【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

海外FXで確定申告する前に3種類の税金額を計算する方法を紹介

海外FXで利益が出始めると「税金はいくらになるだろう?」と考える人も増えてくるでしょう。海外FXで稼げるのは嬉しいけれど、税金額が高くなるような気がして不安になりますよね。

本記事では確定申告する前に、海外FXの利益に対する税金額がどれくらいなのか、だいたいの金額を計算する方法を伝授していきます。

海外FXをしていて税金額に不安を感じている人は、確定申告前に一度税金額を計算してみましょう。

海外FXで確定申告する前に自分で税金額を計算する方法を紹介!

海外FXで得た利益に対して払う税金には「所得税」「住民税」「復興特別所得税」の3種類があります。

所得税の計算方法

所得税の計算方法は以下の通りです。

所得税=所得 × 累進税率 – 所得控除額

所得とは一年間の海外FXでの利益から、経費と基礎控除などの各種控除額を引いた金額のことです。

累進税率とは海外FXの利益に対して適用される税制のことで、所得額が高くなるほど税率が上がっていきます。

課税総所得額 税率 控除額
1,000円から1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円から3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円から6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円から8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円から17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円から39,999,000円まで 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

参考:国税局ホームページ

所得が50万円の場合は上記の表で照らし合わせると、税率が5%で所得控除額が0円ということが分かります。

これを「所得 × 累進税率 – 所得控除額」の計算式に当てはめると、海外FXにおける年間所得が50万円の場合の所得税は以下のように計算できます。

50万円×10%-0円=50,000

つまり海外FXにおける年間所得が50万円の場合、所得税が5万円かかるということになります。

住民税の計算方法

次に住民税の計算方法です。住民税は以下の計算式で計算できます。

住民税=所得 × 10%+均等割(税額1,000円未満は切り捨て)

※均等割は合わせて5,000円の仮定します

海外FXにおける年間所得が50万円の場合の住民税は以下の計算式で出すことができます。

50万円×10%+5,000円=55,000

つまり海外FXにおける年間所得が50万円の場合の住民税は55,000円ということになります。

復興特別所得税の計算方法

次に復興特別所得税の計算方法です。復興特別所得税は以下の計算式で計算できます。

復興特別所得税=所得税額 × 2.1%

海外FXにおける年間所得が50万円の場合の所得税は5万円でしたね。この場合の復興特別所得税は以下の計算式で出すことができます。

5万円×2.1%=10,500

つまり海外FXにおける年間所得が50万円の場合の復興特別所得税は10,500円ということになります。

ある程度の税金額を知って海外FXの確定申告に備えよう!

確定申告前にある程度の税金額を知っていれば、早めに税金の支払い計画を立てることができます。

確定申告前に税金額が分かっていれば、早めの支払い計画が立てやすいのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。