【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

海外FXの取引ツール「cTrader(シートレーダー)」とは?

MT4やMT5を使っているけれど、cTrader(シートレーダー)という取引プラットフォームのことが気になっている人はいませんか?

cTrader(シートレーダー)もMT4やMT5と同じFX取引をするためのプラットフォームですが、MT4やMT5よりも優れた点がいくつかあります。

本記事ではcTrader(シートレーダー)とは何か、特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説しています

海外FXの取引ツールcTrader(シートレーダー)とは?

海外FX取引をする際に使う取引プラットフォームは「MT4」もしくは「MT5」が有名です。

しかし優秀な取引プラットフォームのひとつに「cTrader(シートレーダー)」があります。

cTraderは世界中のトレーダーから人気!

cTraderは、2011年にイギリスのSpotware System(スポットウェアシステム社)がリリースして以来、世界中ではMT4やMT5に負けないくらいの人気を誇っています。

実際にcTraderは2018年に開催された『Finance Magnates 2018 Awards』における『FXトレードプラットフォーム部門』で最優秀賞を受賞。

さらには『パーソンオブザイヤー賞』や『ベストパブリックプラットフォーム賞』も獲得するなど、その実力を業界からも認められていることが分かります。

cTraderはECN方式を採用している

cTraderは「ECN方式」を採用した取引プラットフォームです。

ECN方式とは、トレーダーの注文が海外FX業者を経由せず、注文が大量に集まる場所「インターバンクへ直接流されるというものです。

ECN方式最大のメリットは、海外FX業者などの第三者を間に挟まないため透明性が高いことです。

ECN方式を採用したECN口座の仕組みやメリット・デメリットについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。

海外FXのECN口座の仕組みは?STP方式との違いについても解説

cTraderとMT4の違いを徹底比較!

cTraderとMT4の違いについて、表を使って徹底比較してみました。

cTrader MT4
取引方式 ECN方式 STP方式・ECN方式
操作性 ビジュアルが綺麗で初心者でも直感的に操作できる 人によっては操作し辛い
約定拒否 なし 業者によってはあり
取引制限 なし 業者によってはあり
板情報 閲覧できる 閲覧できない
ワンクリック注文・決済機能 あり(多数の決済機能に対応) なし(複数のポジションは11つずつ決済)
EA
  • プログラム言語「cAlgo」で作成する
  • 対応するEAの数が少ない
  • 情報が少なく上級者向け
  • プログラム言語「MQL4」で作成する
  • 対応するEAの数が多い
  • 情報が多く初心者向け
インジケーター 少ない 多い
情報 分かりやすい 分かりにくい
対応デバイス
  • Windows
  • Mac
  • スマホ(iOS・Android)
  • タブレット
  • Windows
  • Mac
  • スマホ(iOS・Android)
  • タブレット

cTraderはどちらかというと裁量トレード向けの取引プラットフォームです。EAの数は少ないので、自動売買メインに使うのはおすすめできません。

MT4は対応しているEAの数も多いので、自動売買メインに使う人も多いです。

cTraderの7つのメリットについて

cTraderには以下の7つのメリットがあります。

  1. スプレッドが狭い
  2. 約定拒否(リクオート)や取引制限がない
  3. 複数のポジションを同時に決済できる
  4. 板情報が見れるので簡単に価格確認できる
  5. 1クリック注文とダブルクリック注文の設定変更が簡単
  6. 日本語や日本時間への変更が簡単
  7. 予定損益の確認が可能

それぞれひとつずつ見ていきましょう!

1.スプレッドが狭い

最初にも解説しましたが、cTraderはECN方式を採用しているので、注文が大量に集まる場所「インターバンク」から直接レートを提示します。

そのためcTraderでは、スプレッド0.0pipsを提供できるのです。

しかしcTraderはスプレッドと別に手数料は差し引かれます。とはいえ、スプレッドと手数料を分けたとしても、MT4やMT5よりコストが安くなっています。

またcTraderはスプレッドと手数料を分けることで、安全性の高さや透明性の高さに優れています。

2.約定拒否・リクオート・取引制限がない

MT4は、利用する海外FX業者によっては約定拒否やリクオート、取引制限が発生することがあります。

MEMO
リクオートとは注文価格で約定されずに、利用している海外FX業者が提示する価格で約定されることをいいます

しかしcTraderには、約定拒否・リクオート・取引制限がありません。

またcTraderは約定スピードが非常に高く、素早い取引が可能となっています。

3.複数のポジションを同時に決済できる

MT4やMT5では複数のポジションを同時決済できないので、ひとつずつ決済しなければなりません。

そのためMT4やMT5では、大きく価格が変動した際に全てのポジションを決済しようと思ったときに、決済するのが遅れて損失が増えてしまう可能背があります。

一方でcTraderは複数のポジションを同時に決済できるので、大きく価格が動いたときも一瞬で決済できます。

4.板情報が見れるので簡単に価格確認できる

「板情報」では、どの価格で・どれくらいの売買注文が出ているかをパッと見て確認できるグラフのようなものをいいます。

MT4やMT5では板情報は確認できません。一方でcTraderでは、以下の3種類の板情報が確認できます。

  1. VWAP DoM板情報
  2. Standard DoM板情報
  3. Price DoM板情報

上記3種類の板情報は、ワンクリックで切り替えができとても便利です。

5.ワンクリック注文とダブルクリック注文の設定変更が簡単

cTraderではワンクリックで注文ができます。

ワンクリック注文に関してはMT4やMT5も対応していますが、MT4やMT5ではダブルクリック注文に切り替えるの操作が大変です。

しかしcTraderの場合は、ワンクリック注文をダブルクリック注文の切り替えが簡単です。

ワンクリック注文は便利ですが注文間違えもしやすいので、慣れていないうちはダブルクリック注文にしておくことをおすすめします。

6.日本語や日本時間への変更が簡単

MT4やMT5は日本語表記ですが、時間が日本時間ではありません。

MT4やMT5を日本時間にするためには、インジケーターを見つけてダウンロードして設定しなければならないので、やや手間がかかります。

一方でcTraderであれば、cTrader内の設定から簡単に日本時間への変更が可能となっています。

7.予定損益の確認が可能

MT4やMT5では予定損益が確認できません。

しかしcTraderは予定損益の確認ができるので、損切・追加注文の判断が素早くできるようになっています。

決済する前にどくれくらいの利益・損失があるか分かるので、初心者にも嬉しい機能ではないでしょうか。

cTraderの3つのデメリットについて

cTraderには以下の3つのデメリットがあります。

  • EA少なく使いづらい
  • cTraderを導入している海外FX業者が少ない
  • インジケーターが少ない

ここではcTraderのデメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.自動売買の種類が少なくて使いづらい

MT4やMT5では「EA」と呼ばれる自動売買システムが使えます。

特にMT4では使えるEAの数が多く、自動売買で稼ぎたい人に最適の取引プラットフォームです。

またEAに関する情報はネット上にも非常に多いので、初心者の人でも問題なく導入できるでしょう。

一方cTraderでは「cAlgo」と呼ばれる自動売買ツールが使えます。

cAlgoには日本語の解説がないので、英語が分からない人にとっては導入するのが難しいかもしれません。

またcAlgoは、EAのように販売・配布されている数が少ないのもデメリットだと言えます。

2.cTraderを導入している海外FX業者が少ない

多くの海外FX業者がMT4やMT5を導入していますが、cTraderを導入している海外FX業者はまだまだ少ないです。

当サイトで紹介している海外FX業者の中では「Tradeview Forex(トレードビューフォレックス)」のみがcTraderを導入しています。

人気の高い海外FX業者「XM」や「GEMFOREX」などでは、残念ながらcTraderは使えません。

3.インジケーターが少ない

MT4やMT5では標準装備されているインジケーターに加えて、ネット上で配布・販売されているインジケーターを導入できます。

しかしcTraderでは標準装備されているインジケーターしか使えません。

ネット上からダウンロードして使うことはできないので注意が必要です。

cTraderを導入しているTradeview Forexについて

Tradeview Forex(トレードビューフォレックス)は、当サイトがおすすめする海外FX業者9社の中で唯一、cTraderを搭載しています。

 
総合評価
(5.0)
世界的に信頼度の高い金融ライセンスを取得し安全性の高い海外FX業者です。MT4とMT5以外の取引ツールが使えるのもポイント!口座開設に時間がかかる・ボーナス制度がないなど、初心者よりは中級~上級者向けです。

Tradeview Forex公式サイトはコチラ

Tradeview Forex詳細ページはコチラ

最大レバレッジ 金融ライセンス 信託保全 ボーナス
500倍 ケイマン諸島 あり なし
日本語サポート 主要通貨スプレッド 取引ツール ゼロカット
あり 2.0 pips MT4/MT5/cTrader/Currenex あり

Tradeview Forexについて詳しく紹介していきます。

4つの取引ツールに対応している

Tradeview Forexでは以下の4つの取引ツールに対応しています。

  • MT4
  • MT5
  • cTrader
  • Currenex 

cTrader以外にも有名なMT4やMT5に加えて、Currenexという取引ツールにも対応しています。

安全性が高い

Tradeview Forexでは、10,000社以上の金融機関を監視していて、取得難易度の高いケイマン諸島の金融ライセンスを取得しています。

つまりケイマン諸島ケイマン諸島の金融ライセンスは、世界的に信頼度の高い金融ライセンスとなっています。

さらにTradeview Forexでは信託保全もあるので、顧客の資産を信託銀行にて管理。

会社が破綻した場合は1顧客あたり35,000ドルまで補償してくれるなど、非常に安全性が高い業者だと言えます。

cTraderを使った取引にも挑戦してみよう!

海外FX初心者の人はMT4やMT5を使うことでしょう。

しかしcTraderもとても優れた取引プラットフォームです。FX取引に慣れてきたら、ぜひcTraderを使った取引にも挑戦してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。