画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

XM(エックスエム)でEA自動売買システムに挑戦しよう!始め方を徹底解説

XM評判

24時間プログラムが自動で取引をしてくれるEAを稼働させるためには、利用する海外FX会社を選ぶ必要があります。

海外FX会社は複数ありますが、今回は人気No,1のXMTrading(エックスエムトレーディング)でEAを稼働・運用する始め方について徹底解説していきます!

当サイトが開発した無料EAプレゼントについても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

EAとは?

EAとはプログラムが自動でFX取引を行ってくれる自動売買システムのことです。

EAを使うことで自分で取引する必要がなくなるので、忙しくてなかなかチャート画面を見れない・取引できない人におすすめです。

また自分で判断することが無いのでトレードに感情が入りません。普段感情的になってトレードして負けてしまう人にもEAは最適です。

EAは勝率100%ではないことを理解しておこう

EAは自動で取引してくれるとても便利なシステムです。

しかしEAは勝率100%ではないことを頭に入れておきましょう。EAにはそれぞれトレードスタイルや得意な相場あります。

例えばレンジ相場が得意なEAをトレンド相場で稼働しても利益は出せません。

EAなら絶対に勝てるという過信はしないようにしましょう。

EAのメリットやデメリットは以下の記事で詳しく書いているのでぜひご覧ください。

EAにおすすめなXMTrading(エックスエム)とは?

EAを稼働させるための海外FX会社は「XMTrading(エックスエムトレーディング)」がおすすめです。

ここではなぜXMTradingがEAを稼働させるのにおすすめなのか、その理由を詳しく解説していきます。

約定力が高く安定した取引ができる

まず「約定(やくじょう)」とは、売買注文が成立することであり、海外FX取引における約定力とは

  • 約定スピード(注文してから約定までにかかる時間)
  • スリッページ率(注文した価格で約定できる確率)
  • リクオートの少なさ
  • 約定拒否発生の少なさ

などを表します。

約定力が低い海外FX会社を選んでしまうと、狙ったところで注文や決済ができません。

そのため海外FX取引をするのであれば、約定力の高い海外FX会社を選ぶことが基本となります。

XMTradingは平均約定率 99.98%を実現し、全ての注文の99.35%が1秒以内で約定される約定スピードの速さも魅力です。

またXMTradingの全オーダーは人的な判断は一切なく機械的なシステムによって行われるため、公平な取引環境が整っています。

口座開設ボーナスと入金ボーナスがある

EAを稼働させ利益を出していくためには、数十万円ほど資金を入金する必要があります。

資金が少ない人はなかなかEA用のお金を準備するのが大変ですよね。

XMTradingでは口座開設するだけで3,000円もらえる口座開設ボーナスと、入金額の何%分かの金額を受け取れる入金ボーナスを提供しています。

入金ボーナスは2段階制になっています。

入金額が5万円までは入金額の100%・入金額が50万円までは入金額の20%分のボーナスを受け取れます。

XMPロイヤリティプログラムがある

MTradingには、取引する度に付与される「XMTradingポイント」があります。

取引した期間によって「EXECUTIVE」「GOLD」「DIAMOND」「ELITE」の4つのランク(ロイヤルティーステータス)がつけられ、ランクが上がるほど付与されるXMTradingポイントが増加していきます。

貯まったXMTradingは取引に使う証拠金に換金可能!

XMTradingでEAを運用するとどんどんXMTradingポイントが貯まっていきます。

出金拒否の噂が少ない

海外FX会社によっては、利益が出たから出金しようと思っても出金拒否されるケースがあります。

XMTradingは利用者が最も多い海外FX会社なだけあって、TwitterなどSNSを見ても出金拒否に関する噂は少ないです。

XMTradingで出金拒否される場合は、トレーダー側が禁止事項に違反する行為を行った可能性が高いでしょう。

スキャルピングが禁止されていない

EAは「スキャルピングタイプ」「デイトレタイプ」「スイングタイプ」など、それぞれ設定されているトレードスタイルが異なります。

海外FX会社によってはスキャルピングを禁止しているところもあります。

XMTradingでは公式サイトにも明記されていますが、スキャルピングを認めています。

しかしEAを使った高速スキャルピングトレードを行っていると、サーバーに負担をかける行為だと判断されてしまい、口座凍結などのペナルティを受ける可能性があります。

XMTradingでEAを稼働させたいなら、スキャルピングタイプ以外のものをおすすめします!

XMTradingでのEA自動売買の始め方を徹底解説!

では、XMTradingでEAを運用する始め方について解説していきます。

初めてEAを利用する人はひとつずつ確実に進めていきましょう!

1.まずXMTradingの口座開設をしよう

まずXMTradingの口座開設をしましょう!

XMTradingの口座開設はコチラから!

上記のリンクからXMTradingの公式サイトへ移動すると、情報を入力するフォーム画面が出てきます。

  1. 下の名前を英語で入力(太郎→Trao)
  2. 苗字を英語で入力(山田→Yamada)
  3. 日本語を選択
  4. Eメールアドレスを入力
  5. 電話番号を入力
  6. 利用するプラットフォームをMT4とMT5から選ぶ
  7. 口座タイプを選ぶ
  8. クリックしてチェックを入れる

利用するプラットフォームと口座タイプは自由に選べますが、MT5よりMT4のほうが使えるEAが多いので、EAを運用するならプラットフォームはMT4をおすすめします。

口座タイプは「スタンダード」「マイクロ」「ゼロ」の3種類がありますが、ゼロ口座は入金ボーナスとXMPロイヤリティプログラムに対応していません。

最後に「ステップ2へ」をクリックしましょう。

すると登録したメールアドレス宛にXMからメールが届きます。

メールに記載されている「Eメールアドレスをご確認下さい」と書かれたボタンを24時間以内に押すことで口座開設が完了します。

マイページから証明書を提出する

口座開設ができたらXMTradingのマイページにログインした各種証明書を提出して口座を有効化しましょう。

証明書を提出することで取引ができるようになります。

マイページに出てくる「今すぐ口座を有効化する」ボタンをクリックしてください。

まず「マイナンバーの有無」を入力する部分が出てくるので、マイナンバーカードを持っている人は「はい」を選択しマイナンバーカードの情報を入力してください。

マイナンバーカードを持っていない人は「いいえ」を選択します。

マイナンバーについての入力が終わったら、身分証明書と現住所証明書をアップロードし提出てください。

証明書を提出後、XMにて確認が行われ30分~半日程度で結果が分かります。確認して問題なければ口座が有効化され取引できるようになります。

2.プラットフォームをダウンロードする

次に口座開設する際に選んだプラットフォームをダウンロードします。

プラットフォームはXMTradingの公式サイトのトップページ上部「プラットフォーム」を選択しダウンロードしてください。

3.VPSサーバーを契約し設定する

EAを運用し続けるためには、パソコンを24時間つけっぱなしにしなければなりません。

しかしパソコンを24時間つけっぱなしにしておけない人もいるでしょう。

24時間パソコンを付けっぱなしにできない人は仮想サーバーである「VPS」を使ってください。

VPSを契約すればVPSサーバー内にMT4もしくはMT5をインストールでき、パソコンの電源を切ってもプラットフォームはVPSサーバー内で稼働し続けます。

VPSは自分で契約してもいいですし、XMTradingでも無料もしくは有料でVPSを提供しています。

XMTradingが提供するVPSを設定する方法

XMTradingのVPS無料提供の条件は以下の通りです。

  • 取引口座に最低5,000ドル相当額の残高
  • 月に最低往復5スタンダードロットもしくは往復500マイクロロットの取引がある

上記の条件を満たせば会員ページより無料VPSに申し込みができます。条件を満たさない人でも月額2,800円でVPSを利用できます。

XMTradingのVPSを使う場合、マイページにログインして上部にある「口座」をクリックすると、以下のようにいくつか項目が出るので「VPS」を選びましょう。

VPSを押すと「VPSをリクエストする」という緑色のボタンが出てくるので押してください。

すると確認画面へ移動するので「確認する」を押します。

VPS無料提供の条件を満たしていない場合は、口座残高から毎月2800円が差し引かれます
XMTradingでVPSのリクエストが完了すると、XMTradingに登録しているメールアドレス宛に24時間以内に「Beeks社」からメールが届きます。

英文のメールが送られてきますが、下部にある「Download RDP File」をクリックしてRDPファイルをダウンロードしてください。

ファイルのダウンロードが終わるとデスクトップに「Beeksfx」というアイコンが出てくるのでクリックします。

アイコンをクリックすると接続に関する確認画面が出てきます。「このコンピューターへの接続について今後確認しない」にチェックを入れ「接続」をクリックしましょう。

接続が完了しログイン画面が出てきたら、Beeksから送られてきたメールに記載されてる「Username(ユーザー名)」と「Initial Password(パスワード)」を入力してください。

ログインに成功するとパスワードを変更するかどうかの表示が出てくるので、パスワードを変更したい場合は新しいパスワードを設定します。

これでVPSの設定は完了です。

4.EAを選ぶ

次に実際に使いたいEAを探してみましょう。

EAは有料のものを購入してもいいですし、無料で配布されているものでも好きな方を選びましょう。

とはいえEAにはかなりの数があるため、初めてEAを利用する人はどれを選ぶべきか悩んでしまいます。

EA初心者の人のために、当サイトでは2つのEAを開発し無料で提供しています。

50名様限定の無料プレゼントとなっているので、気になる方は早めにチェックすることをおすすめします!

50名様限定!無料でEAを受け取る

5.EAをVPS上のプラットフォームで使えるようにする

EAを入手したらVPSサーバーを起動し、VPSサーバー内のデスクトップ上にあるMT4もしくはMT5のショートカットアイコンをクリックします。

MT4もしくはMT5を起動したら、上部にある「ファイル」をクリックし「データフォルダを開く」をクリックします。

データーフォルダを開いて「MQL5」をクリックします。MT4の場合は「MQL4」です。

MQLフォルダ内の一番上「Experts」フォルダをクリックします。

ここに入手したEAファイルをマウスでドラッグ、もしくはコピーして貼り付けして移動させます。

ここまで終わったらMT4もしくはMT5を一旦閉じて、再度開きましょう。

6.EAの設定を行う

EAの設定を行うために、MT4もしくはMT5の上部にある「ツール」をクリックし、下の「オプション」をクリックします。

するとオプション画面が表示されるので「エキスパートアドバイザー」のタブをクリックし「アルゴリズム取引を許可」と「DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)」にチェックを入れ、下の「OK」をクリックします。

7.プラットフォーム上にEAを反映させる

プラットフォーム上の入手したEAを反映させるためには、画面左側にある「ナビゲーター」から行います。

もし左側に「ナビゲーター」が表示されていない場合、MT4もしくはMT5の上部にある「表示」をクリックし「ナビゲーター」フォルダをクリックします。

すると左側にナビゲーターが表示されます。

ナビゲーター内の「エキスパートアドバイザ(EA)」を展開すると、先ほどプラットフォーム内に入れたEAが表示されます。

表示されているEAをマウスでクリックしたままチャート画面にドロップします。

するとEAの詳細設定を行う画面が表示されるので「全般」タブをクリック。

全般タブをクリックすると下の方に「自動売買を許可する」というチェック項目があるので、チェックされていることを確認します。

EAに付属のマニュアルを見て特に指示がなければ「OK」をクリックしてください。

次に「全般」タブの右の「パラメーターの入力」タブをクリックし、細かい設定を行い完了です。

XMTradingでEAを上手に運用し利益を出そう!

初めてEAを運用しようと考えているのであれば、XMTradingの利用をおすすめします。

特別スプレッド幅が狭いわけではありませんが、取引実績が高く利用者も非常に多いため、安心してEA運用ができるでしょう。

XMTradingでは条件を満たすことでVPSサーバーを無料で提供してくれるので、ぜひEAを運用したい人はチェックしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました