画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

Exnessは日本人に人気?口座開設ボーナスや入金出金方法など徹底解説

海外FX口座開設

Exnessは日本での知名度は低いものの、顧客の資産を徹底管理し安心して取引できる環境を整えています。口座タイプが豊富で、様々なトレードスタイルに対応しています。

Exness 4.1

最大レバレッジ平均スプレッド(ドル円)ボーナス
無制限1.1pipsなし
ゼロカット保証口座タイプ日本語対応
ありMT4:6種類 MT5:5種類している

Exnessで口座開設する

Exnessの評判は?特徴を紹介

経験, フィードバック, 調査, 顧客, ユーザー, オンライン, クライアント, 幸せ, 評価, レビュー

Exnessは、2008年にロシアで設立された海外FX会社です。Exnessはアジアの市場から注目されていて、2020年3月から日本人向けのサービスも開始しました。

まだまだ日本では知名度の低い海外FX会社ではありますが、唯一最大レバレッジ無制限を提供している海外FX会社として有名です。

ここではExnessがどのような海外FX会社なのか、安全性やボーナス、口座タイプなど特徴について詳しく解説していきます。

【Exnessの会社概要】

会社名
Nymstar Limited
所在地
F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
取得ライセンス
セーシェル共和国の金融ライセンス(ライセンス番号:SD025)

Exnessの取引時間

ExnessのFX取引可能時間は以下の通りです。

【夏時間】
月曜~土曜の午前6:05~午前6:00(日本時間)

【冬時間】
月曜~土曜の午前7:05~午前7:00 (日本時間)

これは全口座タイプで共通です。

Exnessの約定力は明確に表記されていない

海外FX会社によっては、約定力や約定スピードを数字で公表しているところもあります。

しかしExnessの公式ページを見ても、約定力に関する記載は特にありませんでした。SNS上ではExnessの約定力を評価する声はあるもの、はっきりとはわかっていません。

しかしExnessでは即時約定できる「プロ口座」という口座タイプがあります。約定力にこだわりたい人はプロ口座を利用するといいですよ。

Exnessの取扱商品は?CFD商品も取り扱っている

Exnessでは以下のような商品を取り扱っています。

取引商品名取り扱い銘柄数
FX103種類
コモディティ(商品)2種類
株式指数CFD81種類
貴金属10類
仮想通貨7種類

仮想通貨商品を取り扱っていることは大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。またFXの通貨ペアや株式指数CFDの種類も豊富です。

Exnessは法人口座が作れない

Exnessでは法人口座を作れません。そのため法人口座の開設を希望する人は、ほかの海外FX会社を検討しましょう。

Exnessはデモ口座を開設できる

Exnessではデモ口座を簡単に開設できます。Exnessのデモ口座に有効期限はありません。しかし90日間放置するとアーカイブ済み口座に振り分けられ使えなくなります。

再度使いたい場合は最有効化して再ログインすれば再度使えるようになります。

Exnessでは両建てやスキャルピングが認められている

Exnessでは両建てやスキャルピング取引が認められています。Exnessの公式サイトを見ても、特に両建てやスキャルピングに関する制限や注意事項は記載されていません。

しかし公式サイトには以下のような文言がかかれています。

以下のトレーダーへのサービスを停止する権利を留保します

Exnessは、以下のトレーダーへのサービスを停止する権利を留保します。非倫理的な行動、詐欺、ソフトウェア操作、または言及されていない違法行為に従事する。

引用元:Exness公式サイト

両建てやスキャルピングについて不安がある場合は、事前にサポートセンターへ問い合わせすることをおすすめします。

ExnessはEAも利用できる

ExnessではEA(自動売買システム)の利用も可能となっています。

しかしExnessではEAの販売をしていないので、自分でEAを見つけて導入する必要があります。EAを使って万が一トラブルが起きた場合、Exnessでは保証してくれないので注意しておきましょう。

Exnessの安全性について

セキュリティ, 男, エスカレーター, 警察, ガード, 役員, 監視

Exnessは最近になって日本人向けのサービスを提供し始めました。そのため一番気になるのが安全性ではないでしょうか。

ここではExnessの安全性を、金融ライセンスや資金の管理方法などさまざまな角度から見ていきます。

Exnessはセーシェル共和国の金融ライセンスを取得している

Exnessはセーシェル共和国の金融ライセンス(ライセンス番号:SD025)を取得しています。

またExnessの運営母体は、取得難易度が高いとされている「ギプロス証券取引委員会」と「金融行動監視機構」のライセンスを取得。

Exnessが取得しているセーシェル共和国の金融ライセンスは信頼度があまり高くありません。しかし運営母体が取得している2つのライセンスは信頼度が高いです。

そのため金融ライセンスの面で考えると、Exnessは安全性に問題がない海外FX会社だと言っていいでしょう。

顧客の資産を分別管理

またExnessでは顧客の資産を信託銀行にて分別管理しています。

しかし、顧客の資産を信託会社に依頼し管理してもらうことで万が一会社が倒産しても信託会社などが顧客に資産を返還する信託保全はありません。

万が一のリスクを考え、口座に多額の資金を入れない・利益はこまめに出金するなど自分でリスク管理を行いましょう。

日本語サポートに対応!公式サイトはやや分かりづらい

Exnessでは以下の言語に対応しています。

英語・中国語・タイ語・インドネシア語・アラビア語・ヒンディー語およびウルドゥ語・ベンガル語・ベトナム語・日本語・韓国語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語

日本語サポートにも対応しています。公式サイトも日本語表記ですが、やや分かりづらい部分もあります。

世界4大会計事務所の監査の元財務状況を公表している

Exnessでは世界4大会計事務所のひとつ「Deloitte」の監査の元、公式サイト上に月間取引量・トレーダー数・出金額・アフィリエイト報酬など、会計や財務に関する状況を細かく公表しています。

このようにExnessは透明性の高さも魅力的です。

Exnessは出金拒否や出金遅延など出金トラブルの噂が少ない

Exnessの出金トラブルに関する情報をSNSでチェックしてみると、出金拒否されたと投稿している人がいました。

しかし出金ルールの沿っていなかったため出金拒否されたようです。このようにExnessでは、取引ルールや入手金方法のルールを守っていない場合、出金拒否される可能性があります。

正しくルールにのっとって取引すれば出金トラブルは起きにくいので、取引前にルールの確認を行いましょう。

Exnessではゼロカット方式を採用している

Exnessではゼロカット方式を採用しています。そのためれーどが急激に変動し口座残高がマイナスになっても、口座残高はゼロにリセットされ追証はありません。

借金リスクがないため安心して取引できますが、入金額がすべて失われることはあります。

Exnessにはボーナスがない

残念ながらExnessには、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのボーナスはありません。しかし不定期にボーナスキャンペーンを開催することもあるので、定期的に公式サイトを確認しましょう。

Exnessには豊富な口座タイプがある

手, 指, ポジティブ, ブレスレット, 親指, 好きな, 幸せです, 安全

Exnessには6つのも口座タイプがあり、トレードスタイルや経験にあわせて選べます。

 スタンダードスタンダードセント(MT4のみ)スタンダードプラスロースプレッドゼロ プロ
最低入金額なしなしなし1,000ドル1,000ドル1,000ドル
ドル円の最低スプレッド:0.3pips0.3pips1.0ips0.0pips0.0pips0.1pips
最大レバレッジMT4:無制限
MT5:2,000倍
無制限MT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
MT4:無制限
MT5:2,000倍
注文単位1ロット(100,000通貨)1ロット(100,000通貨)1ロット(100,000通貨)1ロット(100,000通貨)1ロット(100,000通貨)1ロット(100,000通貨)
最小注文数0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)0.01ロット(1,000通貨)
取引手数料無料無料無料最大3.5ドル3.5ドルから無料
ロスカット水準0%0%0%0%0%0%
追証なしなしなしなしなしなし
利用制限なしFXと貴金属取引のみなしなしなしなし
口座開設/維持費用なしなしなしなしなしなし

それぞれの口座の特徴について見ていきましょう。

スタンダード口座

もっとも一般的な口座がこのスタンダード口座です。MT4とMT5のスタンダード口座の違いは最大レバレッジです。

MT4のスタンダード口座は最大レバレッジが無制限ですが、MT5の最大レバレッジは2,000倍となっています。

スタンダード口座でもスプレッド幅が狭いので、どの口座にするべきか悩んだらスタンダード口座をおすすめします。

取引手数料無料でスプレッド幅が狭くスキャルピングに適している。最低入金額も設定なしでハードルが低い
特になし

スタンダードセント口座

スタンダードセント口座は基本的にスタンダード口座と変わりがありません。しかし口座開設できるのはMT4のみとなっています。

また取引できるのがFXと貴金属取引のみとなっています。

取引手数料無料でスプレッド幅が狭くスキャルピングに適している。最低入金額も設定なしでハードルが低い
MT5に対応していない。FXと貴金属取引以外の商品取引ができない

スタンダードプラス口座

スタンダードプラス口座は、Exness公認の提携企業に属するお客様限定の口座となっています。

口座の特徴はスタンダード口座と似ていますが、スプレッド幅はやや広くなっています。

取引手数料無料。最低入金額の設定がなく最小注文数も小さいのでハードルが低い
一般のトレーダーは口座開設できない。スプレッド幅が他の口座タイプより広い

ロースプレッド口座

ロースプレッド口座はスプレッド幅が非常に狭いため、スキャルピングしたい人におすすめです。

取引手数料は最大で3.5ドルと低いため、手数料を安く抑えたい人におすすめです。

スプレッド幅が狭くスキャルピングに適している
取引手数料がかかる。最低入金額が1,000ドルと初心者にはハードルが高い

ゼロ口座

ゼロ口座では30の通貨ペアにおいて取引時間帯の95%でゼロスプレッドとなっています。

取引手数料は3.5ドルからなので、条件によっては手数料が高くなる可能性もあります。

スプレッド幅が狭くスキャルピングに適している
取引手数料がかかる。最低入金額が1,000ドルと初心者にはハードルが高い

プロ口座

プロ口座はプロトレーダー向けの口座です。スプレッド幅が狭く、取引手数料もかかりません。

注文は即時約定(リクオート適用)なので、狙ったポイントでしっかり注文や決済が可能です。

取引手数料が無料。スプレッド幅が狭くスキャルピングに適している
最低入金額が1,000ドルと初心者にはハードルが高い

Exnessの口座開設方法について

ここではExnessの口座開設方法について解説していきます。

まずExnessの公式サイトへアクセスしましょう。公式サイトのトップページ右側に入力フォームがあります。

居住国・メールアドレス・任意のパスワードを入力したら「私は、納税義務のある米国市民または米国居住者ではないことを確証および誓約します。」と書かれたチェックボックスにチェックを入れ、下の「続行」を押します。

続行ボタンを押すとマイページへ移動します。マイページ右上に「取引を続行する」というボタンがあるので押しましょう。

電話番号認証を行い個人情報を入力する

まず電話番号認証を行います。

携帯電話の番号の先頭0を抜いてハイフンなしで番号を入力。入力したら「コードを受信する」を押します。

入力した携帯番号に6桁の確認コードが送られてくるので、確認コードを入力し「続行」ボタンを押してください。

その後「名前」「生年月日」「住所」などの個人情報を入力し「次へ」を押します。

プロフィール入力と本人確認を行う

マイページのトップに戻り、右上に表示されている「プロフィールの確認」を押します。自分の職業や雇用状況などいくつかの項目を正確に入力しましょう。

プロフィールの入力が終わったら、本人確認書類と住所証明書類をアップロードし提出。これで口座開設が完了し取引できる状態となります。

Exnessでは最大2000もの口座を保有できる

Exnessでは「スタンダード口座」と「プロ口座」は最大100口座まで、「ロースプレッド」と「ゼロ」座は、最大2000口座保有できます。

他の海外FX会社よりも保有できる口座数がかなり多くなっています。

Exnessのプラットフォームは2種類

ハッキング, サイバー, Blackandwhite, 犯罪, セキュリティ

Exnessには「MT4」と「MT5」の2つの取引プラットフォームがあります。

以下の記事を参考に、MT4かMT5のどちらが自分に適しているか考えて選びましょう!

ExnessではVPSを提供している

VPSとは仮想専用サーバーのことです。

MT4やMT5を使って自動売買システム(EA)を利用する際は、24時間パソコンを起動し続ける必要があります。

そのため、万が一停電やPCのトラブル、ネットワークのトラブルでEAが停止すると損失を出してしまう可能性があります。

そこでVPSサーバーを利用することで、PCを起動し続けなくてもEAを運用させることが可能。停電などのトラブルでPCが起動しなくなっても安心です。

Exnessでは500ドル以上もしくは別通貨で500ドルと同等額の入金実績があれば、無料でVPSを提供しています。

EAの運用を考えている人におすすめです。

Exnessの入出金方法について

お金, 現金, 札, 通貨, 銀行のノート, ユーロ, 富

ここではExnessの入出金方法について詳しく解説していきます。スムーズな入出金を行うためにしっかり確認していきましょう!

Exnessの入金方法について

Exnessの入金方法は以下の通りです。

  • bitwallet
  • STICPAY
  • クレジットカード(VISA・Master・JCB)
  • 仮想通貨(BTC・USDT
  • PerfectMone
  • WebMoney

Exnessの出金方法について

Exnessの出金方法は以下の通りです。

  • bitwallet
  • STICPAY
  • クレジットカード(VISA・Master・JCB)
  • 仮想通貨(BTC・USDT
  • PerfectMone
  • WebMoney

Exnessは銀行送金には対応していませんが、クレジットカードや電子ウォレット、仮想通貨など様々な入出金方法に対応しています。

Exnessで口座開設する

その他おすすめの海外FX取引業者

Exness以外におすすめな海外FX取引業者を紹介します。

Gemforex(ゲムフォレックス)

口座開設で20,000円ボーナスプレゼント中!初心者や資金が少ない人におすすめ

Gemforex 4.3 Gemforexでは現在、口座開設で2万円のボーナスがもらえます。また定期的に100~200%の入金ボーナスを獲得できる抽選会を開催。口座開設するだけで2万円もらえるので初期資金が少ない人から大人気です。日本語にも対応しているため日本人でも問題なく利用できます。

最大レバレッジ平均スプレッド(ドル円)ボーナス
1000倍1.4pips口座開設ボーナス:最大2万円 入金ボーナス:100~200%
ゼロカット保証口座タイプ日本語対応
あり3種類している

Gemforexで口座開設する

Gemforexの詳細はコチラ

IS6FX

新規口座開設で5,000円ボーナスプレゼント!現在100%ボーナスキャンペーンも実施中です。

IS6FX 4.1 IS6FXは最大1,000倍の高いレバレッジが魅力の取引所です。口座タイプが4つあり、ぞれぞれのトレードスタイルや資金に合わせた口座の開設が可能。IS6FXでは新規口座開設で5,000円のボーナスをプレゼント。また「バレンタインキャンペーン」を開催していて、高級ブランドバッグが抽選で3名に当たります。

最大レバレッジ平均スプレッド(ドル円)ボーナス
1000倍1.6pips口座開設ボーナス:最大2万円 入金ボーナス:100~200%
ゼロカット保証口座タイプ日本語対応
あり4種類している

IS6FXで口座開設する

IS6FXの詳細はコチラ

XM Trading

信頼度・知名度ともに高いXMでは新規口座開設で3,000円のボーナスがもらえます

XMTrading 4.5 XMは世界中のトレーダーに利用者が多く、日本人から最も人気のある海外FX取引所です。最大レバレッジ888倍で少額取引も可能。日本語対応の充実したサポートには定評があり初心者にもおすすめです。新規口座開設で3000円のボーナスがもらえます。

最大レバレッジ平均スプレッド(ドル円)ボーナス
888倍1.5pips口座開設ボーナス:3,000円 入金ボーナス:100%
ゼロカット保証口座タイプ日本語対応
あり3種類している

XMで口座開設する

XMの詳細はコチラ  

コメント

タイトルとURLをコピーしました