画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

EAを稼働させるのにおすすめな海外FX会社の選び方のポイントを徹底解説!

EAについて

海外FX取引をしている人で、今後EAを使った運用を検討している人はいませんか?

EAはプログラムが自動で売買を行ってくれるので、チャート画面を見る時間がない人や裁量トレードでなかなか勝てないでいる人から人気のあるツールです。

海外FXでEAを使いたいのであれば利用する海外FX会社も慎重に選ぶことが大切です。

今回はEAを稼働させるのにおすすめな海外FX会社の選び方のポイントや注意点について詳しく解説していきます。

そもそもEAとは?

EAとは「Expert Adviser(エキスパート・アドバイザー」の略であり、FX取引に使う自動売買システムのことです。

ここではそもそもEAとは何か、特徴や仕組みについて解説していきます。

裁量トレードとの違いは?

EAはプログラムが自動で取引してくれるため「システムトレード」とも呼ばれています。

一方で私たちが普段行っているのは、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を行い自分でエントリーポイントを見つける「裁量トレード」です。

EAと裁量トレードの大きな違いは、自分で取引するかプログラムが代わりに取引するかです。

EAはさまざまな種類があり売買ロジック(理論)も異なります。

使うEAを選ぶのは自分ですが、売買に関しては人が判断することは一切ありません。

海外FXでEAを使うメリットは?

海外FXでEAを使うとチャートを見れない状況でもEAが取引してくれるので、24時間チャンスを逃さず取引できます。

ここでは海外FXでEAを使うメリットについて詳しく解説していきます。

忙しくてチャート画面をなかなか見れない人におすすめ

EAは24時間プログラムが自動で取引を行います。

そのため会社員や主婦などの兼業トレーダーでチャートを常に見れない人でも、EAが取引を行い利益を出してくれます。

なかなかチャート画面を見れない人にとってEAはおすすめです!

トレードに感情が入らない

トレードする上で自分の「感情」というのは非常に判断を迷わし、裁量トレードで勝てない原因のひとつだと言えます。

特に知識や経験が浅い初心者の人は、感情でトレードしてしまいますよね。

しかしEAを使えば、判断・注文・決済まですべてEAが行ってくれるため、トレードに自分の感情は一切入りません。

EAを上手に選び資金管理を徹底すれば初心者でも利益を出せる

現在の相場状況に合ったEAを上手に選び資金管理を徹底して行えば、初心者でもEAを使って利益を出せます。

EAって本当に勝てるの?と疑問に感じるかもしれませんが、裁量トレードより結果を出せる可能性は十分ありますよ。

海外FXでEAを使うデメリットは?

プログラムが自動で取引してくれるとても魅力的なEAですが、もちろんデメリットもあります。

EAをこれから使いたいと考えるのであれば、EAのデメリットもしっかり頭に入れておきましょう!

ココでは海外FXでEAを使うデメリットについて詳しく解説していきます。

100%稼げるわけではない

EAは完璧ではないので100%稼げるわけではないことを頭に入れて置きましょう。

EAは「スキャルピングタイプ」や「デイトレタイプ」など、それぞれトレードスタイルが異なります。

トレードスタイルに合ったレバレッジやロット数で取引しなければ、損失が増えていくでしょう。

またEAにはレンジ相場に適したものとトレンド相場に適したものの2種類があります。相場に合ったEAを選ばなければ利益は出せません。

さらにいくらEAが24時間取引してくれるとはいえ、ずっと放置していては稼げません。

EAを導入したら定期的に相場状況や資金の状態を確認する必要があります。

EAには寿命があり入れ替えが必要

EAは永久的に使えるものではなく寿命があります。

たとえば分析期間が1年のEAは寿命が半年から1年程度、分析期間が15年のEAでも寿命は7年ほどだとされています。

また相場には周期があります。たとえばドル円は1998年・2007年・2015年の8年周期で高値を付けているので、ドル円を取引するのであれは8年ごとにEAを入れ替えるといいでしょう。

定期的にEAの成績を確認し、必要であればEAの入れ替えも検討しましょう。

EAを稼働させるのにおすすめな海外FX会社の選び方

当サイトでは8社の海外FX会社をおすすめしていますが、海外FX会社それぞれでEAを稼働させるための環境・状況が異なります。

ここではよりEAで利益を出せるように、EAを稼働させるのにおすsめな海外FX会社の選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

海外FX会社によってEAが使えない口座タイプもある

海外FXにはそれぞれ複数の口座タイプを準備しているところが多いですが、口座タイプによってはEAの利用が禁止されていることがあります。

例えば高額なボーナスで日本人からも人気の高い海外FX会社「Gemforex」では「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」「レバレッジ5,000倍口座」の3つの口座タイプがあります。

3つの口座タイプのうちEAを使えるのはオールインワン口座のみとなっています。

ノースプレッド口座とレバレッジ5,000倍口座の2つはEAとミラートレードの利用が禁止されています。

そのためGemforexでEAを使う予定がある人は、オールインワン口座しか使えません。

自分が使いたい海外FX会社があるのであれば、EAに対応した口座タイプがあるかを事前に確認しておきましょう。

VPSを提供しているか

EAは24時間自動でプログラムが売買してくれるため、MT4もしくはMT5を24時間起動させ続ける必要があります。

しかし24時間パソコンを起動し続けれない人もいるでしょう、24時間パソコンを起動し続けれない人は、、仮想サーバー「VPS」を契約します。

なぜならVPSを契約してVPSサーバー内にMT4もしくはMT5をインストールすれば、パソコンの電源を切ってもVPS内でMT4・MT5は稼働し続けるため、EAを24時間運用できます。

VPSサーバーは自分で探して契約しても良いですし、海外FX会社によってはVPSを提供しているところがあります。

当サイトでおすすめしている海外FX会社8社のVPS対応状況は以下の表にまとめてみました。

海外FX会社VPS無料提供VPS無料提供の条件
XMTradingあり
Gemforex あり
IS6FX あり
FXGT××
Exness あり
Tradeview Forex××
bigboss××
LAND-FX××

海外FX会社8社の中でVPSを無料で提供しているのは

  • XMTrading
  • Gemforex
  • IS6FX
  • Exness

です。上記の4つの海外FX会社ではVPSを無料提供していますが無料提供の条件があり、ほとんどが口座残高が50万円以上あることです。

初心者の人で口座残高が50万円もある人は少ないかもしれませんね。

VPSを提供している会社はさまざまな種類があり、格安でVPSを契約できるところもあります。

しかし格安のVPSはサーバーダウンしてしまう可能性もあります。サーバーダウンしてしまうとEAがストップしてしまうため、VPSの性能は非常に大切なポイントとなります。

資金に余裕があるのであれば高性能な海外FX会社のVPSを利用することをおすすめします!

スプレッドや手数料など取引コストが安いか

裁量トレードでもEAを使ったシステムトレードでも、スプレッドと取引手数料が安い海外FX会社を利用すると有利にトレードを進めれます。

とくにEAによる取引は人によっては裁量トレードよりも取引回数が多いため、スプレッドが狭く取引手数料が安い海外FX会社を選び取引コストを抑えることが大切です。

海外FX会社それぞれ口座タイプがありますが、スタンダードな口座タイプはスプレッド幅が広めです。しかし取引手数料は無料となっています。

スプレッド幅が狭い口座タイプはスプレッドが非常に狭いですが、取引手数料が発生することが多いです。

総合的に見てコストが安い海外FX会社・口座タイプを選びましょう。

スキャルピングタイプのEAを使う際は注意

EAにはトレードスタイルがあり、スキャルピングタイプのEAもあります。

しかし海外FX会社によってはスキャルピングを禁止しているところもあります。

スキャルピング禁止の海外FX会社でスキャルピングタイプのEAを稼働させてしまうと、口座凍結などのペナルティを受ける可能性があるので注意。

スキャルピングタイプのEAを使いたいのであれば、スキャルピングが禁止されていない海外FX会社を選びましょう。

EAを稼働させるのにおすすめの海外FX会社3選

ここではEAを稼働させるのにおすすめの海外FX会社を3社紹介していきます。

無料のEA使い放題サービスを提供しているGemforex

Gemforexは高額な口座開設ボーナスを提供していることで、初心者の人から人気のある海外FX会社です。

Gemforexでは自動売買ソフト(EA)使い放題サービスを無料で提供しています。

Gemforexの自動売買ソフト使い放題は、Gemforexの口座開設行い利用区分に合わせた金額を入金することで利用できます。

利用区分とそれぞれの利用条件・利用制限は以下の通りです。

ビギナーズアドバンスプロフェッショナルマスターズ
円口座資金残高5万円以上~10万円未満10万円以上~20万円未満20万円以上~30万円未満30万円以上
利用制限全EAの中から月に1つまでダウンロード可能全EAの中から月に3つまでダウンロード可能全EAの中から月に5つまでダウンロード可能全EAを無制限でダウンロード可能

EA使い放題サービスを使うには最低でも5万円の資金を入金する必要がありますが、今後GemforexでEAを本格運用したい人は50万円以上入金し、VPS無料提供とEA使い放題を利用するといいですね。

スキャルピングを認めている

Gemforexではスキャルピングを認めています。以下はGemforex公式サイトのよくある質問です。

スキャルピングに対して特に制限は設けていないと記載されているのが分かりますね。

しかしサーバーに負担をかけるようなスキャルピングはなにかしらの処置がされる可能性があります。

ノースプレッド口座はとにかく取引コストが安い

Gemforexには「オールインワン口座」「ノースプレッド口座」「レバレッジ5,000倍口座」の3つの口座タイプがあります。

この中でも「ノースプレッド口座」は、他の海外FX会社の口座タイプと比較してもスプレッドが狭いのが魅力です。

オールインワン口座のドル円平均スプレッドが1.4pipsであるのに対し、ノースプレッド口座は0.0pipsで他社のように取引手数料もかかりません。

VPSを無料で提供している

GemforexではVPSを無料提供しています。Gemforexが提供するVPSの性能は以下の通りです。

OSWindows2012
CPUCore 2.4GHz
メモリ1GB

Gemforexでは最低口座残高が50万円以上あれば無料のVPSに申し込みができます。

条件を満たさない倍も、月額2,800円でVPSに申し込み可能です。

Gemforexで口座開設する
Gemforexの詳細はコチラ

人気No,1!初心者におすすめなXMTrading

XMTradingは日本人からの人気が最も高い海外FX会社で、初心者だけでなくプロのトレーダーにも愛用者が多いです。

スキャルピングを認めている

XMTradingではスキャルピングを認めています。

上図はXMTrading公式サイトのよくあるお問合せです。スキャルピングを認めていますとはっきりかかれていますね。

XMTradingであればスキャルピングタイプのEAも問題なく稼働できます。

スプレッドが狭いゼロ口座がある

XMTradingには「スタンダード」「マイクロ」「ゼロ」と3つの口座タイプがあります。

3つの口座タイプの中でも「ゼロ口座」はスプレッドが狭くEAを稼働させるのに最適です。

スタンダード口座とマイクロ口座のドル円の平均スプレッドが1.5pipsであるのに対し、ゼロ口座は0.1pipsです。

取引手数料が取引毎1.0pipsかかるので、ゼロ口座のドル円平均スプレッドは1.1pipsということになります。

総合的に見て全ての口座タイプの中でもゼロ口座が最も取引コストが安いことが分かります。

VPSを無料提供している

XMTradingではVPSを無料提供しています。XMTradingが提供するVPSの性能は以下の通りです。

OSWindows2012
CPU1コア
メモリ1.3GB
HDD20GB

VPS無料提供の条件は以下の通りです。

  • 取引口座に最低5,000ドル相当額の残高
  • 月に最低往復5スタンダードロットもしくは往復500マイクロロットの取引がある

上記の条件を満たせば会員ページより無料VPSに申し込みができます。

条件を満たさない人でも月額2,800円でVPSを利用できます。

XMで口座開設する
XMの詳細はコチラ

最大レバレッジ無制限のExness

Exnessは日本人からの知名度は高くありませんが、最大レバレッジ無制限で注目されています海外FX会社です。

スキャルピングに関する注意事項の記載はないが要確認

Exnessの公式サイトを見ると、特にスキャルピング関する制限や注意事項は記載されていません。

Exnessは、以下のトレーダーへのサービスを停止する権利を留保します。非倫理的な行動、詐欺、ソフトウェア操作、または言及されていない違法行為に従事する。

引用元:Exness公式サイト

この文言にスキャルピングが含まれているかは分かりませんが、スキャルピングタイプのEAを利用したいのであれば事前にサポートセンターに問い合わせることをおすすめします。

スプレッドが狭い口座タイプが多い

Exnessには「スタンダード」「スタンダードセント」「スタンダードプラス」「ロースプレッド」「ゼロ」「プロ」と6つの口座タイプがあります。

スタンダードプラス口座以外はスプレッドが非常に狭く設定されています。以下に分かりやすく表で比較してみました。

スタンダードスタンダードセント(MT4のみ)ロースプレッドゼロプロ
最低入金額なしなし1,000ドル1,000ドル1,000ドル
ドル円の最低スプレッド 0.3pips0.3pips0.0pips0.0pips0.1pips
取引手数料無料無料最大3.5ドル3.5ドルから無料

スタンダードとスタンダードセントは最低入金額の設定がないので資金が少ない人におすすめ。

ロースプレッド・ゼロ・プロ口座の3つは最低入金額が1,000ドルかかりますが、スプレッド幅が狭いです。

プロ口座は取引手数料もかからないので、とにかく取引コストを抑えたい人におすすめです。

VPSを無料提供している

ExnessではVPSを無料提供しています。Exnessが提供するVPSの性能は数値では表記されていませんが、公式サイトには

  • 非常に高速で建値が即時に表示され注文が遅延なくサーバーに送信されます
  • お使いのインターネット接続の質に依存しないため注文の約定はインターネットの質に影響されません

と記載されています。VPS無料提供の条件は以下の通りです。

  • リクエスト時点で累積入金額USD500(または口座通貨で同等額)以上
  • 申し込み時に余剰証拠金をUSD100以上保有している
  • USD100の余剰証拠金が利用期間中常に口座にある

上記の条件を満たせば無料のVPSに申し込みできます。

Exnessで口座開設する

Exnessの詳細はコチラ

海外FX会社を上手に選んでEAで利益を出そう

EAを運用して利益を出すためには、EA選びと海外FX会社選びが大切です。

今回紹介したEAを稼働させるのにおすすめな海外FX会社の選び方のポイントを意識し、最適な海外FX会社を選びましょう!

EAに関しては非常に種類が多いため、どれを選ぶべきか悩んでしまいますよね。

そんな人には当サイトが年月をかけて開発した2つのEAをおすすめします!現在50名様限定で無料プレゼントを実施しています。

50名様限定!EAを無料で受け取る

コメント

タイトルとURLをコピーしました