画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXのECN口座の仕組みは?メリットデメリットとSTP方式との違いを解説

海外FX知識

各海外FX会社では「ECN方式」という発注方法を採用した口座タイプを準備していることがあります。

今回、ECN方式について仕組みや特徴について解説していきます。またおすすめ海外FX会社の中でECN方式を採用した口座タイプを取り扱っている会社も紹介します。

これから海外FX会社の口座開設を考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ECN方式とは?仕組みを解説

ノート パソコン, ノートブック, 構造, インターネット, ネットワーク

ECN方式とは「Electronic Communications Network(エレクトロニック・コミュニケーションズ・ネットワーク)」を略した言葉で、日本語では電子取引所取引といいます。

海外FXでは取引を行う際にディーラーを仲介しないNDD(ノー・ディーリング・デスク)方式が主流となっています。

さらにNDD方式は「ECN方式」と「STP方式」に分かれます。今回解説するECN方式とはNDD方式の一種となります。

ECN方式の仕組みについて

ECN方式の仕組みはトレーダーの注文が海外FXを経由せず、注文が大量に集まる場所であるインターバンクへ直接流されるというものです。

インターバンクへ流された注文は、別の投資家や金融機関が出している注文と自動的にマッチングされます。

マッチングはオークション形式が採用されていて、トレーダーと別の投資家の双方ができるだけ得するレートでマッチングされます。

ECN方式の約定力について

ECN方式では

  • 取引量が多い時間帯
  • 100万通貨などロット数が大きい注文

という場合の約定力が高くなっています。反対に取引量が少ない時間帯や小さなロット数での取引は約定力が落ちます。

ECN方式のメリット

ECN方式のメリットは以下の通りです。

  • トレーダーとインターバンクの間に海外FX会社を挟まないため透明性が高い
  • 板情報で価格を確認できる
  • STP方式より取引コストが安くなることがある

透明性の高さはECN方式最大のメリットだと言えるでしょう。

ECN方式のデメリット

ECN方式のデメリットは以下の通りです。

  • 取引コストの計算がやや複雑
  • かけれる最大レバレッジが低い
  • ECN方式の口座はボーナスを受け取れないことが多い

かけれる最大レバレッジが低いためハイレバレッジな取引がしたい人には不向きです。

STP方式とは?仕組みを解説

スパイウェア, サイバー, サイバー犯罪, セキュリティ, 技術

STP方式はECN方式とは違い、トレーダーが出した注文が一度海外FX会社を介し海外FX会社からインターバンクへと送られます。

ECN方式と違い間に海外FX会社を挟むため、透明性に欠けてしまいます。

STP方式の約定力について

STP方式では

  • 取引量が少ない時間帯
  • 10万通貨程度のロット数が小さい注文

という場合の約定力が高くなっています。反対に取引量が多い時間帯や大きなロット数での取引は約定力が落ちます。

STP方式のメリット

STP方式のメリットは以下の通りです。

【STP方式のメリット】

  • ボーナスを受け取れることが多い
  • かけれる最大レバレッジが高い
  • 表示されているスプレッドが手数料込みなので取引コストが見て分かる

STP方式はかけれる最大レバレッジが高いので、少額で大きな取引をしたい人におすすめです。

STP方式のデメリット

STP方式のデメリットは以下の通りです。

【STP方式のデメリット】

  • 海外FX会社を仲介するため透明性に不安が残る
  • ECN方式よりも取引コストが高くなることがある
  • 板情報を見ることができない

悪意のある海外FX会社を選んでしまうと、注文を不正に操作される可能性もあります。

ECN方式とSTP方式の違いについて

矢印, 成功, ネットワーク, ビジネス, 成長, 建物, 構造

ここではECN方式と同じくNDD方式はである「STP方式」との違いについて解説します。2つの方式の違いを表にまとめたのでご覧ください。

ECN方式STP方式
透明性高い低い
ボーナス受け取れない受け取れる
取引コストスプレッド+手数料と複雑だがSTP方式より安くなることが多いスプレッドに手数料も含まれているので分かりやすいがECN方式より高くなることが多い
最大レバレッジ低い高い
板情報確認できる確認できない
約定力取引量が多い時間帯や大きなロット数での取引において高い取引量が少ない時間帯や小さなロット数での取引において少ない

ECN方式とSTP方式どちらを選ぶべき?

ECN方式とSTP方式にはそれぞれメリットデメリットがあり、結局どちらを選ぶべきか分からなくなってしまうでしょう。

ECN方式がおすすめなのは以下のような人です。

  • 安全に取引したい
  • 板情報を確認しながら取引したい
  • 取引量が多い時間帯に取引したい
  • 大きなロット数で取引したい
  • 取引コストを抑えたい

STP方式がおすすめなのは以下のような人です。

  • 確実にボーナスを受け取りたい
  • 取引量が少ない時間帯に取引したい
  • 小ロットで取引したい

ECN方式に対応した海外FX会社を紹介

Výpočetní, Úřadě, Tabulkový, Klávesnice

ここではECN方式に対応した海外FX会社を紹介します。ECN方式で取引したいと考えている人は参考にしてください。

Gemforexのノースプレッド口座は手数料無料

Gemforexでは「ノースプレッド口座」がECN方式となっています。ノースプレッド口座の特徴は以下の通りです。

1ロットの大きさ100,000通貨
最小取引ロット数0.01ロット
最低入金額3,000ドル
最大レバレッジ1,000倍
入金ボーナス対象外
口座開設ボーナス対象外
最低スプレッド0pips
手数料(片道)無料

Gemforexのノースプレッド口座は取引手数料が無料なので、取引コストがほとんどかからないのが魅力的です。また最大レバレッジが高いのもポイント。

ただしGemforex最大の魅力であるボーナスを受け取れないことや、最低入金額が高いことから初心者向きとは言えません。

Gemforexの詳細はコチラ

XMTradingのZero口座は口座開設ボーナスを受け取れる

XMTradingでは「XMTrading Zero口座」がECN方式となっています。XMTrading Zero口座の特徴は以下の通りです。

1ロットの大きさ100,000通貨
最小取引ロット数0.01ロット
最低入金額100ドル
最大レバレッジ500倍
入金ボーナス対象外
口座開設ボーナス対象
最低スプレッド0pips
手数料(片道)100,000ドルの取引に対して5ドル

XMTradingのXMTrading Zero口座は最低スプレッドが0とかなり狭いですが、100,000ドルの取引に対して5ドルの手数料がかかります。

往復分の手数料を考慮しても、XMTradingの口座タイプの中では最も取引コストを抑えることができます。

XMの詳細はコチラ

Exnessには2つのECN口座がある

Exnessでは「ロースプレッド口座」と「ゼロ口座」の2つがECN方式となっています。ロースプレッド口座とゼロ口座の特徴は以下の通りです。

 ロースプレッド口座ゼロ口座
1ロットの大きさ100,000通貨100,000通貨
最小取引ロット数0.01ロット0.01ロット
最低入金額1,000ドル1,000ドル
最大レバレッジ無制限無制限
ボーナスExnessにはボーナスなしExnessにはボーナスなし
最低スプレッド0pips0pips
手数料(片道)1ロット3.5ドルで固定1ロット3.5ドルから

ロースプレッド口座とゼロ口座の違いは「スプレッド」と「手数料」です。

ゼロ口座では、1日の95%の取引時間帯でメジャーな通貨ペア30銘柄のスプレッドが0pipsとなっています。

一方ロースプレッド口座は最低スプレッドは0.0pipsですが、ゼロ口座よりもスプレッドが変動し0.0pipsでない時間帯や通貨ペアがあります。

次に手数料に関してです。ゼロ口座では、往復1ロット7ドルから手数料が発生します。手数料は固定ではないので、通貨ペアによっては手数料が高くなることがあります。

それに対してロースプレッド口座では、手数料が往復1ロット7ドルで固定されています。

Exnessの詳細はコチラ

Tradeview Forexは安い手数料が魅力

Tradeview Forexでは「MT4 ILC口座」と「MT5 ILC口座」の2つがECN方式となっています。ロースプレッド口座とゼロ口座の特徴は以下の通りです。

 MT4 ILC口座MT5 ILC口座
1ロットの大きさ100,000通貨100,000通貨
最小取引ロット数0.01ロット0.1ロット
最低入金額1,000ドル1,000ドル
最大レバレッジ200倍200倍
ボーナスTradeview ForexにはボーナスなしTradeview Forexにはボーナスなし
最低スプレッド0.2pips0.2pips
手数料(片道)1ロット2.5ドル1ロット2.5ドル

MT4 ILC口座とMT5 ILC口座の違いは最小取引ロット数です。MT4 ILC口座の最小取引ロット数は0.01ロットで、MT5 ILC口座の最小取引ロット数は0.1ロットとなっています。

Tradeview Forexの詳細はコチラ

bigbossのECN口座ならボーナスを受け取れる

bigbossでは「プロスプレッド口座」がECN方式となっています。プロプレッド口座の特徴は以下の通りです。

1ロットの大きさ100,000通貨
最小取引ロット数0.01ロット
最低入金額なし
最大レバレッジ555倍
入金ボーナス対象
取引毎ボーナス対象
最低スプレッド0.4pips
手数料(片道)1ロット4.5ドル

ECN方式を採用した口座のほとんどがボーナス対象外です。しかしbigbossのプロスプレッド口座であれば、入金ボーナスも取引ボーナスも対象です。

bigbossの詳細はコチラ

LAND-FXのECN口座はスタンダード

LAND-FXには「ECN口座」があります。ECN口座の特徴は以下の通りです。

1ロットの大きさ100,000通貨
最小取引ロット数0.01ロット
最低入金額2,000ドル
最大レバレッジ200倍
入金ボーナス対象外
リカバリーボーナス対象外
最低スプレッド0.0pips
手数料(片道)1ロット3.5ドル

LAND-FXのECN口座はスプレッドは狭いものの、他の口座と比べて優れた点は特にありません。

LAND-FXの詳細はコチラ

安全性を意識した取引ならECN口座を選ぼう!

学ぶ, 学校, 学生, プログラミング, プログラマ, コード, Html

安全性・透明性を重視して取引したい人にECN方式を採用した口座はおすすめです。ECN口座は取引手数料がかかり、基本的にボーナスも対象外です。

しかし海外FX会社によっては手数料が無料のところがあったり、ボーナスに対応しているECN口座もあります。

総合的に比較して自分の取引スタイルに合ったECN口座を選びましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました