画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXの入出金で使えるSTICPAYとは?特徴や新規登録方法を解説

海外FX知識

海外FXの入出金に使える手段の中に「STICPAY」というものがあります。

STICPAYは普段の生活の中ではあまり聞きなれない言葉なので、どのようなサービスなのか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回は海外FXの入出金にも使うことができる便利なSTICPAYについて、特徴や口座開設の方法など詳しく解説していきます。

STICPAY(スティックペイ)とは?

株式, Iphone, ビジネス, モバイル, 電話, 通信, デジタル, 画面

STICPAYとは、インターネット上で自分の資産を管理するオンラインウォレットです。STICPAYの会社概要です。

運営会社Coopertoby Ltd
設立年月日2019年10月10日
登録住所Kemp House,160 City Road,London,Unted Kingdom,EC1V 2NX
登録先イギリスの金融行動監視機構(FCA)

STICPAYは2019年に設立された比較的新しいサービスです。現在では複数の海外FX会社が、STICPAYによる入出金に対応しています。

運営会社のCoopertoby Ltd自体は、オンラインウォレットに関するライセンスを取得していません。

Coopertoby Ltdは、「CFS-Zipp Ltd」という企業が持っているライセンスを使ってライセンスを取得しSTICPAYを提供しています。

CFS-Zipp Ltdは電子マネー業界で20年以上の実績を持ったイギリスの会社です。イギリスの金融行動監視機構(FCA)から電子マネーに関するライセンスを取得しています。

STICPAYでできること

茶色の革の靴, 男, イヤホン, ファッション, 男性, モデル, 人

STICPAYには海外送金や買い物の決済など、便利な利用方法がたくさんあります。ここではSTICPAYでできることを紹介していきます。

海外送金

STICPAYを使って海外送金することができます。

例えばアメリカに住んでいるAさんが日本に住んでいるBさんにお金を送ろうと思ったときに、ネット銀行を含む銀行を使って送金すると手間も時間もかかってしまいます。

そこでAさんとBさんがSTICPAYのアカウントを開設すれば数分で送金が完了します。

また海外FX会社の口座やオンラインカジノ口座にお金を送金することもできます。

STICPAYカードを使って決済できる

STICPAYカードとは、世界的なカード会社と提携したプリペイドカードです。STICPAYアカウントからSTICPAYカードにチャージして使用します。

STICPAYと提携したオンラインショップを含む店舗では、STICPAYカードを使って利用料金の決済を行うことができます。

オフライン決済については1日最大15,000香港ドル(2,000USD)までとなっています。

STICPAYカードを使って全世界のATMから出金できる

STICPAYカードを使うことで全世界のATMからお金を出金することができます。ATMからの出金は1日最大10,000香港ドル(12,000USD)までとなっています。

国内銀行出金と国内銀行入金ができる

国内銀行送金とは、STICPAYと提携した銀行口座から現在住んでいる国の銀行口座へ送金されたお金を受け取るサービスです。

海外銀行出金よりも簡単に行うことができ1~2日で処理が完了。手数料が低いのも魅力的です。

現在、国内銀行出金に対応しているのは以下の国となっています。

  • 日本
  • フィリピン
  • インドネシア
  • 中国
  • マレーシア
  • シンガポール
  • 韓国

国内銀行入金は現在住んでいる国の銀行口座からSTICPAYと提携した銀行口座へお金を送金できるサービスです。

STICPAYを利用した国内銀行入金も、素早い処理と低い手数料が魅力です。

現在、国内銀行入金に対応しているのは以下の国となっています。

  • 日本
  • 中国
  • 韓国

STICPAYの入出金方法とそれぞれの手数料について

お金, 貯蓄, 貯金箱, ホワイト, お金を節約, お金の概念を保存します

STICPAYでは入金と出金の際に手数料がかかり、入出金の方法や国によって手数料が異なります。

ここではSTICPAYの手数料について詳しく解説していきます。

入金方法と手数料について

STICPAYへの入金方法と手数料は以下の通りです。

入金方法手数料
海外銀行入金1%
国内銀行入金国によって異なる
Masterカード3.85%
VISAカード3.85%
UnionPay2%
ビットコイン1%
ライトコイン1%

国内銀行入金の各国の手数料

国内銀行入金の各国の手数料は以下の通りです。

手数料
日本2%
中国5,000ウォン+2%
韓国2%

出金方法と手数料について

STICPAYへの出金方法と手数料は以下の通りです。

出金方法手数料
海外銀行入金5%
国内銀行入金国によって異なる
STICPAYカード1.3%
UnionPay2%
ビットコイン1.5%+25ドル
ライトコイン1%

国内銀行入金の各国の手数料

国内銀行出金の各国の手数料は以下の通りです。

手数料
日本800円+2%
インドネシアIDR 20,000+1.5%
マレーシアMYR 20.00+1.5%
シンガポールSGD 3.00+1.5%
中国2%
韓国5,000ウォン+2%
フィリピンPHP 120.00+1.5%

STICPAYカード関連の手数料

STICPAYカードではSTICPAYの口座からお金をチャージする場合と、STICPAYカードを使ってATMから出金する場合に手数料がかかります。

手数料
STICPAYの口座からSTICPAYカードへチャージチャージ金額の1.3%
STICPAYカードでATMから出金出金額の1%

海外FXでSTICPAYを使うメリットは?

パーセント, 100, 3 D, 部分的な支払, 手, 書きます, ペン, 紙

様々な入出金方法がある中で、STICPAYを使うメリットはあるのでしょうか?

ここではSTICPAYを使って入出金方法するメリットについて紹介します。

日本語に完全対応している

STICPAYはイギリスのサービスですが日本語に完全対応しています。STICPAYの公式サイトは日本語で表示され「STICPAY日本語ガイド」というものも存在します。

そのため英語が話せない人でも問題なく口座開設を行い、STICPAYを利用可能。また困ったことがあっても日本語で質問して日本語で返答をもらうことができます。

bitwalletよりも入金方法が豊富である

STICPAYと同じくオンラインウォレットのひとつである「bitwallet」も、海外FXの入出金でよく使われています。

bitwalletへの入金方法は以下の通りです。

  • クレジットカード(VISA・master・その他のブランド)
  • 指定銀行口座(GMOあおぞらネット銀行・みずほ銀行)
  • 専用銀行口座(GMOあおぞらネット銀行)

bitwalletの入金方法に対してSTICPAYの入金方法は銀行・クレジットカード以外にも、UnionPayや仮想通貨にも対応しています。

bitwalletよりも入金方法が豊富であることはSTICPAYの魅力のひとつだと言えるでしょう。

STICPAYに対応している海外FX会社を紹介

ノートブック, カフェ, ブログ, モバイル, ビジネスマン, 社会

ここでは当サイトが日本人におすすめする海外FX会社8社それぞれが、STICPAYによる入出金に対応しているかを紹介します。

STICPAYを使って資金を入出金したいと考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

STICPAYによる入金STICPAYによる出金
XMTrading
Gemforex×
FXGT
Exness
IS6FX××
Tradeview Forex×
bigboss××
LAND-FX

XMTradingは入出金ともにSTICPAYに対応している

日本人人気が最も高いXMTradingでは、入金・出金ともにSTICPAYに対応しています。

STICPAYによる入出金は手数料無料。さらに24時間以内に処理が行われスピーディーに入出金が完了します。

XMTradingには入出金の方法が同一でなければならないというルールがあります。STICPAYで出金できるのはSTICPAYで入金した合計金額までとなっています。STICPAY以外の方法で入金した場合、STICPAYでの出金はできないので注意が必要です。

Gemforexは入金のみSTICPAYに対応している

豊富なボーナスが魅力のGemforexでは入金のみSTICPAYに対応しています。

STICPAYによる入金は手数料無料です。最低入金額はなく即時に反映されます。

Gemforexの詳細はコチラ

FXGTは入出金ともにSTICPAYに対応している

FXGTは入金・出金ともにSTICPAYに対応しています。

STICPAYによる入金は手数料無料です。最低入金額は5,000円で即時に反映されます。

STICPAYによる出金は手数料無料です。最低出金額はなく48時間以内に出金処理が完了します。

FXGTの詳細はコチラ

Exnessは入出金ともにSTICPAYに対応している

Exnessは入金・出金ともにSTICPAYに対応しています。

STICPAYによる入金は手数料無料です。最低入金額は1ドルで即時に反映されます。

STICPAYによる出金は手数料無料です。最低入金額は10,000ドルで即時に反映されます。

Exnessの詳細はコチラ

IS6FXはSTICPAYに対応していない

IS6FXでは残念ながらSTICPAYによる入出金には対応していません。

IS6FXの入金方法はクレジットカードと銀行送金、出金方法は銀行送金のみとなっています。

IS6FXの詳細はコチラ

Tradeview Forexは入金のみSTICPAYに対応している

Tradeview Forexは入金のみSTICPAYに対応しています。

STICPAYによる入金は手数料無料で入金は即日反映されます。

Tradeview Forexの詳細はコチラ

bigbossはSTICPAYに対応していない

bigbossでは残念ながらSTICPAYによる入出金には対応していません。

bigbossの入金方法はクレジットカード・銀行送金・ビットコイン、出金方法は銀行送金のみとなっています。

bigbossの詳細はコチラ

LAND-FXは入出金ともにSTICPAYに対応している

LAND-FXは入金・出金ともにSTICPAYに対応しています。

STICPAYによる入金は手数料無料です。最低入金額は500円となっています。

STICPAYによる出金は手数料が0.3米ドル+2.5%かかります。

LAND-FXの詳細はコチラ

STICPAYへの登録方法を解説

お支払い, クッキー, ペストリー, 甘い, カウント, 右, 不正確な, 数学

ここではSTICPAYへの登録方法を解説します。まずはSTICPAY公式サイトへアクセスします。トップページ右上の「会員登録」を押します。

個人情報や取引に関する項目を入力する画面へ移動します。指示された項目を全て入力していきましょう。

全て入力すると下の方に利用規約同意のためのチェック欄と署名欄があります。

チェックボックスに全てチェックを入れて、署名欄にはマウスを使って自分の名前を書き「次へ」を押します。

次にSMS認証へ移ります。登録した電話番号に自動音声にて電話がかかってきます。電話で伝えられたコードを入力しましょう。

SMS認証が終わると登録が完了します。

入金方法が豊富なSTICPAYで海外FXの入出金をしてみよう!

Eコマース, 安全性, オンラインでの支払, の確保支払, Https, 貿易

STICPAYは日本語に対応した便利なオンラインウォレットです。様々な入金方法に対応していて、多くの海外FX会社が入出金方法として採用しています。

一方でSTICPAY口座へ入金する際にそれぞれの方法で異なる手数料がかかるので、しっかり理解してから利用するようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました