画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

【IS6FX入金方法】入金手数料や入金反映時間は?メリットデメリットもチェック

IS6FX評判

IS6FXの口座開設を行い取引をするためには、IS6FXの取引口座に資金を入金しなければなりません。

IS6FXでは銀行送金とクレジットカードの2種類の入金方法に対応していますが、それぞれ入金反映時間や入金上限額などに違いがあります。

今回はIS6FXの入金方法について詳しく見ていきましょう。

  1. IS6FXの入金方法は銀行送金とクレジットカードの2種類!
  2. IS6FXの国内銀行送金による入金について
    1. 国内銀行送金による入金方法のやり方・手順について
      1. 手順1:ISF6X公式サイトからマイページへログインする。
      2. 手順2:マイページから入金をクリックする
      3. 手順3:入金する口座と入金方法を選択
      4. 手順4:入金先と振込人名義の確認と入金額を指定する
    2. 国内銀行送金による入金手数料は?
    3. 国内銀行送金の入金反映時間は入金確認後即時
    4. 国内銀行送金で入金するメリット
    5. 国内銀行送金で入金するデメリット
  3. ISF6Xのクレジットカードによる入金について
      1. 手順1:ISF6X公式サイトからマイページへログインする。
      2. 手順2:マイページから入金をクリックする
      3. 手順3:入金する口座と入金方法を選択
      4. 手順4:クレジットカード情報を入力する
      5. 手順5:入力情報と金額に間違いがないか確認して完了
    1. 対応している国際ブランドは3つ!デビットカードも利用できる
    2. クレジットカードによる入金手数料は?
    3. クレジットカードの入金反映時間は即時
    4. クレジットカード入金の上限額について
    5. クレジットカードで入金するメリット
    6. クレジットカードで入金するデメリット
  4. IS6FXの入金に関してよくある質問
    1. クレジットカード入金直後に決済額と請求額が異なる理由は?
    2. 他人名義のクレジットカードを入金に使えますか?
    3. プリペイドカード・デビットカードは使えますか?
    4. 入金手数料はいくらですか?
    5. 最低入金額はいくらからでしょうか?
    6. 入金に利用できる通貨はなんですか?
    7. 入金が取引口座に反映されるまでにどれくらい時間がかかりますか?
  5. IS6FXの入金方法は少ないがシンプルで分かりやすい

IS6FXの入金方法は銀行送金とクレジットカードの2種類!

IS6FXには国内銀行送金とクレジットカードを使った2種類の入金方法に対応しています。

同じく人気の高い海外FX業者「GEMFOREX」では13種類もの入金方法に対応していますが、それと比べるとISF6Xの入金方法は2つと少ないですね。

しかし国内銀行送金とクレジットカードを使った入金はどちらもスタンダードな入金方法で、普段から使いなれているのでスムーズに入金できるでしょう。

国内銀行送金とクレジットカードを使った入金方法と、メリットデメリットについて見ていきましょう。

IS6FXの国内銀行送金による入金について

まずISF6Xの国内銀行送金による入金について、入金方法や手数料・入金反映時間など詳しく見てい

基本通貨最低入金額入金上限額入金手数料入金反映時間
銀行送金10,000円(100USD)なし
  • 20,000円以上の入金で無料
  • 20,000円未満で1,500円
銀行の営業時間中に振込すると1時間以内に入金反映
クレジットカード5,000円(50USD)1回の入金額や月の入金回数に上限がある
  • 20,000円以上の入金で無料
  • 20,000円未満で1,500円

国内銀行送金による入金方法のやり方・手順について

IS6FXの取引口座に国内銀行送金で入金する方法に解説します。

手順1:ISF6X公式サイトからマイページへログインする。

国内銀行送金で入金するには、まずIS6FXの公式サイトにアクセスしましょう。

IS6FXの公式サイトはコチラ

公式サイトへアクセスしたらマイページにログインしてください。

手順2:マイページから入金をクリックする

次にマイページ左側にある「入金」をクリックしてください。

手順3:入金する口座と入金方法を選択

入金画面では入金する取引口座を選択します。

入金方法の選択では「銀行振込」を選びましょう。

手順4:入金先と振込人名義の確認と入金額を指定する

次に、振込先の銀行口座情報と振込人名義の正しい記入例が記載されている画面に移動します。

銀行送金で入金する際は以下の口座に振り込みを行います。

銀行名きらぼし銀行
支店名池袋支店
口座種別普通
口座番号5022873
口座名義カ)アイエーエス

振込人名義は「IS6FXの口座番号 自分の名前」の形式で入力してください。

例えばISF6Xの口座番号が「1234567」で名前が「山田太郎」の場合、振込人名義には「1234567 山田太郎」と記入します。

国内銀行送金による入金手数料は?

ISF6Xの国内銀行送金による入金手数料は以下の通りです。

入金額手数料
20,000円(USD200)以上の入金無料
20,000円(USD200)未満の入金1回あたり1,500円(USD15)
このようにISF6Xの国内銀行送金による入金では、20,000円以上の入金で手数料が無料となります。
手数料を節約したいのであれば、20,000円以上の入金をするようにしましょう。
国内銀行送金で入金する場合、振込手数料など送金にかかった手数料は自分で負担しなければなりません

国内銀行送金の入金反映時間は入金確認後即時

国内銀行送金を使った入金では、銀行の営業時間中に振込すると1時間以内に入金反映されます。

しかし銀行の営業時間外に振込すると、銀行の翌営業日の営業開始時間から1時間以内に入金反映されます。

国内銀行送金で入金するメリット

国内銀行送金での入金は入金上限額がありません。そのため国内銀行送金であれば、大きな資金も入金ができます。

また国内銀行送金はISF6X側に口座情報などを提出する必要がないため、安全性が高いメリットも。

ネット銀行を活用すれば、家に居ながら素早く入金できるので大変便利です。

国内銀行送金で入金するデメリット

国内銀行送金では20,000円以下の入金では1回あたり1,500円の入金手数料がかかります。

銀行振込する際の振込手数料など、ISF6X側に支払う手数料以外の手数料もかかります。

また銀行の営業時間外に入金手続きを行ったり、振込人名義を「IS6FXの口座番号 名前」で入力しなかった場合、入金までに時間がかかるので注意が必要です。

ISF6Xのクレジットカードによる入金について

IS6FXの取引口座にクレジットカードで入金する方法に解説します。

手順1:ISF6X公式サイトからマイページへログインする。

クレジットカードで入金するには、まずIS6FXの公式サイトにアクセスしましょう。

IS6FXの公式サイトはコチラ

公式サイトへアクセスしたらマイページにログインしてください。

手順2:マイページから入金をクリックする

次にマイページ左側にある「入金」をクリックしてください。

手順3:入金する口座と入金方法を選択

入金画面では入金する取引口座を選択します。

入金方法の選択では「クレジットカード」を選びましょう。

手順4:クレジットカード情報を入力する

次に下に表示されている「新しいクレジットカード情報を入力する」をクリックしてください。

クレジットカードの情報を入力するフォームが表示されます。以下の通り入力してください。

  • 入金に使いたいクレジットカードの国際ブランドを「VISA」「JCB」「MasterCard」から選ぶ
  • クレジットカードの番号を入力する
  • クレジットカードの有効期限を入力する(例:2030年4月なら04/30)
  • クレジットカードの裏面に記載されている3桁のセキュリティコードを入力する
  • 入金したい金額を選択もしくは自分で入力する

手順5:入力情報と金額に間違いがないか確認して完了

入金額まで選択・入力したら「入金する 〇〇〇円(入金額)」とかかれた黄色のボタンが表示されます。

入力したクレジットカードの情報や入金額に間違いがないかしっかり確認して「入金する 〇〇〇円(入金額)」とかかれた黄色のボタンをクリックします。

対応している国際ブランドは3つ!デビットカードも利用できる

ISF6Xでは以下の3種類の国際ブランドに対応しています。

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

また上記の国際ブランドのデビットカードであれば入金に使えます。

クレジットカードによる入金手数料は?

ISF6Xのクレジットカードによる入金手数料は以下の通りです。

入金額手数料
20,000円(USD200)以上の入金無料
20,000円(USD200)未満の入金1回あたり1,500円(USD15)
このようにISF6Xのクレジットカードによる入金手数料は国内銀行送金と同じです。
クレジットカード入金で手数料を節約したいのであれば、20,000円以上の入金をするようにしましょう。

クレジットカードの入金反映時間は即時

クレジットカードの入金反映時間は即時となっています。

素早く入金したい人にクレジットカード入金は最適です。

クレジットカード入金の上限額について

クレジットカード入金には1回の決済上限額と1ヶ月の決済回数に上限があります。

1回の決済上限額は以下の通りです。

VISA265,000円(2,650USD)
JCB・MasterCard500,000円(5,000USD)

1ヶ月の決済回数は以下の通りです。

VISA5件まで
JCB・MasterCard無制限

決済回数は「成功決済」のみカウントされ、決済に失敗した場合は決済回数にカウントされません。

決済回数のカウントは毎月1日にリセットされます。

クレジットカードで入金するメリット

クレジットカード入金のメリットは入金反映時間が速いことです。

また銀行送金の最低入金額が10,000円なのに対して、クレジットカード入金の最低入金額は5,000円なので、少額から取引したい人におすすめです。

クレジットカードで入金するデメリット

クレジットカード入金では20,000円以下の入金では1回あたり1,500円の入金手数料がかかります。

また1回あたりの入金上限額や1ヶ月あたりの決済回数が決まっているので、一度に大きな資金を入金したい人には不向き。

クレジットカード情報を入力する必要があるので、安全性にやや不安も残ります。

IS6FXの入金に関してよくある質問

ここではIS6FXの入金についてよくある質問を紹介します。

クレジットカード入金直後に決済額と請求額が異なる理由は?

クレジットカードで入金すると、海外ショッピングと同じ扱いになります。

そのため日本円で入金してもカードの締め日までは請求額が未確定となり、Web上の利用履歴には締め日以前は未確定金額として、本当の利用金額とは違う金額を載せるカード会社があります。

入金直後は決済額と請求額が異なっていても、カードの締め日に決済確定すると決済額と請求額は同じになります。

カードの締め日になっても決済額と請求額が異なる場合は、入金に使ったクレジットカード会社に問い合わせしてください。

他人名義のクレジットカードを入金に使えますか?

IS6FXでは、IS6FXの口座開設開設者本人の名義でなければ入金に使うことはできません。

例えば家族や友人のクレジットカードであっても利用不可です。

プリペイドカード・デビットカードは使えますか?

VISA・JCB・MasterCardのプリペイドカード・デビットカードであれば利用できます。

ただしカードの発行会社によっては決済できないケースが稀にあります。

入金手数料はいくらですか?

20,000円(USD200)以上の入金であれば入金手数料は無料です。

20,000円(USD200)未満の入金の場合は、1回あたり1,500円(USD15)の手数料がかかります。

最低入金額はいくらからでしょうか?

銀行送金の最低入金額は10,000円(USD100)で、クレジットカードの最低入金額は5,000円(USD50)です。

入金に利用できる通貨はなんですか?

銀行送金・クレジットカード入金ともに「JPY」と「USD」の2つの通貨を利用できます。

入金が取引口座に反映されるまでにどれくらい時間がかかりますか?

銀行送金の場合は、銀行の営業時間内に振込すれば1時間以内に反映されます。

銀行の営業時間外に手続きしてしまった場合は、銀行の翌営業日の営業開始時間から1時間以内に反映されます。

クレジットカードは入金手続き後、問題がなければ即時反映されます。

IS6FXの入金方法は少ないがシンプルで分かりやすい

IS6FXの入金方法は「銀行送金」「クレジットカード」の2種類のみとなっています。

電子ウォレットや仮想通貨での入金には対応していませんが、シンプルなので分かりやすいメリットがあります。

銀行送金とクレジットカード入金はそれぞれ最低入金額などいくつか違いがあるので、自分に最適な方を選んで入金しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました