画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

みんながメインで使っている海外FX会社は?それぞれのメリット・メリットを紹介

海外FX会社ランキング&比較

海外FX会社にはさまざまな種類がありますが、初心者の人はどこの海外FX会社をメインに使えばいいか分からないでしょう。

今回はみんながメインで使っている海外FX会社をランキング形式で紹介していきます。

それぞれの海外FX会社のメリットだけでなくデメリットも解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. 1.初心者はXMTradingを選べば間違いなし!
    1. XMTradingのメリットについて
      1. 利用者が多いため情報量が多い
      2. 日本語によるサポート体制が万全
      3. 約定力が高い
      4. 最大レバレッジが888倍
      5. 口座開設ボーナスがもらえる
      6. 入金ボーナスがもらえる
      7. 取引する度にXMTradingポイントが貯まる
    2. XMTradingのデメリット
      1. 金融ライセンスの信頼度はそこまで高くない
      2. 信託保全がない
      3. 口座開設ボーナスの金額が低い
  2. 2.自己資金が少ないならGemforex!スキャルピングにも最適
    1. Gemforexのメリット
      1. 口座開設ボーナスの金額が高い
      2. 入金ボーナスが魅力的
      3. 日本語によるサポート体制が整っている
      4. スプレッド幅が平均より狭い
      5. 最大レバレッジが1,000倍と高い
      6. 入金方法が豊富である
      7. 自動売買ソフト(EA)やミラートレードが使い放題
    2. Gemforexのデメリット
      1. 取得している金融ライセンスの信頼度はそこまで高くない
      2. 信託保全がない
      3. 約定力はXMTradingより劣る
  3. 3.今後が期待できるIS6FX
    1. IS6FXのメリット
      1. 会社の透明性が高い
      2. 日本語によるサポート体制が整っている
      3. ボーナスが充実している
    2. IS6FXのデメリット
      1. 取引制限が多め
      2. 金融ライセンスの信頼度が低い
      3. 信託保全がない
      4. 入出金方法が少ない
  4. 4.安全性を重視するならTradeview Forex
    1. Tradeview Forexのメリット
      1. 信頼度の高い金融ライセンスを取得している
      2. 信託保全や補償制度がある
      3. 入金方法が豊富
      4. 仮想通貨取引もできる
    2. Tradeview Forexのデメリット
      1. 海外FXにしては最大レバレッジが500倍と低め
      2. ボーナスがない
  5. 自分の資金力やスタイルに合った海外FX会社をメインに選ぼう!

1.初心者はXMTradingを選べば間違いなし!

どこの海外FX会社をメインに選べばいいか分からない人や特にこだわりがない人は、XMTradingを選べば間違いありません。

ここではXMTradingの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

XMTradingのメリットについて

XMTradingは初心者にもトレード上級者にもメリットの多い海外FX会社です。ここではXMTradingのメリットについてひとつずつ詳しく解説していきます。

利用者が多いため情報量が多い

XMTradingは世界中で100万人以上の人が利用している、海外FX業界最大手と言える海外FX会社です。

初心者だけでなくプロのトレーダーでもXMTradingを利用している人は多いです。

世界中で利用者が多いXMTradingは、ネット上に載っている情報量もかなり多くなっています。

そのためXMTradingを利用していて分からないことや困ったことがあっても、ネットで検索すれば簡単に解説策を見つけられるでしょう。

海外FX会社を使うこと自体に不安を感じている人も、XMTradingであれば安心して利用できますよ。

日本語によるサポート体制が万全

XMTradingでは英語だけでなく、以下の複数の言語に対応しています。

日本語・英語・中国語・マレーシア語・ロシア語・韓国語・チベット語・フィリピン語・台湾語・タイ語・アラビア語・ヒンディー語・ヒンディー語・ギリシャ語・ハンガリー語・フランス語・ポーランド語・イタリア語・スウェーデン語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・ダッチ・チェコ語

XMTradingは日本語によるサポート体制が万全なので、英語が話せないと不安を感じている人でも入金・取引・出金まで問題なく行えます。

問い合わせ方法はメールもしくはライブチャットで行いますが、どちらも日本語で質問して日本語で返信をもらえます。

海外FXマニア編集部でも何度かメールで問い合わせしていますが、メールを送った当日~翌日くらいまでには日本語で丁寧な返信が返ってきます。

約定力が高い

約定力は海外FX会社を選ぶ際に大切なポイントです。約定力が低い海外FX会社を選ぶと、狙ったところで注文や決済ができません。

XMTradingではストレスなく確実に取引できるように平均約定率 99.98%を実現。さらには注文の99.35%が1秒以内で約定される約定スピードの速さも人気のポイントです

XMTradingの全ての取引は機械的なシステムが行っているため、人が介入し判断することはなくみんなが公平に取引できるようになっています。

最大レバレッジが888倍

XMTradingの最大レバレッジは888倍です。日本FX会社の最大レバレッジ25倍と比較すると、かなり高い倍率のレバレッジをかけれることが分かります。

口座開設ボーナスがもらえる

XMTradingには「口座開設ボーナス」と「入金ボーナス」の2つのボーナス制度があります。

口座開設ボーナスは、口座開設するだけで3,000円が受け取れます。口座開設ボーナスは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」のどの口座タイプを選んでももらえます。

入金ボーナスがもらえる

XMTradingでは入金ボーナスももらえます。入金ボーナスは

  • 入金額が5万円までは入金額の100%
  • 入金額が5万円を超えると入金額50万円まで入金額の20%

と段階的に受け取れます。

入金ボーナスがもらえるのは「スタンダード口座」と「マイクロ口座」のみとなっています。

取引する度にXMTradingポイントが貯まる

XMTradingでは取引する度にXMTradingポイント」が貯まっていく「XMPロイヤリティプログラム」があります。

XMPロイヤリティプログラムでは、XMTradingで取引した期間が長いほど受け取れるXMTradingポイントが増えていきます。

貯まったXMTradingポイントは証拠金として使えます。

XMTradingのデメリット

魅力たっぷりのXMTradingですが、もちろんデメリットもあります。ここではXMTradingのデメリットについて詳しく解説していきます。

金融ライセンスの信頼度はそこまで高くない

XMTradingの運営母体「XM」は、日本人向けの「XMTrading」の他にグローバル向けの「XM.com(XEMarkets)」を運営しています。

グローバル向けのXM.comでは、取得難易度の高いキプロス証券委員会や英国金融行為監督機構のライセンスを取得しています。

しかし日本人向けのXMTradingが取得しているのはセーシェル共和国の金融庁の金融ライセンス(ライセンス番号:SD01)です。ライセンス証は公式サイトで確認できます。

セーシェル共和国の金融ライセンスは比較的簡単に取得でき、信頼度はそこまで高くありません。

信託保全がない

XMTradingではドイツやスイスの優良な金融機関の口座を使って、顧客の資産を分別管理しています。

顧客の資産がXMTradingの運営資金に使われることはありません。

しかしXMTradingには、会社が倒産した際に顧客の資産を保護できる「信託保全」制度がありません。

そのためXMTradingを使って取引する際には、利益をこまめに出金する・自分の資金に見合った取引をするなど、リスク管理を徹底しましょう。

とはいえXMTradingは利用者が多く実績も高いので、よほどのことが無い限りは安心して利用できるでしょう。

口座開設ボーナスの金額が低い

さきほど紹介しましたが、XMTradingの口座開設ボーナスの金額は3,000円です。

他の海外FX会社では1万円やそれ以上の口座開設ボーナスを提供しているところもあり、それと比べるとXMTradingの口座開設ボーナスは金額が低いと言えるでしょう。

XMで口座開設する
XMの詳細はコチラ

2.自己資金が少ないならGemforex!スキャルピングにも最適

Gemforexは口座開設40万人を突破するなど、XMTradingに次いで利用者が多い海外FX会社です。日本語によるサポート体制も整っています。

ここではGemforexの特徴やメリットについて詳しく解説していきます。

Gemforexのメリット

Gemforexにはさまざまなメリットがあります。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

口座開設ボーナスの金額が高い

Gemforex最大のメリットと言えば、高額な口座開設ボーナスです。Gemforexでは常時10,000円の口座開設ボーナスを提供しています。

時期によっては金額が20,000円とさらに高くなることも。口座開設ボーナスは入金不要で口座開設するだけで受け取れます。

証拠金が10,000~20,000円もあれば、ある程度の取引が可能です。トレード上級者であれば、ボーナスだけで利益をだせるでしょう。

資金が少ない初心者の人も、Gemforexの口座開設ボーナスを使えば自己資金なしの状態でも取引できるのでおすすめです。

入金ボーナスが魅力的

Gemforexでは定期的に抽選制の入金ボーナスも提供しています。入金ボーナスの金額は基本的に入金額の100%分ですが、200%に増えることもあります。

また2021年1月18日から「1,000%入金ボーナスジャックポット」の提供も開始。

1,000%入金ボーナスジャックポットは毎日開催されています。1,000%入金ボーナスジャックポットの抽選権利を獲得するには、24時間以内に決済済取引5ロット以上の取引が必要となります。

1,000%入金ボーナスジャックポットは2%~1,000%のボーナスを必ずもらえます。

日本語によるサポート体制が整っている

Gemforexでは4つの言語に対応しているので、日本語によるサポート体制もしっかり整っています。

メールもしくはチャットでの問い合わせが可能で、日本語で問い合わせが可能です。

海外FXマニア編集部が問い合わせした際も、スピーディーで丁寧な返信をもらうことができました。

スプレッド幅が平均より狭い

Gemforexのメリットとしてスプレッド幅の狭さがあります。

スタンダードな「オールインワン口座」におけるドル円の平均スプレッドは1.4pipsとなっており、他の海外FX会社と比べるとやや狭く設定されています。

注目するべきはGemforexの「ノースプレッド口座」です。

ノースプレッド口座ではなんとドル円の平均スプレッドは0.0pipsとなっています。

他の海外FX会社でもスプレッドが狭い口座タイプはありますが、ほとんどの会社で取引手数料がかかります。

しかしGemforexのノーズプレッド口座に関しては手数料もありません。

そのためGemforexはスキャルピングしたい人にとって最適な海外FX会社でもあります。

最大レバレッジが1,000倍と高い

Gemforexの最大レバレッジは1,000倍と高く設定されているので、少額で大きな取引したい人に最適です。

Gemforexには「レバレッジ5,000倍口座」もありますが、1,000口座限定の口座であり様々な制限もあるので初心者にはおすすめできません。

入金方法が豊富である

Gemforexは入金方法が豊富で以下のような入金方法に対応しています。

  • 銀行送金
  • クレジットカード(Visa・Master・アメックス・DINERS Club・DISCOVER)
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • Perfect Money
  • ZOTAPAY
  • STICPAY

さらに現在メンテナンス中で利用できませんが、以下のような入金方法もあります。

  • paypal
  • MegaTransfer
  • PAYEER
  • UnionPay
  • Wechat決済
  • bitwallet
  • 中国国内銀行

現金だけでなく仮想通貨での入金に対応しているのがポイントですね。

自動売買ソフト(EA)やミラートレードが使い放題

Gemforexでは自動売買ソフト(EA)とミラートレードサービス使い放題サービスを無料で提供しています。

EAとミラートレードサービスを無料で使うには、Gemforexの口座開設行い利用区分に合わせた金額の入金が必要ですが、最低限必要な入金額は5万円となっています。

Gemforexのデメリット

ここではGemforexのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

取得している金融ライセンスの信頼度はそこまで高くない

Gemforexはニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)より金融ライセンス(FSP564306)を取得しています。

Gemforexが取得しているNZFSPの金融ライセンスは、2015年より以前は信頼度が低い金融ライセンスでした。しかし2015年には方針の転換が行われ信頼度が高まりました。

とはいえ信頼度の高い「キプロス証券委員会」や「英国金融行為監督機構」のライセンスほどの信頼性はないため、万が一のリスクに備えて自分でリスク管理を徹底して取引しましょう。

信託保全がない

Gemforexでは顧客の資産を分別管理していますが、会社が倒産した際に顧客の資産を保護できる「信託保全」制度がありません。

そのためGemforexを使って取引する際には、利益をこまめに出金する・自分の資金に見合った取引をするなど、リスク管理を徹底しましょう。

約定力はXMTradingより劣る

Gemforexの約定率は99.99%と高く全取引が0.78秒以内に執行されると公式サイトには記載されています。

しかし海外FXマニア編集部が実際に取引してみると、注文や決済ボタンを押しても約定されないことがしばしばあり、XMTradingと比べると約定力は低いと感じています。

Gemforexで口座開設する
Gemforexの詳細はコチラ

3.今後が期待できるIS6FX

IS6FXは2020年10月にサービスを開始した新しい海外FX会社ですが、2021年2月28日に総口座開設数107,338口座を突破するなど勢いのある注目したい海外FX会社です。

ここではIS6FXのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

IS6FXのメリット

IS6FXは新しい海外FX会社なので、利用することに様々な不安を感じる人も多いでしょう。しかしIS6FXにはさまざまなメリットがありますよ。

ここではIS6FXのメリットについて詳しく見ていきましょう。

会社の透明性が高い

IS6FXの公式サイトを見てみると、代表者の写真と挨拶にオフィスの外観・内装、さらにはスタッフの写真までもが掲載されています。

他の海外FX会社の公式サイトには、IS6FXのように社員や会社の写真は掲載されていません。

そう考えるとIS6FXは透明性が高い海外FX会社だと言えますよね。

どのような場所でどのようなスタッフが働いているのか見ることができると、私たち顧客も安心して取引ができます。

日本語によるサポート体制が整っている

IS6FXは英語・日本語・中国語・スペイン語など、世界中の言語に対応しています。もちろん日本語によるサポート体制も整っているので、英語が分からなくても安心して利用できます。

問い合わせはメールのみで365日24時間いつでも受け付けています。

実際に海外FXマニア編集部でIS6FXに問い合わせしたさいも、とても丁寧な回答をもらえました。

ボーナスが充実している

IS6FXでは常時5,000円の口座開設ボーナスを提供しています。IS6FXは過去に、50,000円の口座開設ボーナスを提供したことも。

また定期的に100%入金ボーナスも開催しています。

IS6FXのデメリット

ここではIS6FXのデメリットについて解説していきます。

取引制限が多め

IS6FXには以下のような取引制限があります。

  • 複数の口座によるボーナスを利用した両建て取引
  • 非常に短い時間帯で決済が繰り返される取引(レイテンシートレーディング)
  • 事前連絡なしの大きなロット数でのトレード

上記以外にもIS6FXには禁止事項があり公式サイトのガイドラインで確認できます。

ガイドラインに反した行為を行うと出金拒否されることがあるので注意が必要です。

金融ライセンスの信頼度が低い

IS6FXは以前まで金融ライセンスを取得していませんでしたが、セントビンセント・グレナディーン諸島の金融ライセンス(IBC番号:25965 BC 2020)を取得ました。

しかしこの金融ライセンスの信頼度はそこまで高くありません。ですが金融ライセンスを全く取得していない状態よりかは信頼度はありますね。

信託保全がない

IS6FXでは顧客の資産を分別管理していますが、会社が倒産した際に顧客の資産を保護できる「信託保全」制度がありません。

そのためIS6FXを使って取引する際には、利益をこまめに出金する・自分の資金に見合った取引をするなど、リスク管理を徹底しましょう。

入出金方法が少ない

IS6FXの入金方法は「銀行送金」と「クレジットカード(VISA・JCB・mastercard)」で、出金方法は銀行送金のみとなっています。

Gemforexのように仮想通貨やオンラインウォレットでの入出金には対応していません。

4.安全性を重視するならTradeview Forex

Tradeview Forexは2004年に創業し、2016年から日本人向けのサービスを開始したまだまだ新しい海外FX会社です。

日本での知名度も低いため、安全性など気になることがたくさんありますよね。

ここではTradeview Forexのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

Tradeview Forexのメリット

まずTradeview Forexのメリットについて解説していきます。

信頼度の高い金融ライセンスを取得している

Tradeview Forexはケイマン諸島の金融ライセンス(ライセンス番号:585163)を取得しています。

ケイマン諸島の金融ライセンスは取得難易度が高いライセンスです。

金融ライセンスの面でみるとTradeview Forexは安心して取引できる環境が整っていると言えます。

信託保全や補償制度がある

Tradeview Forexでは顧客の資産を信託銀行にて分別管理し信託保全もあります。

万が一会社破綻した際には、1顧客あたり35,000ドルまで補償してくれます。

入金方法が豊富

Tradeview Forexの入金方法は以下の通りです。

  • 銀行送金
  • クレジットカード
  • uphold
  • bitpay
  • payR
  • STICPAY
  • fasapay
  • transfermate
  • advcash
  • paytyust
  • bitwallet

銀行送金やクレジットカードだけでなく、さまざまな電子ウォレットに対応しています。

仮想通貨取引もできる

Tradeview Forexでは「BTC(ビットコイン)」「ETH(イーサリアム)」「LTC(ライトコイン)」「XBN(Elastic BNB)」の4つの仮想通貨取引ができます。

取引できる通貨ペアは以下の5種類となっています。

  1. BTCUSD
  2. BTCJPY
  3. ETHUSD
  4. XBNUSD
  5. LTCUSD

FX取引だけでなく仮想通貨取引に興味がある人にもTradeview Forexはおすすめです。

Tradeview Forexのデメリット

ここではTradeview Forexのデメリットについて解説していきます。

海外FXにしては最大レバレッジが500倍と低め

Tradeview Forexのレバレッジは口座タイプによって異なり、100倍・200倍・500倍となっています。

最大レバレッジ500倍というのは海外FXにしては低めの設定だと言ってよいでしょう。

1,000倍やそれ以上の高いレバレッジをかけた取引がしたい人にはTradeview Forexはおすすめできません。

ボーナスがない

Tradeview Forexには海外FXの魅力ともいえるボーナス制度がありません。

口座開設ボーナスや入金ボーナスが欲しい人は、Tradeview Forex以外のボーナス制度のある海外FX会社を選んでくださいね。

Tradeview Forexで口座開設する
Tradeview Forexの詳細はコチラ

自分の資金力やスタイルに合った海外FX会社をメインに選ぼう!

今回メインで使うのにおすすめな海外FX会社を4社紹介しました。

それぞれの海外FX会社で特徴やメリット・デメリットが異なることがお分かりいただけたでしょうか?

自分の資金力や海外FX会社に求めるポイント、トレードスタイルを考えながら最適な海外FX会社を選びメインとして使いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました