画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

ヘリウムマイニングの報酬について徹底調査!換金・現金化する方法も紹介

仮想通貨

今ヘリウムマイニングが無料でできると話題になっています。

ヘリウムマイニングでマイニング作業を行うと、その報酬としてヘリウムを受け取れます。

受け取ったヘリウムは海外の仮想通貨取引所を使って運用したり現金化することもできます。

今回はヘリウムマイニングの報酬と、報酬の使い道について詳しく解説していきます。

ヘリウムマイニングで受け取れる報酬について

ヘリウムマイニングをすると「設置主」「会社と投資家」「アフィリエイター(紹介報酬)」の3か所に分けて報酬が付与されます。

それぞれが獲得できる報酬の割合は以下の通りです。

  • 設置主に25%
  • 会社と投資家に35%
  • アフィリエイター(紹介報酬)に40%

例えば現在のヘリウム価格が約6,000円のときに1ヶ月でヘリウムを5枚マイニングできた場合の「設置主」「会社と投資家」「アフィリエイター」がそれぞれ受け取る報酬は以下のようになります。
枚数報酬
設置主1.25枚7,500円
会社と投資家1.75枚10,500円
アフィリエイター2枚12,000円

ヘリウムマイニングの報酬は現金ではなくヘリウムで受け取る

ヘリウムマイニングで受け取る報酬は現金ではなく仮想通貨ヘリウム(HNT)で受け取ります。

仮想通貨を普段扱っていない人からすると、ヘリウムを報酬として受け取ってもどうすればいいか分からないですよね。

しかし後で詳しく解説しますが、仮想通貨ヘリウムは現金化したり運用もできるので、仮想通貨を初めて扱う人もぜひヘリウムマイニングに参加しましょう!

仮想通貨に詳しくない人に向けて、以下の記事では仮想通貨ヘリウムの詳細と、ヘリウムマイニングとは何かまとめているので参考にしてくださいね。

またヘリウムマイニングにぜひ参加したい!という人のために、ヘリウムマイニングへの登録方法・やり方を、日本語で図解を付けて分かりやすく解説しています。

ヘリウムマイニング報酬4つの活用方法について

ヘリウムマイニングを行いヘリウムを報酬として受け取ったとして、そのヘリウムをどうするべきか分からない人もいるでしょう。

ここではヘリウムマイニングの報酬として受け取る仮想通貨ヘリウムの4つの活用方法について詳しく解説していきます。

1.報酬で受け取ったヘリウムを現金化する

ヘリウムマイニングの報酬として受け取ったヘリウムは現金化することもできます。

ヘリウムを現金化する流れは以下の通りです。

  1. iHub.Globalから報酬として受け取ったヘリウムを海外の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」に送金する
  2. バイナンスでヘリウムをビットコインなどに変換後、日本の仮想通貨取引所に送金する
  3. 日本の仮想通貨取引所から自分の銀行口座に送金する
  4. 銀行やATMからおろして現金化する

ヘリウムを売買取引や運用する予定がない人は、現金化する流れを覚えておきましょう。

2.仮想通貨取引所でヘリウムを運用する

ヘリウムマイニングの報酬として受け取ったヘリウムを現金化せずに運用することもできます。

しかし日本の仮想通貨取引所ではヘリウムを取り扱っていないので、ヘリウムを運用するなら海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。

ヘリウムの運用が可能で有名な仮想通貨取引所は「Binance(バイナンス)」です。

バイナンスの口座開設はコチラ

バイナンスでヘリウムを運用したいのであれば、まずバイナンスに登録して、iHub.Globalからヘリウムマイニングで報酬として受け取ったヘリウムをバイナンスに送金しましょう。

最初に紹介したヘリウムの現金化でもヘリウムの運用でも、仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」への登録は必須です。

バイナンスへの登録方法は後に記述します。

3.Heliumウォレットに入れて保管しておく

ヘリウムマイニングで受け取ったヘリウムは、iHub.Globalが提供しているHeliumウォレットに保管しておくことができます。

Heliumウォレットを利用するには、ヘリウムマイニング登録でログインしたマイページの上「iHub.Global」をクリックして「Commission Backoffice」をクリックします。

ログイン画面が表示されるので、ヘリウムマイニング時に登録したユーザーネームとパスワードを入力し「Login」をクリックします。

パスワードを忘れた場合は下の方に青字で書いてある「Forgot your password?」をクリックして、パスワードのリセット・再設定を行ってください。

ログインに成功出来たら、画面左側にある「Commissions」をクリックして「My eWallet」をクリックします。

「Helium Wallet Adress」という部分があるので、ヘリウムマイニングの報酬を受け取りたい仮想通貨取引所からヘリウムアドレスを発行し、貼り付けます。

下のチェックマークにチェックを入れて「SAVE CHANGE」を押して、登録を完了させてください。

4.デビットカードを使ってATMから引き出す

これはまだ実現していないことですが、今後iHub.Globalがデビットカードを作る予定があるようです。

もしデビットカードができれば、ヘリウムマイニングの報酬として受け取ったヘリウムを、デビットカードを使ってATMから引き出せるようになるかもしれません。

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の口座開設・登録方法

仮想通貨取引をするための取引所は、国内・海外に複数存在します。日本の仮想通貨取引所は認知度が高いため、特に問題なく口座開設できるでしょう。

しかし海外の仮想通貨取引所となると、優良な取引所を選ばなければ詐欺被害に合う可能性もゼロではないことを頭に入れておかなければなりません。

しかし、先ほども解説しましたが、ヘリウムマイニングの報酬として受け取ったヘリウムを現金化もしくは運用するには、ヘリウムを取り扱っている海外の仮想通貨取引所を使わなければなりません。

ヘリウムを取り扱っている海外の仮想通貨取引所の中でも、利用者が多く人気が高いのが「Binance(バイナンス)」です。

ここではバイナンスの口座開設・登録方法を詳しく解説していきます。

手順1:バイナンスの公式サイトにアクセスする

まずバイナンスの公式サイトにアクセスします。以下のリンクからバイナンスの口座開設フォームに移動できます。

バイナンスの口座開設フォームへ移動する

手順2:居住国を選び「承認」を押す

手順1で載せたリンクを押すと口座開設フォームへ直接移動し、居住地を選択するポップアップ画面へ移動します。

現在住んでいる国を選択したら「承認」をタップします。

手順3:メールアドレスなど情報を入力する

次に入力フォームが表示されるので、必要事項を入力します。

  1. メールで登録したいなら「メール」を電話番号で登録したいなら「モバイル」を選択する
  2. メールを選んだ人はメールアドレスをモバイルを選んだ人は電話番号を入力する
  3. 英大文字・英小文字・数字を全て組み合わせてパスワードを設定し入力する(例:Abcd123)
  4. バイナンスからのお知らせメールを受信したい人は「新着情報メールの登録」にチェックを入れる。メール受信したくない人は下の「バイナンスの利用規約を読み、同意しました」にのみチェックを入れる
  5. 間違いがないか確認したら「アカウント作成」をタップする

パスワードに関しては第三者に悪用されないように、複雑な組み合わせにしてください。

手順4:セキュリティ認証を行う

セキュリティ認証のポップアップ画面が表示されます。

黄色の矢印部分をマウスでクリックしたまま右に動かして、パズルを完成させてください。

手順5:メール認証を行う

セキュリティ認証が完了すると、登録したメールアドレス宛にバイナンスからメール認証コードが送信されるので、受信ボックスを確認しましょう。

メールを確認したらメール認証画面へ戻り、メールに記載されていた6桁のコードを入力します。

コードが正しければ以下の画面が表示されます。

これでバイナンスへの登録は完了です。

メール認証コードが届かない原因は?

メール認証コードが送信されてメールボックスを確認しても、メールが届かないことがあります。

メールが届かなかった場合、まずはメールの再送を行います。それでもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを確認します。

迷惑メールフォルダにも届いていない場合は、以下のURLを参考にホワイトリストを設定してみましょう。

バイナンスからのメールが届かない時の対処方法はコチラ

ちなみに過去にバイナンスに登録したことがあるメールアドレスで再度登録してしまった場合、メールが届かないようです。

海外FXマニア編集部でも過去に登録済のアドレスを使っていたようでメールが届かず、別のメールアドレスで再登録すると、無事メールが届きました!

ヘリウムマイニングへの参加は早い者勝ち!

ヘリウムマイニングに参加すると働かなくても稼げる可能性が高まりますが、ヘリウムマイニングへの参加は早い者勝ち!

ヘリウムマイニングが気になる人は以下の記事から登録して、ぜひヘリウムマイニングプロジェクトに参加してくださいね。

ヘリウムマイニングで今すぐ稼ぐ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました