【50名様限定】自動売買システム無料プレゼント

【IS6FX口座タイプ】口座タイプを比較!特徴やメリットデメリットを知ろう

IS6FXでは「マイクロ口座」「スタンダード口座」「プロ口座」「レバレッジ6,000倍口座」の、特徴が異なる4つの口座タイプがあります。

今回はISF6Xの4つの口座タイプについてそれぞれ詳しく解説していきます。

口座タイプごとの特徴をしっかりと理解して、自分のトレードスタイルや資金力に最適な口座タイプを選びましょう。

IS6FXには4つの口座タイプがある

IS6FXには

  1. マイクロ口座
  2. スタンダード口座
  3. プロ口座
  4. レバレッジ6,000倍口座

の4つの口座タイプがあります。

マイクロ口座 スタンダード口座 プロ口座 レバレッジ6000倍口座
最低入金額 5,000円(50USD) 5,000円(50USD) 10万円(1,000USD) 5,000円(50USD)
通貨ペア 31通貨 31通貨 31通貨 31通貨
ドル円の平均スプレッド 2.0pips 1.6pips 0.8pips 1.4pips
レバレッジ
  • 1,000倍:口座残高200万円以下
  • 500倍:口座残高200万円以上
  • 200倍:口座残高500万円以上
  • 100倍:口座残高1,000万円以上
  • 1,000倍:口座残高200万円以下
  • 500倍:口座残高200万円以上
  • 200倍:口座残高500万円以上
  • 100倍:口座残高1,000万円以上
400倍 6,000倍
基本通貨 JPY/USD JPY/USD JPY/USD JPY/USD
注文単位(1ロット) 1,000 通貨 100,000 通貨 100,000 通貨 100,000 通貨
最小/最大注文数 0.05ロット (50通貨)/100ロット 0.01ロット (1,000 通貨)/30ロット 0.01ロット (1,000 通貨)/30ロット 1 ロット(100,000 通貨)/30ロット
口座単位の保有ポジション数 30(新規指値注文含む) 30(新規指値注文含む) 30(新規指値注文含む) 30(新規指値注文含む)
取引手数料 無料 無料 無料 無料
ゼロカット あり あり あり あり
ロスカット 証拠金維持率が50%を下回った場合 証拠金維持率が50%を下回った場合 証拠金維持率が50%を下回った場合 証拠金維持率が50%を下回った場合
取引プラットフォーム MetaTrader4 MetaTrader4 MetaTrader4 MetaTrader4
利用制限/ボーナス付与 ボーナス対象外 なし
  • ボーナス付与対象外
  • EA利用不可
  • ボーナス付与対象外
  • EA利用不可
  • 6000倍口座への資金移動は不可
    6000倍口座からの資金移動は可能
  • 複数ポジションでの合算とし含み益が50万超えたら強制決済
口座開設/維持費用 無料 無料 無料 無料

※特徴が異なる項目は赤太字にしています

それぞれの口座タイプで何が違うか細かく見ていきましょう。

最低入金額の違い

まず4つの口座タイプは、最低入金額が異なります。

マイクロ口座 5,000円(50USD)
スタンダード口座 5,000円(50USD)
プロ口座 10万円(1,000USD)
レバレッジ6,000倍口座 5,000円(50USD)

マイクロ口座・スタンダード口座・レバレッジ6,000倍口座では、最低入金額が5,000円に設定されているので、資金が少ない人でも問題なく入金できます。

それと比べてプロ口座は最低入金額が10万円に設定されています。

そのため資金が少ない人にとってプロ口座は利用するまでのハードルが高いと言えます。

資金が少ない人には「マイクロ口座」「スタンダード口座」「レバレッジ6,000倍口座」のいずれかをおすすめします。

スプレッドの違い

4つの口座タイプではFX取引におけるコストであるスプレッドも異なります。

以下はそれぞれの口座タイプにおける、ドル円の平均スプレッドです。

マイクロ口座 2.0pips
スタンダード口座 1.6pips
プロ口座 0.8pips
レバレッジ6,000倍口座 1.4pips

マイクロ口座・スタンダード口座・レバレッジ6,000倍のスプレッドは1.4~2.0pipsとなっていて、平均的もしくは平均よりやや広めに設定されています。

それと比べてプロ口座は0.8pipsと最も狭く設定されています。

最低入金額は高いですがIS6FXでスキャルピングをメインに取引したいと考えている人は、プロ口座で取引すると余計なコストを払わなくて済みます。

最大レバレッジの違い

最大レバレッジとは、自分が入金した資金以上の取引をするための仕組みのことです。

以下は4つの口座タイプそれぞれの最大レバレッジです。

マイクロ口座 1,000倍
スタンダード口座 1,000倍
プロ口座 400倍
レバレッジ6,000倍口座 6,000倍

マイクロ口座とスタンダード口座の最大レバレッジは1,000倍ですが、口座残高によって以下のようなレバレッジ規制がかかります。

  • 1,000倍:口座残高200万円以下
  • 500倍:口座残高200万円以上
  • 200倍:口座残高500万円以上
  • 100倍:口座残高1,000万円以上

マイクロ口座とスタンダード口座で常にレバレッジ1,000倍をかけて取引したいのであれば、口座残高を200万円以下にしておく必要があります。

プロ口座の最大レバレッジは400倍と低く、できるだけ高いレバレッジをかけて取引したい人には不向き。

レバレッジ6,000倍口座は名前の通り最大レバレッジが6,000倍と非常に高く、ハイリスクハイリターンな取引が可能です。

注文単位(1ロット)

注文単位とは取引するために最低限必要な通貨単位のことです。

つまり注文単位の数字が大きければ大きいほど、取引するためのお金が多く必要となります。

マイクロ口座 1,000通貨
スタンダード口座 100,000通貨
プロ口座 100,000通貨
レバレッジ6,000倍口座 100,000通貨

スタンダード口座・プロ口座・レバレッジ6,000倍口座の注文単位は1ロット=100,000通貨です。

それと比べてマイクロ口座は注文単位が1ロット=1,000通貨なので、少額から取引したい人に最適です。

最小/最大注文数

最小注文数とは一度の取引で最低限必要な注文数で、最大注文数とは一度の取引における注文数の上限のことです。

4つの口座タイプの最小/最大注文数は以下の通りです。

マイクロ口座(最小/最大) 0.05ロット(50通貨)/100ロット(10万通貨)
スタンダード口座(最小/最大) 0.01ロット(1,000通貨)/30ロット
プロ口座(最小/最大) 0.01ロット(1,000通貨)/30ロット
レバレッジ6,000倍口座(最小/最大) 1ロット(10万通貨)/30ロット

スタンダード口座とプロ口座であれば、0.01ロットから取引が可能です。

利用制限/ボーナス付与

最後に利用制限やボーナス付与に関する違いについて見ていきましょう。

マイクロ口座 ボーナス付与対象外
スタンダード口座 なし
プロ口座
  • EA利用不可
  • ボーナス付与対象外
レバレッジ6,000倍口座
  • EA利用不可
  • 6000倍口座への資金移動は不可
  • 6000倍口座からの資金移動は可能
  • 複数ポジションでの合算とし含み益が50万超えたら強制決済

IS6FXではボーナスを受け取れるのがスタンダード口座のみとなっているので、ボーナスを使って取引したい人はスタンダード口座を選びましょう。

またプロ口座とレバレッジ6,000倍口座はEAが利用できないので、EAを使って運用したい人はマイクロ口座もしくはスタンダード口座を選んでください。

IS6FXマイクロ口座の特徴について

マイクロ口座は注文単位が1ロット1,000通貨と、全口座タイプの中で最も小さいのが特徴です。

注文単位が1ロット1,000通貨であれば証拠金が5,000円ほどあれば取引ができます。注文単位が小さいので1回で大きな利益を狙うことはできませんが、その分損失も少ないです。

マイクロ口座は少額で取引したい初心者の人におすすめ!

最大レバレッジは1,000倍ですが、口座残高によってかけれるレバレッジが異なります。

  • 1,000倍:口座残高が20,000ドル以下
  • 500倍:口座残高が20,000ドル以上
  • 200倍:口座残高が50,000ドル以上
  • 100倍:口座残高が100,000ドル以上

マイクロ口座は口座開設ボーナスや入金ボーナスなど、ボーナス対象外となっています。

ボーナス対象外なのでボーナスを活用したい人にはおすすめできません。またスプレッド幅も他の口座タイプより広いためスキャルピングには適しません

IS6FXスタンダード口座の特徴について

スタンダード口座は全口座の中で唯一、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのボーナスを受け取ることができます。

唯一ボーナスを受け取れる!口座タイプ選びに迷ったらスタンダード口座を選ぼう

最大レバレッジは1,000倍ですが、口座残高によってかけれるレバレッジが異なります。

  • 1,000倍:口座残高が20,000ドル以下
  • 500倍:口座残高が20,000ドル以上
  • 200倍:口座残高が50,000ドル以上
  • 100倍:口座残高が100,000ドル以上

注文単位は海外FXではメジャーな1ロット100,000通貨です。マイクロ口座ほど少額で取引できませんが、ボーナスを使ってある程度取引できるため初心者の人におすすめです。

マイクロ口座ほどの少額取引はできない。スプレッド幅は平均でスキャルピングには適していない

IS6FXプロ口座について

プロ口座は最低入金額が1,000ドルと全口座タイプの中で最も高く設定されている、海外FX経験者向けの口座です。

ドル円の平均スプレッドが0.8pipsと狭いため、スキャルピングなど取引回数が多い人におすすめです。

IS6FXでスキャルピングしたいならプロ口座を選ぶと有利に取引できます!

プロ口座はボーナス対象外で自動売買システム(EA)も利用できないので注意。

現在プロ口座は新規口座開設の受付を停止しています。

レバレッジが400倍なので高いレバレッジをかけたい人にもおすすめできない。ボーナス対象外でEA利用不可なので、ボーナスが欲しい人やEAを使いたい人には不向き

IS6FXレバレッジ6,000倍口座について

レバレッジ6,000倍口座は名前の通り、最大レバレッジが6,000倍となっています。レバレッジ6,000倍は業界最大レバレッジです。
とにかく高いレバレッジをかけて大きな取引をしたい人におすすめ
レバレッジ6,000倍口座には以下のような制限があります。
  • ボーナス対象外
  • EA利用不可
  • 6,000倍口座への資金移動ができない(6,000倍口座からの資金移動はできる)
  • 複数ポジションでの合算とし含み益が50万超えたら強制決済

レバレッジ6000倍口座は100口座限定となっています。

100口座限定で口座自体をなかなか開設できないことや利用制限が多いことはデメリットだと言える

ISF6Xの自分に最適な口座タイプを選んで取引しよう!

ISF6X4つの口座タイプそれぞれの特徴を理解できたでしょうか?

現在IS6FXでは「マイクロ口座」「スタンダード口座」の2つの口座タイプのみ新規受付しています。

どの口座タイプにするべきか分からない人は、口座開設ボーナスを受け取れる「スタンダード口座」をおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。