossはbitwalletに対応していない

Bigbossでは残念ながらbitwalletによる入出金には対応していません。

Bigbossの入金方法はクレジットカード・銀行送金・ビットコイン、出金方法は銀行送金のみとなっています。

LAND-FXはbitwalletに対応していない

LAND-FXでは残念ながらbitwalletによる入出金には対応していません。その代わりLAND-FXでは同じくオンラインウォレットのSTICPAYに対応しています。

海外FXの入出金はbitwalletを活用してみよう!

今回bitwalletについて詳しく解説していきました。今後海外FX業者を利用しようと考えている人は、bitwalletの口座を持っていると何かと便利です。

bitwalletで海外FXの入出金をスムーズに行いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。