画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXで使える移動平均線とは?種類や特徴にMT4での設定方法を解説

海外FX知識

移動平均線とはFX取引で使われる「インジケーター」のひとつです。移動平均線はシンプルでありながら有効性が高いため、初心者だけでなくプロのトレーダーでの愛用者が多いです。

これから海外FXを始める予定の人は「ローソク足」や「ダウ理論」に加えて、移動平均線についてもしっかり理解を深めておきましょう!

今回は移動平均線の仕組みや種類など特徴について詳しく解説していきます。またMT4上で移動平均線を表示させる方法も紹介します。

移動平均線とは?

矢印, トレンド, 実業家, 男, 経済, ビジネス, 金融, 方向, オフィス

移動平均線とは、過去の一定期間の終値の平均値を線で表示したインジケーターです。以下の画像の赤い曲線が移動平均線です。

移動平均線を表示させる際には「期間」を設定します。仮に期間を「20」と設定した移動平均線は、直近20日間の終値の平均値を表します。

期間を「200」と設定した移動平均線は、直近200日間の終値の平均値を表します。

よく使われる移動平均線の期間設定は?

移動平均線の期間はそれぞれが自由に設定できます。自由がゆえに、海外FX初心者の人は期間の設定をどうすべきか悩んでしまうでしょう。

一般的な移動平均線の期間設定は以下を参考にしてください。

【短期】10・15・20・21・25など
【中期】50・75・100など
【長期】200など
トレーダーによって表示させる移動平均線の本数や種類には違いがあるため、どの期間・どの種類が正解か、ということはありません。

移動平均線には4つの種類がある

解析, 銀行, ブローカー, ビジネス, 危機, 暗号化, 通貨, チャート

移動平均線には

  1. 単純移動平均線(SMA)
  2. 指数平滑移動平均線(EMA)
  3. 平滑移動平均(SMMA)
  4. 加重移動平均線(WMA)
  5. 線形加重移動平均(LWMA)

の4種類があります。ここでは4種類の移動平均線について、それぞれ特徴など詳しく解説していきます。

単純移動平均線(SMA)

単純移動平均線は最もシンプルな移動平均線で、一定期間の終値を平均したものです。

単純移動平均線はシンプルで分かりやすいので、海外FX初心者にもおすすめ。プロのトレーダーでも単純移動平均線を使っている人は多いです。

単純移動平均線のデメリットとしては、レートが急激に動くとその動きについていけないことです。

指数平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均線は直近の価格の比重をおいた移動平均線で、単純移動平均線よりも相場の動きに素早く対応することができるのが特徴です。

反応が早いのは良いことですが、その分単純移動平均線よりダマシも多くなる可能性が高いです。

平滑移動平均(SMMA)

平滑移動平均は指数平滑移動平均線を改良した移動平均線です。ノイズを除去し、単純移動平均線や指数平滑移動平均線よりも滑らかな曲線を描きます。

単純移動平均線よりも長期的なトレンドを確認するのに便利です。

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線は単純移動平均や指数平滑移動平均よりも直近の価格に比重をおいています。そのためトレンドが出ている局面では現在の価格に最も近い水準で動きます。

トレンド相場や短期足で取引する際に加重移動平均線は活躍します。

しかしレンジ相場やレートが乱高下している局面では、単純移動平均や指数平滑移動平均よりもノイズが大きくなってしまいます。

線形加重移動平均線(LWMA)

線形加重移動平均線は直近の値動きに比重をおくことで、単純移動平均の反応の鈍さを解消した移動平均線です。

線形加重移動平均線はレートの動きが緩やかな相場で有効ですが、レンジ相場やレートが急激に動いた局面では有効性が低くなります。

海外FXで移動平均線をどう活用できるか

ラップトップ, アップル, Macbook, コンピュータ, ブラウザー, 研究

海外FXにおいて移動平均線は、今の状況が「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」のどの相場なのか、環境認識するのに役立ちます。

またエントリーする根拠のひとつとしても使えます。ここでは海外FXにおける移動平均線の活用方法を紹介します。

環境認識に役立つ

移動平均線は現在の相場が「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」のどの状況にあるのか、環境認識に役立ちます。

移動平均線とローソク足の位置関係と移動平均線の傾きで環境認識を行います。

上昇トレンド相場の場合

上昇トレンド相場の場合、下画像のようにローソク足が移動平均線より上にあり、移動平均線が上に傾きます。

下降トレンド相場の場合

下降トレンド相場の場合、下画像のようにローソク足が移動平均線より下にあり、移動平均線が下に傾きます。

レンジ相場

レンジ相場の場合、下画像のように移動平均線とローソク足の位置関係が定まりまっていません。また移動平均線の傾きも横ばいになっているのが分かります。

エントリーの根拠として使える

移動平均線はエントリーの根拠としても使えます。有名なものに「ゴールデンクロス」「デッドクロス」「パーフェクトオーダー」があります。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に突き抜けることを言います。

ゴールデンクロスが発生すると、これから相場が上昇するサインになります。移動平均線の傾きがきついほど信頼度が高まります。

デッドクロス

デッドクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜くことを言います。

デッドクロスが発生すると。これから相場が下降していくサインになります。動平均線の傾きがきついほど信頼度が高まります。

パーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーとは短期・中期・長期の3本の移動平均線を表示させ、移動平均線の並びから上昇トレンド・下降トレンドを判断するのに役立つサインです。

上昇トレンドの場合、下画像のように移動平均線が上から短期→中期→長期の順に並んだ状態です。

下降トレンドの場合、下画像のように移動平均線が上から長期→中期→短期の順に並んだ状態です。

パーフェクトオーダーも移動平均線の傾きがきついほど信頼度が高まります。

MT4で移動平均線を表示させる方法

ここではMT4で移動平均線を表示させる方法を解説します。まずMT4を開きましょう。

上にあるタブから「挿入」をクリックすると、その下に「インディケーター」と出るのでクリックします。そして次に右側出てくる「Moving Average」をクリックします。

すると移動平均線の期間などを設定する画面が開きます。

「期間」「移動平均線の種類」「スタイル」を自由に設定しましょう。移動平均線の種類は「Simple」をクリックすると表示されます。

上から

  1. 単純移動平均線(SMA)
  2. 指数平滑移動平均線(EMA)
  3. 平滑移動平均(SMMA)
  4. 線形加重移動平均(LWMA)

となっているので、好きな種類を選びましょう。スタイルは移動平均線の色や線の種類・太さを選べます。

スタイルは、左から「線の色」「線の種類」「線の太さ」です。設定が終わったら「OK」を押して完了です。

2本目、3本目の移動平均線を表示させたいのであれば、同じ工程を繰り返しましょう。

海外FX初心者は移動平均線について勉強しよう!

チャート, 繁栄, 曲線, 上方, 利益, 経済, 金融, 雇用, 赤, 白

移動平均線は海外FX初心者が最初に覚えるべきインジケーターのひとつです。シンプルでありながら、環境認識やエントリーの根拠として役立ちます。

まだMT4やMT5に移動平均線を表示させていないという人は、1本でもいいので移動平均線を表示させてみましょう。

それだけで相場の状況や方向感がつかめるようになりますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました