【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

海外FXには特定口座がない!税金は自分で確定申告して納税しよう

日本FXなどで特定口座を使ったことがある人は、海外FXでも特定口座を使いたいと思うかもしれません。

しかし残念ながら海外FXでは特定口座を使うことはできません。

本記事では、そもそも特定口座とは何か解説するとともに、なぜ海外FXには特定口座がないのかその理由について詳しく解説していきます。

特定口座の存在自体を知らなかった人も、本記事を読んで特定口座についての知識を得ましょう!

海外FXには特定口座がない!そもそも特定口座とは?

海外FXには特定口座がありません。しかし、そもそも特定口座とは一体どんな口座のことを指しているのでしょうか?

特定口座とは、申告分離課税が適用される上場株式などの譲渡益に対する所得税や住民税などの税金の納税や確定申告を、簡単な手続きで完了させられる便利な制度のことです。

特定口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類あります。「源泉徴収なし」を選んでしまうと自分で確定申告を行わなければなりません。

しかし「源泉徴収あり」を選ぶことで、利益に対する所得税・住民税を金融機関が源泉徴収して投資家の代わりに納付するので、原則として確定申告が不要となります。

なぜ海外FXには特定口座がないのか?

特定口座がとても便利な制度であることが分かりましたが、どうして海外FXには特定口座がないのでしょうか?

先ほど説明しましたが特定口座は申告分離課税が適用される利益に対してのみ使われる制度です。

海外FXで得た利益は「雑所得」に分類され「総合課税」という税制が適用されるため、特定口座の適用外となるのです。

海外FXの税金は自分で確定申告して納付しよう!

海外FXには特定口座がないので、一定の利益が出たら自分で確定申告を行い税金を納付しなければなりません。

ここでは海外FXでいくら稼ぐと確定申告が必要か、確定申告に必要な書類とやり方について解説していきます。

海外FXでいくら稼ぐと税金が発生する?

海外FXでいくら利益を出すと確定申告が必要かは「個人事業主」「サラリーマン」「パートアルバイト・無職・収入のない主婦」で異なります。

いくらから確定申告が必要か
個人事業主 海外FXでの所得と事業所得などを合計した年間所得が48万円以上
一般的なサラリーマン 海外FXでの年間所得が20万円以上
パートアルバイト・無職・収入のない主婦 海外FXでの年間所得が48万円以上

自分が海外FXでいくら稼いだら確定申告を行い税金を支払う必要があるのか確認して、正しく確定申告を行い納税しましょう。

海外FXで確定申告するやり方や必要書類は?

海外FXで確定申告する際に必要な書類は以下の通りです。

  • 確定申告書と添付書類台紙
  • 白色申告の収支内訳書もしくは青色申告の所得税青色申告決算書
  • マイナンバーカード
  • あれば会社から発行された源泉徴収票
  • 生命保険料など所得控除の証明書
  • 経費の領収書
  • 海外FXの年間取引報告書

確定申告する方法としては必要書類に手書きで確定申告するか、e-Taxを使って電子申告するかの2種類があります。

確定申告したことがない人にとってはハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、手順通りに進めれば問題なく進められるでしょう。

確定申告の詳しいやり方については以下の記事でまとめているのでぜひご覧ください!

海外FXで確定申告のやり方を5STEPで徹底解説【年間取引報告書のDL方法有り】

海外FXするなら確定申告と税金の知識を付けよう!

これまで紹介してきた通り海外FXには特定口座がないので、利益が出始めたら自分で確定申告を行い税金を支払います。

確定申告をせずに税金を納めないと、脱税となり最悪の場合逮捕される可能性もあります。

海外FXで稼いでいきたいのであれば確定申告や税金に関する知識もしっかりと付けていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。