画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

日本FX会社は規制が多い!日本FXより海外FXがおすすめな理由とは?

海外FX知識
FX取引を行うためには日本FX会社もしくは海外FX会社を利用する必要があります。

日本FXには「安全性が高い」「スプレッド幅が狭い」「入出金がスムーズ」などのメリットがあります。

しかし日本FXには規制が多く、口座残高がマイナスになると追証を支払わなければならないなどのデメリットも多いです。

今回は日本FXより海外FXがおすすめな理由について詳しく解説していきます。

日本FX会社は規制が多い!

FX取引を行うためにはFX会社の口座を開設する必要があります。FX会社には日本の会社と海外の会社があり、それぞれルールや特徴に違いがあります。

日本FX会社は安全性の高さが魅力ですが、規制が多いためたっぷり稼ぎたい人にはおすすめでません。

日本FX会社にはレバレッジ規制がかけられている

レバレッジとは自分の資金以上の取引をするための仕組みです。2010年以前には最大レバレッジ200倍に設定している日本FX会社が多く、中には400倍・500倍と高いレバレッジをかけれる会社も存在しました。

しかしレバレッジをかけることで大きな損失を抱えるトレーダーが増えたことで、2010年8月から最大レバレッジが50倍に規制されました。

さらに2011年8月になると最大レバレッジは25倍に規制されました。

このように2021年の現時点では、全ての日本FX会社の最大レバレッジが25倍となっています。

日本FXでは法人口座もレバレッジ規制がある

2011年8月にかけられたレバレッジ規制は個人のトレーダーに対して行われたものであり、法人口座であればレバレッジ規制なく取引できてきました。

そのためFXで稼いでいるトレーダーの中には株式会社を設立し、レバレッジ規制から逃れている人もいました。

しかし2015年に起きた「スイスフランショック」をきっかけに法人口座にもレバレッジ規制がかけられることになりました。

スイスフランショックとは2015年1月15日に、スイス国立銀行がスイスフランの対ユーロ上限「1ユーロ=1.20フラン」の廃止を発表しスイスフランが大暴落した出来事です。

法人口座のレバレッジは25~100倍と変動制になっています。

海外FXなら高いレバレッジをかけて取引できる

海外FXは日本の金融庁のライセンスを取得していないので安全性に欠けますが、日本の法律に縛られないためレバレッジ規制がありません。

海外FX会社によって1,000倍や2,000倍さらに、はレバレッジ無制限など、日本FXでは考えられないほど高いレバレッジをかけれます。

少額の資金で大きな取引ができるレバレッジですから、資金の少ない初心者にとって海外FXの高いレバレッジはありがたいですよね。

日本FXは口座開設にも時間がかかる

日本FX会社の口座開設は時間がかかります。

日本FX会社で口座開設する場合、ネット上で申し込みをした後にすぐ取引できるわけではありません。

申し込み後にはFX会社の審査が行われ、審査に落ちると口座開設自体ができません。

審査に通ると、マイページにログインするためのログインIDとパスワードが書かれた書類が郵送で自宅に届きます。

口座開設完了し取引できるようになるまで3~5日程度かかるでしょう。

最近は「スマホで本人認証」という制度を導入しているFX会社が増えています。スマホで本人認証であれば審査に通ればすぐ取引できるようになります。

しかし「スマホで本人認証」はスマートフォンを持っていない人は利用できません。

海外FX会社の口座開設は早い!当日から取引できる

海外FX会社の口座開設はネット上から簡単に行うことができます。口座開設の時に資産や職業を選択する項目がありますが、資産がなくても無職でも審査に落ちることはほとんどないようです。

本人確認書類をスマホかパソコンを使ってアップロードすれば、ほとんどの海外FX会社で口座開設した当日~1日後程度で取引できます。

日本FXは追証が発生し借金を抱える可能性がある

FXではレートが急激に変動した際に強制ロスカットが発動せず、口座残高がマイナスになってしまうことがあります。

日本FXでは口座残高がマイナスになった場合、マイナス分のお金を入金しなければいけません。これを「追証(追加保証金)」と言い、追証が多くなりすぎて借金を抱えてしまう人もいます。

海外FXはゼロカット方式を採用し追証が発生しない

一方海外FX会社では「ゼロカット方式」を採用している会社がほとんどです。

ゼロカット方式とは口座残高がマイナスになっても、海外FX会社が口座残高をゼロにリセットしてくれる仕組みです。

そのため海外FXでは日本FXのように追証が発生することはなく、追証による借金を抱える心配がありません。

日本FXには海外FXほどのボーナス制度がない

日本FX会社にもボーナス制度を導入しているところはありますが、ボーナスを受け取るための条件のハードルが高いです。

例えばある日本FX会社では最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。しかし全てのキャッシュバックを受け取るまでには

  • スマホアプリにログイン
  • 10万円以上入金する
  • アンケートに回答する
  • 1億通貨以上取引する

などの条件がたくさんあります。そもそも資金が少ない人にとっては10万円いじょうの入金すら厳しいでしょう。

結局数千円のキャッシュバックしか受け取れないことになります。

海外FXは口座開設だけでボーナスを受け取れる

それに比べて海外FXでは、口座開設だけで口座開設ボーナスを受け取れるところがほとんどです。これは資金を入金しなくても受け取れて、ボーナスだけを使って取引を始めることも可能です。

高額ボーナスで人気の高いGemforexでは、口座開設するだけで20,000円の口座開設ボーナスがもらえます。

また話題の海外FX会社であるIS6Xでは通常5,000円の口座開設ボーナスを提供しています。しかし現在はキャンペーンで口座開設ボーナスが30,000円に増額中!

過去には50,000円もの口座開設ボーナスを提供したこともありました。

さらに海外FX会社には「入金ボーナス」というものもあり、入金額の100%や200%分のボーナスを受け取れることもあります。

このように海外FXでは高額なボーナス制度が充実していて、資金が少ない初心者の人から人気があります。

日本FXは初心者には不向き!海外FXを検討しよう

確かに日本FXは日本の金融庁の許可を得て運営していることもあり、海外FXよりも確実に安全性は高いでしょう。

しかし日本FXには口座残高がマイナスになった際の「追証」があり、いくら安全だとはいっても借金を抱えるリスクはあります。

海外FXには追証がないので、追証で借金を抱える心配はありません。なくなっても困らない余剰資金を使ってリスク管理しながら取引するのであれば、初心者には海外FXをおすすめします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました