画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXで重要な戻り高値と押し安値とは?トレンド転換を見極めるのに便利

海外FX知識

FXのチャートを見て「高値」「戻り高値」「安値」「押し安値」がパッと分かりますか?

戻り高値と押し安値は普通の高値・安値とは違い、最安値・最高値を作った起点となる高値・安値のことです。

戻り高値と押し安値がトレンドの発生や転換に関わっていることが多く、プロのトレーダーも戻り高値と押し安値を意識しています。

今回は海外FX初心者の人にも分かりやすく、戻り高値と押し安値について詳しく解説していきます。

ダウ理論について知ろう!

今回紹介する「戻り高値」と「押し安値」は、ダウ理論をベースとして考えられています。

ダウ理論とは、アメリカ合衆国のジャーナリスト・証券アナリストであるチャールズ・ダウ氏が提唱した、FX相場のトレンドを分析するための理論のことです。

多くのトレーダーがダウ理論取り入れた取引を行っています。

ダウ理論6つ目の法則が戻り安値・押し安値に関係している

理論には、以下の6つの基本原則があります。

  1. 価格 (平均株価)は全ての事象を織り込む
  2. レンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  4. 価格は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

基本原則の6つ目「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」が、戻り高値と押し安値に関係する部分です。

トレンド転換の明確なシグナルとして「押し安値の更新」「戻り高値の更新」があります。

ダウ理論では、上昇トレンド中に価格が押し安値を下に抜けたら目線が下に切り替わります。

また、下降トレンド中に価格が戻り高値を上にブレイクすると目線が上に切り替わります。

6つ目の法則の成立はローソク足実体を見るのがおすすめ

ダウ理論6つ目の法則では、価格が押し安値・戻り高値をブレイクすると目線が切り替わります。

ここで注意してほしいのが、6つ目の法則が成立する定義についてです。

人によって定義は異なりますが、押し安値・戻り高値をローソク足のヒゲではなく、ローソク足実体でしっかりブレイクしたことを確認出来たら目線が切り替わると判断することをおすすめします。

具体的な例は以下の通りです。

戻り高値に引ける水平線をローソク足実体でしっかりとブレイク後、上昇しています。

ひげ先で押し安値を更新する具体的な例は以下のような場面です。

押し安値に引ける水平線をひげ先で抜けた場合、結局下降トレンドに転じずレンジが続いています。その後ローソク足実体でブレイクしてから価格が下落していることが分かります。

戻り高値と押し安値とは?トレンド転換の重要サイン!

海外FX初心者の人が勉強を進めていくと「戻り高値」「押し安値」という言葉を聞くようになるでしょう。

戻り高値と押し安値は普通の高値・安値とは違い、トレンド発生の起点になったりトレンド転換のポイントとなる重要な部分です。

ここでは戻り高値と押し安値とは何か詳しく解説していきます。

戻り高値とは?普通の高値との違い

戻り高値とは、最安値を作った起点となる高値のことです。実際のチャート画面で確認してみましょう。

下の白い丸部分が現時点での最安値です。この安値を作った高値が青丸部分であり、戻り高値となります。

戻り高値にオレンジの水平ラインを引きました。戻り高値に引いたオレンジの水平ラインをローソク足がブレイクし、再度オレンジの水平ラインに価格が戻りピッタリ反応し価格が上昇しています。

このように戻り高値はトレンド転換の重要な部分であり、戻り高値に引いた水平ラインも機能しやすくなっています。

押し安値とは?普通の安値との違い

押し安値とは、最高値を作る起点となった安値のことです。実際のチャート画面で確認してみましょう。

上画像の白丸部分が再高値です。この最高値を作ったのが青丸部分の安値で、これが押し安値になります。

押し安値にオレンジの水平ラインを引いてみました。その後オレンジの水平ラインで一度価格が反応し、その後水平ラインをブレイクし三尊が完成して下落しています。

戻り高値と同じく、押し安値もトレンド転換の重要ポイントであることが分かります。

戻り高値と押し安値で見るトレンド転換・継続の定義とは?

戻り高値と押し安値で価格がどう反応するかによって、現在のトレンドが継続するのか転換するのかを確認できます。

ここでは戻り高値と押し安値を使って、トレンド転換とトレンド継続をどうように確認するのか、その定義について解説していきます。

トレンド継続の定義

まず戻り高値と押し安値で見るトレンド継続の定義について解説します。

上昇トレンドに関しては、最高値を作った押し安値が更新されるまで上昇トレンドが継続し買い目線が続くと考えます。

下図のような状況では、最高値を作った押し安値に引いた赤の水平ラインに注目します。

赤の水平ラインを価格がブレイクできず上昇していった場合、上昇トレンドが継続していくことを示唆しています。

下降トレンドの場合も同じように考えることができ、最安値を作った戻り高値に引いた水平ラインをブレイクできなかった場合、そのまま下降トレンドが継続することを示唆しています。

トレンド転換の定義

次に戻り高値と押し安値で見るトレンド転換の定義についてです。

上昇トレンドに関しては、最高値を作った押し安値を下にブレイクすると、上昇トレンドが終了し下降トレンドに転換することを示唆しています。

下降トレンドの場合も同じで、最安値を作った戻り高値に引いた水平ラインを上にブレイクしたら下降トレンドが終了し上昇トレンドに転換することを示唆しています。

戻り高値と押し安値は絶対!ではない

戻り高値と押し安値は確かに重要ですが、戻り高値を上にブレイクしたから・押し安値を下にブレイクしたからといって必ずトレンド転換するわけでないことを頭に入れておきましょう。

例えば以下のようなケースがあります。ユーロドルの4時間足で最安値を作った起点となる戻り高値をブレイクしました。

その後は戻り高値に引けるオレンジの水平ラインがサポートとなり、価格が横ばいに動いています。

そしてオレンジの水平ラインを下にブレイクし、下降トレンドとなっています。この部分を日足で確認してみましょう。

日足では綺麗な下降トレンドが発生していました。4時間足で見た部分は日足ではこれから下降していくポイントだったことが分かります。

このように戻り高値と押し安値のブレイクだけを見てトレンド転換を判断するのではなく、マルチタイムフレーム分析や移動平均線などのインジケーターを組み合わせて精度を高める必要があります。

重要ラインが分からないなら戻り高値と押し安値を見てみよう!

海外FX初心者の人は、どこが重要なポイントでどこに水平線を引けばいいか分からなくなってしまうでしょう。

そんな時は戻り高値と押し安値を探してラインを1本引いてみましょう。それだけで相場の転換ポイントが見えてくるかもしれません。

また過去のチャートで戻り高値と押し安値を探す練習をして、現在の相場でも分かるように訓練を重ねてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました