画像2
sxd図1
222図1
1465393-1
previous arrow
next arrow

海外FXでボーナスのみを使い利益・損失が出た際の確定申告や税金について

海外FX税金・確定申告

海外FXでは「口座開設ボーナス」や「入金ボーナス」などのボーナス制度を実施している会社があります。

ボーナスは証拠金として取引に使えるため、ボーナスも課税の対象になるのでは?と思いますよね。

海外FXで受け取るボーナスは、受け取り方によって課税の対象となるものと課税の対象とならないものがあります。

今回は海外FXでボーナスのみを使い、利益・損失が出た際の確定申告や税金について詳しく解説します。

日本FXは高額なキャッシュバックがあるが初心者には不向き

日本FXでは口座開設と一定の取引をすることで、高額なキャッシュバックを実施している会社が多いです。

人気の日本FX会社のキャッシュバックと受け取るための条件を紹介します。

最大キャッシュバック金額受取条件
SBIFXトレード55,000円
  • 5万通貨以上の新規取引
  • 200万~5,000万通貨の取引高
セントラル短資FX505,000円
  • 5万通貨以上の新規取引
  • 50万〜50,000万通貨
ヒロセ通商54,000円
  • 専用フォームからの申し込みと1万通貨以上の新規取引
  • 1万円以上の入金
  • ポンド円を15万〜1200万通貨の新規取引
  • 対象期間最終日に1万円以上の有効証拠金がある
DMM FX204,000円
  • 1ロット以上の新規取引
  • 1,000~40,000ロットの規取引
みんなのFX53,000円
  • 初回入金10万円以上と5万通貨以上の新規取引
  • 30〜5,000ロットの新規取引

日本FXのキャッシュバック金額は50,000円程度のところが多いですが、中には数十万円のキャッシュバックを実施しているところがあります。

しかしキャッシュバックを全額受け取るためには、初心者にとってはハードルが高すぎて結局受け取れないことがほとんどでしょう。

海外FXは初心者でも受け取れるボーナス制度が充実している

一方で海外FXでは口座開設だけで受け取れる「口座開設ボーナス」や入金すると入金額の何%かの金額がもらえる「入金ボーナス」があります。

特に口座開設ボーナスは受け取るためのハードルはとても低いので、資金や経験が少ない人でも問題なく受け取れます。

当サイトがおすすめする海外FX会社8社のうち、口座開設ボーナスを提供している4社のボーナス金額と、受け取るための条件は以下の通りです。

会社名口座開設ボーナス受取条件詳細

XM Trading

3,000円口座開設のみで入金不要詳細はコチラ
Gemforex

10,000~20,000円口座開設のみで入金不要詳細はコチラ
IS6FX

5,000円~50,000円口座開設のみで入金不要詳細はコチラ
bigboss

5,000~10,000円(不定期)口座開設のみで入金不要詳細はコチラ

受け取ったボーナスは証拠金として使えます。

海外FXのボーナスは税金が発生する?

海外FXで受け取ったボーナスは海外FX会社によっては数万円になりますが、税金の対象になったらどうしようと不安に感じる人もいるでしょう。

ここでは海外FXで受け取ったボーナスで税金が発生するかどうか詳しく解説していきます。

現金で受け取るキャッシュバックタイプのボーナスは税金の対象

海外FXで受け取るボーナスには

  1. 現金ではなく証拠金としてだけ使えるボーナス
  2. 現金で受け取るキャッシュバックボーナス

の2種類があります。

このうち、登録した銀行口座に現金が入金されるキャッシュバックなど、現金で受け取るボーナスは税金の対象となります。

しかし現金で受け取るボーナスは「利益」ではなく「一時所得」であり、FX取引で得た利益とは別に確定申告を行います。

一時所得とは?一時所得や税額の計算方法も解説

一時所得とは以下のように定められたものです。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
この所得には、次のようなものがあります。

  1. 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
  2. 競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)
  3. 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
  4. 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものを除きます。)
  5. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

引用元:国税庁HP

また一時所得の計算は以下のような計算式で算出できます。

総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)

特別控除額が50万円なので、総収入金額が50万円以下の場合は課税の対象にはなりません。

現金で受け取らないボーナスは税金の対象にならない

最初に紹介した「口座開設ボーナス」や、入金額の何%かのボーナスがもらえる「入金ボーナス」は、現金として受け取るのではなく海外FX会社の口座の中に入る架空のお金です。

現金ではなく取引に使う証拠金としてのみ使えるものなので、税金の対象とはなりません。

ほとんどの海外FX会社でボーナス分は出金できませんが、仮にボーナスを現金に換金した場合は「一時所得」となり、税金の対象となります。

ボーナスのみを使った取引で利益が出たら税金の対象になる

自分でお金を一切入金せずに、受け取った口座開設ボーナスだけで取引を行い利益を出す人もいるでしょう。

その場合、ボーナスを使って得た利益は一時所得ではなく「雑所得」となり税金の対象となります。

海外FXで得た利益に対する所得税には「総合課税」という課税方式が適用されます。

総合課税の税率は以下の通りです。

取引で貯めたポイントの現金換金やコンテストの賞金なども税金の対象

海外FX会社によっては取引する度にポイントが貯まるところもあります。

例えば業界最大手の大人気海外FX会社のXMTradingでは、取引するたびに「ロイヤルティポイント」が貯まっていきます。

このロイヤルティポイントは、取引に使えるボーナスもしくは現金に換金できます。

証拠金として使えるボーナスとして換金するなら税金の対象になりませんが、現金に換金した場合は税金の対象となります。

またトレードコンテストなどで得た賞金も税金の対象となります。

海外FXでボーナスを悪用するとペナルティを受ける

海外FX会社は自分たちのコストを費やして口座開設ボーナスや入金ボーナスを提供しています。

そのためボーナスを悪用するような行為をしたトレーダーに対しては以下のようなペナルティが課せられます。

  • 出金拒否
  • 口座凍結
  • 口座の強制解約

ボーナスを受け取って取引するのであれば、ペナルティになるような行為は行わないようにしてくださいね。

ボーナスを使って節税する方法について

ここでは口座開設ボーナスと入金ボーナスを使って節税する方法について詳しく解説していきます。

ボーナスは自己資金と併用して損失額を計上する

口座開設ボーナスは現金ではなく証拠金として海外FX会社の口座に入金されるので、税金の対象とはなりません。

しかし口座開設ボーナスを使って取引を行い利益を出した場合、利益分は雑所得となり税金の対象です。

反対に口座開設ボーナスで取引を行い損失が出てしまっても、損失額は計上できません。

しかし自己資金を入金して、口座開設ボーナスと自己資金を併用して取引を行うと損失額を計上できるようになります。

入金ボーナスは自己資金を入金すると受け取れるボーナスです。

入金ボーナスで取引を行い損失が出た場合も、入金ボーナスと自己資金の金額を合わせて損失計上が可能です。

海外FXのボーナスは税金のことも考えて受け取ろう

海外FXで受け取れるボーナスは税金の対象となるものとならないものが存在します。

受け取るボーナスが税金の対象となるかどうかをしっかりと理解してからボーナスを受け取るようにしてくださいね。

またボーナスを使うのであれば節税できるように考えて利用することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました